映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル

2011-12-25 | 映画 ま行
席に着いたとき、一抹の不安がよぎりました。
隣に座った老夫婦。
座る前から「何処行ってんの?!私についてきなさいよ」と奥さんの厳しい一言のあとも
小言やら何やらしゃべりっぱなし。
予告編の途中で寝ていた旦那さんに「これからなのに、なに寝てんのー?!」と起こす。
映画の途中で解説するわ、何故か危機一髪で助かるシーンでは大声で笑うんです・・・。
それも「ギャハハハ・・・」って?!そこは笑うとこちゃうやろ~



1作目は面白かった~。
2作目はう~ん。
そして3作目は・・・見ませんでした。
そんな私が今回見ようと思ったのは予告編で何度も見たドバイの超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」のシーン。
あれだけで、今回は絶対見るー!と鼻息荒く行ってきました。
いやぁ~最後の駐車場のシーンもスゴイ!


   *************************

        ミッション・インポッシブル
                       ゴースト・プロトコル

    ************************


 < ストーリー >
ロシアの刑務所を仲間の手引きで脱獄した米国極秘諜報組織IMFのエージェントイーサン・ハント。
クレムリン潜入中、爆破事件が発生しハント率いるチームが事件の容疑者にされてしまう。
汚名を着せられたハントたちは、米政府の後ろ盾もえられないままクレムリン爆破の犯人をつきとめ、
核弾頭によるテロを阻止しようと、ロシアからドバイ、インドへとわたる。
果たしてテロを止め、容疑を晴らすことができるのか?

        手に汗握るわぁ~。



冒頭から、これでもかこれでもかのド派手なアクションの連続! 
途中、どうなってんの? 何で体が宙に浮いてんの~?なシーンもありましたが、
最後までハラハラドキドキ、手に汗握りまくりで、肩こりました 

ハンガリーに始まり、ロシア→ドバイ→インドへ。
今回の戦う黒幕には、なんと!「ミレニアム:ドラゴンタトゥーの女」や「歓びを歌にのせて」のスウェーデン俳優ミカエル・ニクヴィストやないの~。
そしてインドのシーンで出てくるスケベおやじは「スラムドッグ$ミリオネア」で「クイズ・ミリオネア」の司会をやっていたアニル・カブールじゃないですか!
舞台も役者も、なんだかとってもインターナショナル!
だけど・・・このミカエル演じるテロリスト?の主張がよくわからない。核爆弾、落としたら終わりでしょ?
その上でロシアVSアメリカって・・・ちょっと時代遅れじゃない?



3作目を見ていないので、サイモン・ペグが出ていたなんて知りませんでした。
ハッカーで色んな道具の調達係、彼の存在が緊張感の中に笑いを誘ってイイ感じ~。
特殊粘着グローブやスキャナーになるコンタクトレンズ欲し~い

そして、なんといってもブルジュ・ハリファ@ドバイでのアクションシーン。
期待に違わず見せるなぁ~。
世界一高いビルだからのドバイ。じゃぁ次回は世界一高い電波塔スカイツリーでアクションってどう?
CGでどんな映像だって作れる今だからこそ、スタントを使わず自分でやることに意味があるんでしょうが、
もう49歳! アラフィフ希望のですわ。
でも、あの砂嵐の中、窓ガラスが割れちゃったホテルの部屋は一体・・・?こういうことは考えちゃあいかんのね。
 

最後のサンフランシスコでのシーンや、新規参入の「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナーとの絡みが、3作目を見ていないと?わからなかったので、
いまからご覧になるなら3作目を見ておかれた方がよいでしょう。

紅一点カーター捜査官役のポーラ・パットンも爽やかなお色気にアクションもバッチリです


映画やTVドラマの音楽のイメージって、凄いですね~。
ターー~ン、タラタラタン、っていうあの音楽が始まると・・・もうそれだけでワクワク。
子供の頃テレビで見ていたころから刷り込まれているので筋金入りです。



取りあえず、私の年末の「ミッション」は2年越しのお片付け。
今年もインポッシブル?!になりそう・・・なので、あのテーマ曲をかけたらサクサク頑張れるかも?
今年こそ「ミッション 完了!」っと晴れやかに叫びたいなぁ~!


     
         横浜ブルク13の壁に巨大なポスターが。 





にほんブログ村 映画ブログへ





 ***** 見た 映画 *****

 12月21日 「ミッション・インポッシブル ゴースト プロトコル」 @横浜ブルク13

        「フリューゲルの動く絵」 @横浜ジャック&ベティ
コメント (3)   トラックバック (36)