映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アフタースクール

2009-02-14 | 映画 あ行
公開時、面白いという評判ながら見逃してしまい、DVDにてやっと鑑賞。

主演のお三人、佐々木蔵乃介さん、大泉洋さん、堺正人さん。
三人とも好きな俳優さんです。

     

何を隠そう、特に大泉洋さんのファンなんです。
TVドラマはあまり見ないのですが、「ハケンの品格」みてました。


*******************

      ア フ タ ー ス ク ー ル

*******************



 < ストーリー >

母校で教鞭をとる中学教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生島崎だと名乗る
探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。
同じく同級生で今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた。
いつの間にか木村探しに巻き込まれ行動を共にするうちに、神野の知らない木村の姿が明らかになり
誰もが予想もしない方向に事態は展開していく。


しか~し、この映画なんだか騙された・・・感が拭えません。

だって~・・・最後のネタ晴らしを見て「えっ?!」
今までの思わせ振りなシーンに台詞、人間関係など、
佐々木蔵乃介さん演じる探偵島崎と共に、観客も同時に騙されてたってことじゃないの?!
最初から「さあ、騙すよ~」って仕掛けがはり巡らされていて、
ここまでやられると「いやぁ~、やられた、やられた~」っていうより
「これって反則じゃない?!」という気持ちの方が残ってしまったのは私だけ???

「だって、あのシチュエーションじゃあそう思うよね~」とか、
「えぇ~、あの人ってそういう役どころだったの?!」って人がた~っくさん。

        
「甘く見てると ダマされちゃいますよ」のコピーが!
甘く見てたわけじゃないけど・・・、完全に騙されました  

見終わって、振り返ってみると・・・、
そういやぁ「別にそんな情報与えてないでしょ。そっちが勝手に勘違いしたんだよ」
って、ニヤッと笑われている感じ

そうか!先にこのコピーを見て「騙されないぞー」スタンスで警戒しながら見てれば
謎解きで楽しめたかも?

てっきりファンタジーだと思って「パンズ・ラビリンス」を見に行った子供、
恋愛映画だと思って「レボルーショナリーロード」を見たカップル状態だったのね。

まぁ、騙しっぷりに敬意を表して、実生活では「オレオレ」とかに騙されないように気をつけよ~っと


にほんブログ村 映画ブログへ

コメント (4)   トラックバック (14)