のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

沖縄で有志が東京MX番組「ニュース女子」に抗議 / 「基地押し付け、デマまで流すのか」

2017年01月28日 17時29分55秒 | 福島事情

転載元:琉球新報 ‏@ryukyushimpo さんのツイート(〔資料〕参照)〔11:03 - 2017年1月28日

西岡研介 @birikskさんが

こんなツイート。

――【チーム殉愛⑲】つまりあのクソ番組は我がのためには平気で嘘をつき、事実を捻じ曲げ、他者を貶める「チーム殉愛」が作っているわけです。そんな番組、マトモなわけがおまへんがなというお話でした。
「沖縄ヘイト」MX幹部「チェック甘かった」(〔資料-2〕参照)〔10:26 - 2017年1月28日 〕―—

連ツイは、

togetterにまとめられています。

☆ 記事URL:https://togetter.com/li/1075177

DHCシアターとチーム殉愛との関係について、

はしまだまなぶさん@mfanshさんが

こんなツイート。

――件の「ニュース女子」を見ていないけれど、バックがうさんくさいというのは当たり前。いまだに嘘をついたままの殉愛騒動関係者とかぶっているから。『殉愛』の内容はいまだに真実だと思っていますかと問うても彼らは答えないだろうね。〔0:28 - 2017年1月11日 〕—―









なるほど、

バックに安倍晋三の盟友にして、ほら吹き男、

百田尚樹ありってことだな


そりゃ、

まともな番組ができるわけないわ。


〔資料〕

「「基地押し付け、デマまで流すのか」 東京MX「ニュース女子」に沖縄で有志が抗議」

   琉球新報(2017年1月28日 10:35 )

☆ 記事URL:http://ryukyushimpo.jp/news/entry-434942.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

 東京メトロポリタンテレビジョン(東京MX)の「ニュース女子」の内容に抗議する「のりこえねっと」の会見は、インターネットでつないだ沖縄会場も設けられ、東京会場と双方向で進行した。沖縄会場となった県庁の県政記者クラブには「ヘイト放送に抗議する沖縄有志一同」の代表として作家の目取真俊さん、弁護士の池宮城紀夫さん、平和市民連絡会の岡本由希子さん、一般市民の安慶名奈々さんの4人が参加した。「絶対に許してはいけない」と強い抗議の意志を示した。
 基地建設への抗議行動に連日参加していた目取真さんは「これまで一銭ももらったことはない」と放送内容を否定。「ただでさえ沖縄に基地を押し付け、迷惑を掛けておきながら、悪質な差別意識に満ちあふれたデマまで流すのか。県民として許せない」と、現場を取材せずに一方的な中傷を流した放送局の姿勢を糾弾した。

 反対運動をおとしめる人々の心理について「裏を返せば、心の底に沖縄に基地を押し付けて負担を強いていることに対する後ろめたさを解消したいのだと思う」と分析した。「振興費をもらい、基地があるが故に得をしていると思い込むのも、同じような心理構図だ。沖縄への負担強要から目をそらすのではなく、ちゃんと目を向けてほしい」と訴えた。

 抗議行動に参加する安慶名さんは「番組内で軍事ジャーナリストが『沖縄の人たちは米軍基地に反対している人はいない』と言い切った。残酷で許せない一言だ」と抗議する仲間の気持ちを代弁した。


〔資料-2〕

「「沖縄ヘイト」批判、MX幹部「チェック甘かった」」

   朝日新聞/田玉恵美記者(2017年1月27日23時14分)

☆ 記事URL:http://www.asahi.com/articles/ASK1V5T0ZK1VUTIL04J.html

 沖縄の米軍基地反対運動を取り上げた東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の番組が、波紋を広げている。人種差別的な発言や歪曲(わいきょく)があったとする批判に対し、制作会社が問題はないとの見解を公表。一方で、番組の内容を問題視して放送を取りやめた地方局もある。MXテレビ幹部は、チェックが不十分だったと認めた。
 沖縄の米軍基地反対運動を取り上げた東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の番組が、波紋を広げている。人種差別的な発言や歪曲(わいきょく)があったとする批判に対し、制作会社が問題はないとの見解を公表。一方で、番組の内容を問題視して放送を取りやめた地方局もある。MXテレビ幹部は、チェックが不十分だったと認めた。
MXテレビに「沖縄ヘイト」批判 米軍への抗議活動巡り
 問題になっている番組「ニュース女子」を制作したのは化粧品大手ディーエイチシーの子会社「DHCシアター」。同社は20日、サイト上で浜田麻記子社長と番組チーフプロデューサー名義の見解を公表した。
 基地に反対する人たちへの取材をしていないと批判されていることについては「犯罪や不法行為を行っている集団を内包し、容認している基地反対派の言い分を聞く必要はないと考えます」などと説明している。
 また、番組内の「韓国人がなぜ反対運動に参加するのか」という発言が人種差別に基づく「ヘイト発言」だと指摘されていることには「外国人の政治活動の自由は全てが保障されているわけではなく例外があります。その上で問題提起していることは、人種差別、ヘイトスピーチに該当するとは考えておりません」。さらには「一方的に『デマ』『ヘイト』と断定することは、メディアの言論活動を封殺する、ある種の言論弾圧であると考えます」と反発した。
 番組内で「反対派の黒幕」「親北派」として名前を挙げられた人権団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シンスゴ)さんは27日、会見を開き、同日付で放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会に人権侵害の申し立てをしたことを明らかにした。BPOでは、放送人権委とは別の放送倫理検証委員会も、MXテレビに対し報告を求めている。
 辛さんは「大変むごい番組。笑…
コメント   この記事についてブログを書く
« やるせない! 共感の輪を求... | トップ | 木村草太・首都大学東京法学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

福島事情」カテゴリの最新記事