のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

新潟知事選、もし選挙に不正が無かったら、このグラフは何だろう

2018年06月14日 12時12分48秒 | 選挙
サイト「先住民族末裔の反乱」に

新潟知事選の

「新潟県知事選、お前もか!露骨な不正選挙は繰り返される」

というタイトルの記事

(その1)として

各候補の選挙区ごとに得票数が書き出されている。

☆ 記事URL:https://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/29453136.html


(その2)として

投票者数と有権者数との比較をグラフ化している。

☆ 記事URL:https://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/29453138.html


下図がそれだ。



各区割りごとに同じ投票行動がなされることが

確認できる。

しかし、その結果は、統計学上有り得ない。

サルが

確率的にはありえても、

統計学的に考えてベートベン作曲の「運命」を

演奏できないのと同じだ。



期日前の分も同様にグラフ化してある。

同様のことが確認できる。

しかし、統計学上有り得ない。

では、

本当にあり得ないかどうかは、

投票用紙の

数え直しによって確認できるはずだ。

しかし、それは

許されないとされる。

だから証拠を見せろと「不正選挙」否定派が言いたがる。

数え直しが

出来ない以上、証拠があるとは言えない。

しかし、ないとも断言できない。

単に数え直しが

制度上、正当化されないので確認しようがないだけの話だからだ。

思うに、

今、はっきり数え直しをして確認して

不正の有無を

確定しておかないともっと大変なことになる。

ソフトが開発され、

上のような不都合を残さないことも

可能になったら、

確認のしようがなくなるからだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« G7に安倍の居場所はなかった | トップ | BBCニュース<動画>命知らず... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
透けて見える不正選挙と票改竄の思惑1 (ととと)
2018-06-15 09:26:36
これを見ておくんなまし___

1>【衆議院選挙疑惑】不正選挙確定か!?野田・千葉4区とどめの衝撃グラフ!野田前首相の得票率は驚きの93.7%! http://saisai25.blog.fc2.com/blog-entry-2.html
2>☆☆☆ 開票結果に見る 2013.7.21参院選挙の不正 ☆☆☆
http://www.fuyuu.com/home5/fuseisenkyotsikyuyurumeruna.html
1、生活、みどり、社民~選挙区で落選。選挙区票に比べて比例票が激減。
・山形 舟山 康江(ど・社)選挙区 252,040  - 比例区19,920 = 232,120減
・新潟 森  裕子(生活) 選挙区 165,308  - 比例区45,182 = 120,126減
・島根 亀井亜紀子(ど・社)選挙区 115,043 - 比例区11,108 = 103,935減
・青森 平山 幸司(生社ど)選挙区 76,432  - 比例区23,167 =  53,265減
~上記候補者を支持する有権者の比例票が、他の政党のものとしてカウントもしくは廃棄された。舟山氏の比例票は典型的な例である。選挙区票も疑わざるを得ない。とてもじゃないが信頼しろと言う方が無理である。
3>【1214不正選挙】船橋開票所 ○井「まずいっす。」http://sayuflatmound.com/?p=6555
~「開票作業は見せないけど、不正選挙はありませんよ!」「でも、見られたらまずいっす。」
_____________________________
上から順に見ていくと__
1>2012衆院選・千葉4区:自爆解散をした野田元総理への批判が高まり、船橋で野田佳彦落選運動が起こった。候補である野田自身は官邸に引きこもったままで妻が駆けずり回り、違法とも思える街頭VTRを流した。開票作業の深夜、野田候補の票が大量に加算され、民主党の候補が苦戦を強いられる中で今までにないほどの大量得票でトップ当選となった。

シロアリ退治の反故__国民への裏切り・自爆解散__有権者の落選運動__深夜の大量加算__トップ当選!__どこから見てもあからさまなインチキだろ! つまり、「国民を裏切って原発とTPP推進に舵を切り、原発・消費増税・TPPに反対する議員の生首を切った!」、そのご褒美に、たくさんの票を付け替えてトップ当選させてもらった」ということ。野田ブタと言われる所以がここにある。(ブタ・ごめん!)

2>2013参院選・山形・新潟・島根・青森:開票結果から明らかなように、「生活・みどり・社民」の3党をターゲットとした開票不正が行われたことがわかる。3党は、国民生活を重視し、原発・消費増税・TPPに反対し続けている政党である。このような票の改竄・不正には、選管職員・ムサシ関係者・立会人が絡んでいると想像できる。そんなインチキが続いているのが、千葉4区である。

3>2014衆院選・千葉4区:選管職員と警察が共謀し、「開票作業は見せない」「まずい」とのこと。でも「不正選挙なんてありませんよ」と言う。まさに、問わず語りに開票不正・票の改竄を自白している。

透けて見える不正選挙と票改竄の思惑2 (ととと)
2018-06-15 09:30:17
リンク:http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/323.html

それはそれとして、選管・ムサシ・立会人・警察が組んで改竄を繰り返してきた衆院選・千葉4区の「ダマスゴミ発表の選挙結果」を時系列で並べてみると、色々なことがわかる。最下段、共産党の議席数にも着目!

〇候補者・得票_2009_____2012____2014_____2017___
野田佳彦・民主◎162,153(53.6%)◎163,334(57.3)◎119,193(51.7)◎131,024(59.6)
藤田幹雄・自民_85,425(28.3)__72,187(25,3)
木村哲也・自民___________________67,600(29.3)_〇61,804(28.1)
三宅雪子・未来__________28,187(9.9%)_________(↓深津俊郎・共産)
斉藤和子・共産_23,050(7.6)__21,459(7.5)__〇24,275(10.5)__14,955(6.8)
*議席数:共産__9(比例9)___8(比例8)__21(比例20)__12(比例11)
*記号の意味:◎=選挙区で当選、〇=比例で復活当選

① 野田ブタ(ブタ・ゴメン!)の得票推移をみると、2012年をピークに2014年は44,141もの票を減らしている。その理由を選挙区で演説しない野田ブタに求めるのではなく、「票を改竄してきた集団が何を考えていたのか?」が気になるところである。また次の選挙では票が増えていることから、「もっと利権集団のために働け!」という脅しだったかも? 遡る2009年の16万票も「改竄された結果だった」と見るのが当然だろう。昨年の選挙後、どこの党もトロイの野田ブタを相手にしてくれなかったのは、当然のことであった。

② 2012年の共産党票21,459(7.5)は、2009年より少ない。この野田ブタ自爆解散選挙は、民主党が批判された選挙でもあり、共産党の票はもっと増えるはずだ。そして議席数も増えるどころか1減となっているのは、余りにも辻褄が合わず、間違えた改竄結果と見るべきである。まさか、共産党支持者が自民党支持者に変節? ナベツネみたいに? あり得ない!

③ そして2014年の共産党議席は、8から21へと大躍進を遂げている。斉藤票も少しは伸びているものの、共産党だけが大躍進を遂げるような大活躍があったという記憶はない。つまり、「票を操る側が共産党を抱き込もうとして多くの比例票を配分し、議席を与えた」と言うことだろう。

④ そうかと思えば2017選挙では、21から12議席へと激減している。共産党は、比例票でほとんどの議席を獲得してきた経緯がある。たとえ選挙区での候補を取り下げ、野党統一候補で闘う戦略に変えたとしても、鉄壁の共産党の組織票の変動は少ない。これは、「議席を与えて抱き込もうとしたが言うことを聞かず、小沢一郎の戦略に本気で乗ろうとしている。だからお仕置きだ!」との意図が透けて見える。

そんなこんなのインチキ選挙であるが、再開票を行えばホントの投票結果が見えるはずだ。そこかしこに、「不正選挙はない、証拠を示せ、妄想だ、ナイナイナーイ!」と言っている方々がたくさん(ホントは少し?)おられるようだ。仮に「不正がなーい!」と確信をもって言い張るのなら、是非とも再開票を求める運動に御賛同ください! 異議ある?

>野党共闘と不正選挙 (self.tikagenron)
https://www.reddit.com/r/tikagenron/comments/750w65/
_つまり野党共闘には二種類あった。小沢の「不正選挙のもとでも勝つ野党共闘」と、民進の「負けるための野党共闘」だ。勝てる状況が揃いつつあるのに野党共闘を捨てるのが小沢の仕業であるはずがない。負けることができる状況でなくなると55年体制のような状況を求めるのが民進党。これは前原に限った話ではないのだろう。つまり「小沢アレルギー」とは「自公に勝つ気があるかどうか」「政権を担う気があるかどうか」もっと言うなら「『業者』の書く筋書きから外れる気があるかどうか」「政治主導で『業者』と戦う気があるかどうか」というパラメータだ。


コメントを投稿

選挙」カテゴリの最新記事