のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

「HIP HOP」のダンサーとしての資質

2010年10月29日 20時14分37秒 | Weblog
「HIP HOP」の適正って、幼児向き?

下の動画の再生回数、僕が アップした時点で31,911,674回です。

動画を投稿した人も、ここまでのアクセス数の伸びには驚いているでしょうね。

体の柔軟性で、成人は、幼児に明らかに負けています。

Baby break dance



そこで、抵抗するとなったら、この路線?

Beyonce Clown


おお、痛そう!


で、一句。

「泣く子と地頭には勝てん」の諺を崩して、

「地に頭、ヒップホップ  に子が笑う」

と、アレンジです。

「HIP HOP」との距離が遠のきました。同感の人、ポチっとお願いします。
blogram投票ボタン





コメント (2)   この記事についてブログを書く
«  映画「The Band's Visit」主... | トップ | これが「アメリカに行こう」... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (にっこ)
2010-10-30 00:18:28
まだオムツが外れてない子供さんのように見えますが、素晴らしい動きですね。

片手で自分の体重を支えてる技なんか素晴らしいです。

頭や腕が異常に柔らかく、
骨が折れないのかなと心配になりましたが、
楽しそうに踊る姿に圧倒されました。 
☆にっこさんへ (忠太)
2010-10-30 00:36:33
大人なら、骨折という事態を避けられないように見えますね。バレリーナとか、柔軟性を要求される技術は、幼いときから叩きこんで行かなければダメだ、というのもそれなりに合理性のある考え方だ、というのが分かります。骨の動きが年齢とともに固まっていくのでしょうね。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事