のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

ひとりひとりが自分であることができるって、地を出すこと? ならば、三宅君は、申し分ないことをした

2016年07月18日 13時32分29秒 | 社会運動
金字塔 ポンポコ商事 CEO @kinjitou2000さんのツイート。

-—安倍総理の妻=悪
昭恵夫人と対話=裏切り者
それこそ「安倍政治」的発想。〔13:05 - 2016年7月18日 〕——

大前提、小前提、結論

という形になっている図式で

整理することが

「安倍政治」的発想ではないか。

そもそも

安倍総理の妻は、

「家庭内野党」

という触れ込みを昭恵夫人がしていた。

その反省が必要だろう。

妻だから夫と同じ

という枠組みで批判している人は、

僕のフォロワーさんの

中にはいなかった。

また、

三宅君が昭恵夫人と対話(会食)したことに

関して批判的なのは、

権力者と飯友になってしまう危うさを言っているので

「裏切り」

とかという話ではない。

kaz hagiwara(萩原 一彦)@reservologicさんは、

こう言っている。

――「誰でもひとりひとりが自分であることができる社会」を目指す人として、三宅洋平氏は「三宅洋平」を生きているんだと思う。彼に自分を託している人は裏切りと感じるかもしれない。でも「他人に自分を託す」社会は彼が目指す社会じゃないと思う。〔13:10 - 2016年7月18日 〕——

この文章には

人と人が関わるダイナミズムがない。

タコツボのように

中に

入るところを求めているのかな?

休みたい、

ということならそれもいい。

そうではなく、

高江が大変なとき、

(高江の住民の気持ちを込めて)

『okinawa noproblem』capを何かの儀式めかして

手渡しをする

という欺瞞的な行動ができたことに

不快感を感じるわけだ。

本当に

そんなことして

「noproblem(問題ない)」のか。

この言葉、

菅官房長官がよく使う。

あえて、

そんな垢のついた言葉、

高江の住民が

機動隊と衝突して

逮捕され、

痛めつけられているとき、

なぜに

そんなに無神経なのか。

ついていけないものを感じた。

また、

三宅君は、

こんな自己規定をした。

すなわち、

国を思い世界を憂う国士だ、と。

この「国士」は、

萩原 一彦氏が想定するような

誰もが

自分であることができる

一人ひとりであり得るんだろうか。

朝日のあたる家‏@asahinoataruie1さんが

――三宅洋平が地をだした。〔12:37 - 2016年7月18日 〕——

と評価。

僕もそう思うな。

だからこそ、

西脇完人‏@kentestuさんから

――三宅洋平、次は自民の比例区かな。〔11:31 - 2016年7月18日 〕——とか、

対米独立なくして日本人の幸せなし! @qsatoh さんから、

――三宅洋平、或は一服盛られた?〔12:39 - 2016年7月18日 〕——とかいった、

憶測が乱れ飛ぶわけだ。

選挙が終わった今、

確かに

ひとりひとりが自分であることができる。

しかし、

人の神経を逆なでするにも

限度がある。

いくら自由だからといったって、

自ずと自重すべき

事柄って、

あるんじゃないか。

違うのかな。

まぁ、三宅君の正体がばれて

よかったとは思うが。


<追記>

驚愕のツイートだ。

クニさん- 日本の主権は自治意識から @logindex さんが

――三宅君が安倍氏の妻である昭惠さんに会ったのは前進と捉えてる。彼女にいろいろと動いてもらうといい。〔3:03 - 2016年7月18日 〕——

などと言う。

何を動いてもらうのだろうか。

政府系の仕事がゲットできるということかな

(橋本milesアケミ @jaga1979mmさんのツイート〔16:31 - 2016年7月18日 〕参照)。

こういうことで

期待し出すと、

ネトウヨと寸分違わなくなってしまうと思う。

2016年7月19日未明 記







コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 7月17日(日)のつぶやき その2 | トップ | 誰かが仕組んでいる小池陣営... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

社会運動」カテゴリの最新記事