のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

伝説の元FOCUSカメラマン逮捕 ~ 3・11以降、うつだったのか

2016年02月28日 08時21分21秒 | うつ病
伝説の元FOCUSカメラマンが

脅迫事件を起こした。

相手は、

官僚のトップ。

経産省の

事務次官を狙ったのは、

原発事故の処理の仕方への不満から

だったのかもしれない。

それはそうと、

孤独に強いタイプ、

弱いタイプがあるようだ。

この方は、

後者だったのだろうな。

新聞を読んでいて、

「孤独なわび住まい」

という文字が目に飛び込んできたとき、

反射的に

自分の年齢とか考えて、

ちょっと、

他人事ではなかった。

ただ、

僕などは、

孤独につきキケロが言ったという

「私が孤独であるとき、私は最も孤独ではない」

という言葉に助けられている。

一人ぼっちのとき、

遠くにいる人や死んだ人のことを考える。

頭の中で

行われるコミュニケーションは、

結構、充実している。

そして思う、

こんなに贅沢な時間の使い方をしていていいのか、と。

そして自分の疑問に

応えるように言う、

「いいんだ!」と。

完全にひとりのとき、

どっからもクレームが来ないのは、

胎児でいるときと、

よぼよぼになったときだ。

今、僕は、

人生の黄昏時を味わっている。

何もなくても

泣ける、

人生の夕闇が迫る黄昏時!

楽しまずして

おくものか。

昨日は、愉快だった。

したがって、

今日も愉快なはずだ。

そしておそらく明日も愉快であるに違いない。


〔資料〕

「伝説の元FOCUSカメラマン逮捕 家賃2万5000円 孤独なわび住まい」

   日刊ゲンダイ(2016年2月29日付<27日発行>)

コメント   この記事についてブログを書く
« 木村准教授 / 「(政権側の... | トップ | sputnic / 「全世界の中央... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

うつ病」カテゴリの最新記事