のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

朝日新聞 / 「対向車、分離帯越えバスに衝突か 運転男性が死亡 愛知」

2017年06月11日 02時55分18秒 | 事故
下の画像は、

飛んできた対向車の画像です。


転載元:テールスープ @tailsoup さんのツイート〔0:59 - 2017年6月11日

朝日新聞掲載の動画には

対向車が分離帯越えてぶつかってくる

様子がリアルに写っています。

愛知県警によると、

東名高速道路のバス事故で、死亡した乗用車の運転手は浜松市の医師(62)だそうです

(共同通信記事「東名バス事故の死者は浜松市の医師」参照。*https://this.kiji.is/246167570158731272)。

なぜ、この医師、車が宙返りして

分離帯を越えてしまうような運転をしたのでしょうか。


〔資料〕

「対向車、分離帯越えバスに衝突か 運転男性が死亡 愛知」

   朝日新聞(2017年6月10日12時58分)

☆ 記事URL:http://www.asahi.com/articles/ASK6B3VS0K6BOIPE004.html

 10日午前7時半ごろ、愛知県新城市富岡の東名高速上り線の新城パーキングエリア(PA)付近で観光バスと乗用車が衝突した。愛知県警高速隊や消防によると、バスには乗客乗員47人が乗っており、39人が病院に搬送され、少なくとも約20人がけがをしたとみられるという。乗用車を運転していた男性は死亡が確認された。

 10日午前7時半ごろ、愛知県新城市富岡の東名高速上り線の新城パーキングエリア(PA)付近で観光バスと乗用車が衝突した。愛知県警高速隊や消防によると、バスには乗客乗員47人が乗っており、39人が病院に搬送され、少なくとも約20人がけがをしたとみられるという。乗用車を運転していた男性は死亡が確認された。
「目の前に物体」バス乗客、体中にガラス破片 東名事故
乗客ぼうぜん、運転席大破 東名バス事故、現場の状況は
 県警によると、衝突したのは新城PAから約300メートル西。対向車線を走っていた乗用車が中央分離帯を越え、バス正面に乗り上げたとみて、詳しく調べている。バスは200メートルほど走り停車したという。東名高速の上下線は午前8時10分から、豊川インターチェンジ―三ケ日ジャンクション間が、約5時間にわたって通行止めとなった。
 バス運行会社や旅行会社によると、この日朝、バスは同県豊川市内の住民ら44人を乗せて、午前7時ごろ出発。山梨県南アルプス市でサクランボ狩りをする日帰りツアーが組まれていた。乗客のほか、運転手やガイド、添乗員が乗っていた。
 前から4番目の左側に座ってい…
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 【共謀罪】 国会前デモ、何... | トップ | 「北極からやってきた巨大な... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
不可解 (こころ)
2017-06-11 10:53:44
長野でしたか?スキー客(学生が多かったかと)を乗せた、バスツァー事故を思い出します。
こちらのバス事故は単独で、映像からは左右のガードレールに蛇行してしてぶつかる様子が映し出されていました。(YouTube)

今回のこの乗用車も、左のガードレールにぶつかり、そして次に右へ、中央分離帯の盛り土に乗り上げ…という報道。
医師という事で、さてはて寝不足?
ですが、朝の出勤途中であれば寝不足は考えられないかなと。ましてや高速でのスマホ使用も考えにくいですね。
亡くなっているので伺い知れないですが。

昨日、たまたま乗り物ニュースの記事で、車のハッキングがあまり知られていないというのを見ました。(車の専門家談)
カーナビが付いている車、カーナビが付いていなくても、携帯などスマホを持って乗車すればハッキングは云々。
勝手にエンジンがかかったり、勝手にブレーキがかかる等、勝手にブレーキがかけられるなら、アクセルも同様なのでは。
とにかく恐い時代だなと。

違和感

自動車関連の事故が起きた時、同様のケースが連続して起きる違和感がありました。
児童の列に突っこみ。てんかんの方の事故だとされたもの。高齢者の事故。
偶然では語れないのではと。
その事故原因の理由に、アクセルとブレーキを踏み間違えたとした報じられることが多いと感じます。
車を運転する人に訊くと、アクセルとブレーキを間違える事はあり得ないと。
余程の事?

事故の原因として一切出て来ないのがハッキングです。車のハッキングは、警察やメディアなどは触れてはいけない部分なのでしょうか。?

今の時代ならそんな事も調べて然る時代なのではと思います。

私は車を運転しないので何とも…ですが。

コメントを投稿

事故」カテゴリの最新記事