のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

Got My Mojo Working

2010年07月18日 06時25分57秒 | Weblog
ロックと言われる音楽分野が生まれる黎明期の歌手に

前回紹介したエッタの他に、マディ・ウォーターという人がいました。

この人もエッタ同様、苦労だらけの人です。

ない金をかき集めて、この曲を

レコードに吹き込みました。それが蓄音器を通して

エルビス・プレスリーの耳に留まり、

すっかり彼を虜に…

こうして、ロックの形が出来上がって行ったのですね。

今回も、時系列を逆にたどります。

まずは、プレスリー。

次に、プレスリーと比べれば、あまり知られてはいないだろうけれど、

ロックの源流と言っていい人、マディの曲を聴いてください。

ただし、歌詞に相違があるようです。以下、それぞれ掲載しておきます。

Elvis Presley - Got My Mojo Working


エルビスの方の歌詞サイトはここ

以下、引用。対訳で和訳します。意訳がきついと思いますが、

適当に流してやってください。



Hands off of her, she belongs to me  
離したら、僕にくっついた

Mojo working don't belong to you
「モジョ」悶々 君にくっつかない

Well, she's mine all mine no matter what you do
そう、あれは 鉱脈、何をどうしていい

Play it boys, play it boys
ボーイ 遊べや 遊べ

I got my mojo working but it just don't work on you
「モジョ」悶々 君ににくっつかない

I got my mojo working but it just don't work on you
「モジョ」悶々 君にくっつかない

But you're mine all mine no matter what you do
でも、君は、鉱脈 何をどうしていい



Let me tell you now 
言おうかな
     
She's long lean and lanky, sweet as she can be
あれは 長くてひょろく 出し切り甘さ

Hands off of her, she belongs to me
離したら、僕にくっついた

Hands off of her' don't belong to you
離したら、君にくっつかない


Well she's mine all mine no matter what you do
そう、あれは、鉱脈、何をどうしていい

I got my mojo working but it just don't work on you
「モジョ」悶々 君にくっつかない

I got my mojo working but it just don't work on you
「モジョ」悶々 君にくっつかない

Well you're mine all mine no matter what you do
そう、君は、鉱脈、何をどうしていい

Play it Jerry, play it ........
一郎 遊べや 遊べ

No matter what you do, play it son
何がどうでも、遊べや 坊や

Well she's long lean and lanky, sweet as she can be
あれは 長くてひょろく 出し切り甘さ

Hands off of her unless you want to deal with me
君が付き合ってくんないなら、あれは捨てる

I got my mojo working but it just don't work on you
「モジョ」悶々 君にくっつかない

Well you're mine all mine no matter what you do
そう、君は、鉱脈、何をどうしていい

Yeah!
ヤ―!

I got my mojo workin' I got my mojo workin'
「モジョ」悶々 「モジョ」悶々

I got my mojo working but it just don't work on you
「モジョ」悶々 君にくっつかない

Well, you're mine all mine no matter what you do
そう、君は、鉱脈、何をどうしていい

She's long lean and lanky, sweet as she can be
あれは 長くてひょろく 出し切り甘さ


Hands off of her, she belongs to me
離したら、僕にくっついた

Hands off of her' don't belong to you
離したら、君にくっつかない

Well you're mine all mine no matter what you do
そう、君は、鉱脈、何をどうしていい

One more time!
もう一回

Yeah!
ヤ―!

I got my mojo working but it just don't work on you
「モジョ」悶々 君にくっつかない

I got my mojo working but it just don't work on you
「モジョ」悶々 君にくっつかない

Well, you're mine all mine no matter what you do
そう、君は、鉱脈、何をどうしていい

Listen to me now
聞いてくれっかい

I said you're long lean and lanky cute as you can be
言ったほ~ 君は 長くてひょろく 番茶も出花  

Hands off of her unless you want deal with me
付き合ってくんなきゃ、あれは お払い箱

Get your hands off of her, she don't belong to you
君が離したら、君にくっつかない

Well, you're mine all mine no matter what you do
そう、君は、鉱脈、何をどうしていい

Yeah, I got my mojo workin' I got my mojo workin'
「モジョ」悶々 「モジョ」悶々

I got my mojo workin' I got my mojo workin'
「モジョ」悶々 「モジョ」悶々

I got my mojo working but it just don't work on you
「モジョ」悶々 君にくっつかない





Muddy Waters - Got My Mojo Workin



この歌に聞き慣れない英単語が出てきます。

「mojo」です。

これは、別れた異性とよりを戻すため、

呪いの魔法をかけた秘薬のようです。


ところで、ロックの源流とされるブルース、

なぜ、ブルースと言うのかご存知ですか。

下に紹介するサイト「blues なお話」によりますと、

青空のブルーからきているのではないかということです。

空が晴れ渡るような天気だと働かねばなりません。

確かに黒人の労働の過酷さは、半端じゃなかったでしょうね。

日本だと、

雨が降ったり、曇り空だと

気が沈むなどの感想を述べる人が、僕も含めてだけど、いたりします。

それは、奴隷労働の厳しさをを知らないから言えるんであって、

知っている者からすれば、

晴れた日の空の“ブルー”は、気が滅入る代表物のようなものだとか。

なるほどそうだったのか…

そういえば、お日様がかんかん照りのとき、

空は決まって真っ蒼ですものね。

妙に納得してしまいました。

この曲、土砂降りの雨に感謝しながら、

ふと口を衝いて出た歓喜の歌なんでしょうか。

あるいは、天気の日のため息か。

どちらなのか考えてみるのも面白いかも、です。

感性が鍛えられます。



さて、マディが歌う方の歌詞については、次のサイトが参考になります。
 
「"blues なお話" ~お爺 のblues考 5

幸い、サイト管理者が、

対訳方式で和約してくださってますので、そちらも紹介しておきます。

以下、引用です。




Got my mojo working,           俺のモジョが効いてきた        

but it just don't work on you       でもお前にだけは効かない

Got my mojo working,           俺のモジョが効いてきた

but it just don't work on you       でもお前にだけは効かない

I wanna love you so bad          お前を愛したくて

'til I don't know what to do       どうすればいいかわからないんだ

I'm going down to Louisiana        ルイジアナに行って

to get me a mojo there          モジョを手に入れてきた

I'm going down to Louisiana        ルイジアナに行って

to get me a mojo there          モジョを手に入れてきた

I'm going to have all you women      何マイルも向こうから

wretched miles from me          女が寄ってくる



I've got a gypsy woman           ジプシー女が

giving me her fire            俺に彼女の火をくれた

I've got a gypsy woman          ジプシー女が

giving me her fire             俺に彼女の火をくれた

I've got a whole lot of tricks      そいつを全部

keeping it on ice             氷で冷やして持ってきた



Got my mojo working            モジョが効いてきたぞ

Got my mojo working            モジョが効いてきたぞ

Got my mojo working           モジョが効いてきたぞ

Got my mojo working            モジョが効いてきたぞ

Got my mojo working,           俺のモジョが効いてきたぞ

but it just don't work on you       でもお前にだけは効き目がないんだ




マディ・ウォーターの、この歌にも、なお元歌があるようです。

似ているような、似てないような印象を受けますが、

紹介しておきます。

Ann Cole という人の歌う、次の曲です。

秘薬「mojo」の材料がどんなものであるかがよく分かります。

作曲は、 Preston Foster という人らしいです。







歌詞は、和訳とともに下記のサイトから引用します。

Audio-Visual Triva



I got my black cat bone, all pure and dry

I got a four-leaf clover, all hangin' high

Got my hoodoo ashes all around your bead

Got my black snake roots underneath your head

I got my mojo workin', but it just won't work on you

I want to love you so, till I don't know what to do

I got a gypsy woman givin' me advice

I got some red hot tips I got to keep on ice

I got a rabbit foot, I know it's workin' right

I got a strand of hair I'm keepin' day and night



アタシは茹で上げた黒猫の骨や四葉のクロバーを持ってるの

お呪いをかけてもアンタにはちっとも効かない

ブードゥ魔術の灰をアンタの数珠に、升麻の根を枕の下に入れたり

お呪いをしてもアンタには効きそうにもない

どうしていいのか分かんなくなるほど愛したいの

助言してくれるジプシー女を知ってる

(ホットな秘訣を、氷で冷やしとかなきゃ)←Help!ここは不明

幸運のウサギの足も、よく効くって知ってる

ひと房の髪の毛だって持ってる


blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 警察と新聞社の癒着の匂い | トップ | 何よ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事