のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

米国防省の発表 / 「基地での2011年放射能空間線量データー」

2012年12月30日 20時55分37秒 | Weblog
下のURLをクリックすれば、
 
アメリカ国防省が
 
発表した
 
放射線の空間線量データーを
 
参照できます。
 
元記事は、
 
「税金と保険の情報サイト/リンク」です。
 
下記に
 
転載しておきます。
 
 
<資料>
 
 
「やはり大きかった子どもの甲状腺被ばく」


算定を行ったのは米国防省に所属する保健の専門家。米国防省、エネルギー省、日本政府、民間組織などが集めたデータを元に、ICRP(国際放射線防護委員会)の手法を用いて推計値を算出。専門の独立機関NCRP(米国放射線防護審議会)が審査した。

対象となったのは、三沢飛行場や航空自衛隊松島基地のある仙台、百里基地、横田基地など、米国防省と関連性のある地域。2011年3月12日から、5月11日までの60日間、それぞれの地点で24時間外にいた場合の最大被ばく量が算定された。

報告書によると、特に放射性要素による甲状腺の被ばく量が大きく、赤坂に1歳~2歳の子どもがいた場合、甲状腺被ばくは14.0ミリシーベルトにものぼるという。大人でも、同地点の被ばく量は5.2ミリシーベルトに達する。


対象となったのは、三沢飛行場や航空自衛隊松島基地のある仙台、百里基地、横田基地など、米国防省と関連性のある地域。2011年3月12日から、5月11日までの60日間、それぞれの地点で24時間外にいた場合の最大被ばく量が算定された。

報告書によると、特に放射性要素による甲状腺の被ばく量が大きく、赤坂に1歳~2歳の子どもがいた場合、甲状腺被ばくは14.0ミリシーベルトにものぼるという。大人でも、同地点の被ばく量は5.2ミリシーベルトに達する。

「遠く山口県でも見られた被ばく」

関東エリアは軒並み高い数字が算定されているが、福島第一原発から遠く離れた山口県岩国基地でも、被ばくがあったとされている。

1歳~2歳の子どもで0.87ミリシーベルト、大人で0.27ミリシーベルトにのぼるという。
福島には米軍関連施設がないため、被ばく線量の算定は行われていない。

コメント   この記事についてブログを書く
« がれき処理を引き受けたがる... | トップ | 宇都宮けんじ氏の話に強引に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事