のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

野宿者 / 「スカイツリーができて何もいいことはない」

2012年12月31日 23時18分34秒 | Weblog

年末、一年の内で

一番生きてるな、

という実感を与えられます。

しかし、それもこれも

住む家があるからでしょう。

寒空の下、

今夜、死ぬかもしれない・・・

そんな人が

いることを忘れるべきじゃないです。

それを

思い出せる

ニュースです。

下に転載させて

頂きます。

 

<資料>

 

野宿者 「スカイツリーができて何もいいことはない」

野宿者を押し潰すかのように聳え立つスカイツリー。貧者には何の恩恵ももたらさない。=31日、墨田公園・台東区。写真:島崎ろでぃ撮影=

野宿者を押し潰すかのように聳え立つスカイツリー。貧者には何の恩恵ももたらさない。=31日、墨田公園・台東区。写真:島崎ろでぃ撮影=

 年の瀬にホームレス(野宿者)のビニールテントが並ぶ墨田河畔を歩いた。今年5月に華々しく開業したスカイツリーの足元である。

 路上に弾き出されて2年になるという野宿者が、寒空の下ぼんやりとベンチに腰かけていた。タバコを渡すと「ポックリ逝くと楽なんだけどなあ」とぽつり。

 建設業に従事していた彼は「スカイツリーができて何もいいことはない」と吐き捨てた。マスコミは明けても暮れても「スカイツリー」だった。それも陽のあたる部分だけ。

 厚労省の統計によるとホームレス(野宿者)の数は年々減少している。これを額面通りに受け取ったら大間違いである。野宿者が貧困ビジネスの食い物にされているため、統計上住居があることにされているだけなのだ。その数は1万人にも上る。
 
 貧困ビジネスは、アパート(住所)を提供する見返りに野宿者から生活保護費の大半を掠め取る。ひと月に10万円を超す生活保護費をもらっていながら、野宿者本人の“手取り”は3~4万円ほどだ。残りは貧困ビジネスの“主催者”である暴力団などがせしめる。

炊き出しの下ごしらえ。肉や野菜などが煮炊きされていた。=31日、山谷。写真:島崎ろでぃ撮影=

炊き出しの下ごしらえ。肉や野菜などが煮炊きされていた。=31日、山谷。写真:島崎ろでぃ撮影=

 山の手線内側の渋谷まで足を延ばした。美竹公園ではホームレス支援者たちが、炊き出し(共同炊事)に精を出していた。共同炊事は一昨年までは宮下公園で行われていた。

 だが宮下公園が昨年「ナイキパーク」となってしまったため、追い払われた野宿者たちは、昨年末からすぐ傍の美竹公園で共同炊事をするようになった。

 渋谷区が1,700万円/年のネーミングライツをナイキに売った結果、公園は多国籍企業の「私園」となった。富の再分配をすべき行政がハゲタカの手下を務めているのである。

 安倍政権は生活保護予算の切り下げを明言する。福祉を削った分は、米国債の購入やオスプレイなど米国製の兵器購入に回る仕組みだ。

 野宿者がさらに増えることは避けられない。ハゲタカたちが不気味な羽音を立てて飛び回るのが、日本の当たり前の風景になるのだろうか。

 

 <田中龍作ジャーナル寄付振り込先>

■郵便局から振込みの場合

口座: ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座/ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

連絡先

tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

コメント   この記事についてブログを書く
« すっかりマスコミ露出度が減... | トップ | 山極寿一氏 / 人間が争う三... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事