のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

高度プロフェッショナル制度を基礎づけるデータを厚労省が集める、そのインチキ、でたらめな方法が発覚した

2018年05月16日 15時48分59秒 | 日本の現状
🏕インドア派キャンパー@I_hate_campさんのツイート。

――衆院厚労委。こいつはビックリ。目が点になる事実発覚。

加藤「47都道府県の労働局への調査は電話で行い、結果も電話で聞いた」

もちろん、記録は一切無し。これ、調査じゃないでしょうが〔13:19 - 2018年5月16日 〕――

報道は、事件報道。

松本人志等の

全くの部外者、しかもただのど素人が

安倍の喜びそうなコメントをして

事件を娯楽にしてしまう。

政治制度は、

次々に労働者を締め上げる悪法をでっち上げるため、

政府の統計データとして、2、3の

労働者をただ働きさせたい企業に電話連絡して集める。

それらしい情報なら、

比較できないものを比較して

議論を混乱させる。

今まで安倍政権が専門家の意見を無視して

いい加減な憲法解釈をしたやり方とそっくり同じだ。

批判する者は、

人事権で締め上げたに違いない。

外交は、

「こんにちわ」を

現地語で言ってお終い。

相手が弱そうと見れば、支配しようとして

「あの国とは、国交を断ち切ろう」などと、外国に行って吹聴して歩く。

国内政治は、

賃金水準が日を追って下がり、

アベノミクスという言葉もいつの間にかお蔵入り。

後遺症として、

国民は塗炭の生活を強いられているのに、

首相は

外遊の日々。

そんな中でも死の商人を喜ばす

サービスを忘れない。

マスコミが騒ぎ立てた「外交の安倍」も「経済の安倍」も

ただのお追従に過ぎなかった。

ふざけた国だ。

公文書がねつ造され、

法案審議のため、立法事実として提出するため、

資料がでっち上げられる、

恥もなく、

やり遂げられるそれ等の事実から考えて

政府の仕事は、

何もかもがママゴトだということが分かる。

他方、安倍政権という

悪政のため我々国民が被る苦痛だけが本物だ。

最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (匿名)
2018-05-16 18:23:45
 先週またフジテレビに出ていたけど、あそこのおフザケに只々乗っかっている人間など政治家ですら自ら放棄しているのと一緒。当然、総理大臣などニホンには何処にも居ませんね、総理の椅子に座っているのは宇宙人だ。

コメントを投稿