のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

愛媛県 中村知事 /  「噓は発言した人にとどまることなく、第三者、他人ををまきこんでいく。そういう世界にひきずりこむ…」

2018年05月14日 08時47分47秒 | 名言
最初、読んだときはさほどの真実味を感じなかった。

しかし、日本全国で

安倍とどっこいどっこいの手合いが出没して

日本が

駄目になっていくのを実感する

その度に、中村知事の、タイトルのこの言葉を

「名言」

と認知するようになった。

安倍というとんでもない嘘つきがのさばって、

「(本)人にとどまることなく、(全くの赤の他人を、嘘の)世界にひきずりこむ」。

その実証例として、

近くの取り巻きでは、

安倍の「噓」を庇い、自身も噓つきになってしまった愚か者の高級官僚2人。

遠くの取り巻きでは、

安倍に近づこうとして

結党の当時から名前負けでは「自由民主党」や「公明党」に決して引けを取らない

「希望の党」などという絶望的に欺瞞に満ちた党を作って

総選挙直前に野党第一党を消滅させた

前原と小池。

その他としては、

安倍の親衛隊。

そこら中を闊歩して

アホを晒している高須克弥など、

安倍菌伝道者だな。

今日は、

特に、この三つ目のパターン、安倍信奉者・高須の

ツイッターを見て驚いた。

「フリーメイソン乾杯」とか、

「(ラティオスの動画) いいなー(゜ρ゜)売ってくれ いくらでも出す」

などとやっている。

ちなみに、ラティオスって、

これだよ。



無邪気すぎて、不気味じゃないか。

うんざりしたのは、

次のツイート。

――1年前に死んだ彼女にLINEを送信⇒既読になり彼女から返信が!その内容に涙が止まらない。。〔21:52 - 2018年5月13日〕――

返信の

種明かしをすれば、

娘になり代わって母親が返信をくれたというもの。

一見、感動話ではある。

しかし、涙が止まらくなるような内容かな。

恋人同士の

メールなんだから、

中身は、

どっちかって言うと、

寝物語だろ。

そんなもの覗き込まれて嬉しいか。

母親と言えど、第三者だよ。

僕ならば、余計な返信はくれなければよかったのに、

と思うだけれどもな。

この話に共感して、同じように涙を流せる高須って、

小学3年生なのか。

大人になったら感動的な恋愛をして見て下さいと

エールを送るしかないじゃないか。

あ~、気持悪い!

ネトウヨたちの共通の基盤というのは、

実際、このような精神年齢の幼稚さなんだろうな。

最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (匿名)
2018-05-15 17:58:39
 まぁ昔はポケモンをやりましたから言うわけでは無いのですが、正直言ってこの高須氏ってポケモンというゲームから何も学んでいませんね。もっと道徳観とか仁義とか難しくなく教えてくれる素晴らしい作品だと思います。それに比べてこの人はそんなのはどうでもよくて、単に貴重なポケモンが欲しいとかそんな欲望だけ丸出し、そういう感じですね。このゲームの中で登場している一部の大人と同じ様な嫌らしい人です。このゲームをやる資格はありませんね。

コメントを投稿