お気楽過ぎる日々を過ごして・・・

母が亡くなった歳を追い越して・・・これからは母の分まで元気で!と思っていたら還暦にぃ~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

見事な終活・・・

2017-09-24 13:42:54 | 日々の事

週末帰省にともなっていろいろ準備等気ぜわしいのですが

ご近所さんの友人に留守にすることを一応お知らせしたんだけど(私の実家の法事で、と)

そこでの彼女のお母さんの「見事な終活」に驚いたとともに尊敬してしまった。

凄い人だなぁ~って。

ここまではなかなかできることではない。

 

90歳になるお母さんが遠くで一人で暮らしている。まだ一人暮らしができるほど

しっかりしているらしいんですが

ついこの間の連休の時に帰ってみたら、なんとお母さんが90歳のお母さんが

墓じまいをしていたと。娘が二人でみんな関東圏に住んでいて実家に戻る予定が

ない。立派なお屋敷らしいけどそのうち誰も住まなくなる運命だと。

 

当初は長女のお姉さんがご主人が退職したら帰る予定だったらしいけど

一人娘が東京にいて孫もいて・・・ということで「帰らない」となったそう。

次女である友人が自分が帰ろうかと思ったらしいけど現実問題として今すぐには

行動に移せない  心に重いものを抱えていたみたい。

そんなときに

帰ったらお母さんの独断で墓じまいをしていて(いろいろなことを全部自分一人で)

友人はとてもショックを受けたらしいけど。

でも私はすごい人だねぇ、って言ったら「そうかなぁ」って。

彼女のご主人もそのお母さんを「すごい人」と^^

 

毎週お墓にお参りをして お家も定期的にダスキンさんが来てお掃除してくれて

ヘルパーさんも来てくれて(ほとんどやることがなくお話相手らしいけど)

娘としてはそんなヘルパーさんに疑問だったらしいけど^^

まぁ、でもそれでもいいか、と自分を納得させたと。

やはりちょくちょく帰らないといけないなぁと思っていた矢先の出来事

 

30年間は永大供養でその後は共同墓となるらしいんだけど。

墓地だって墓石だって多額のお金がかかっているのに・・・

 

それでもお母さんは今やらないと、と思ったのね。

自分が亡くなったら、という準備をすべて終えて(お金も含めて)

今が一番安らかなのではないかと思うけど。

 

夫の両親が生前裕福だったのに いわゆる終活を何もしていなかったことに

私は本当に驚いたから

義父は本当にしっかりした人で几帳面で・・・でも認知が少し入ってからは

まったく別人だったから。

義母も頭ははっきりしてけど車いす生活だったらから お兄さんたちに何も

言えなかったのね、きっと。お世話になっているという気持ちが強かったから。

義父母のお金はどこに消えたのか??^^

 

それに比べると友人のお母さんは完璧だと思うよ。

息子がいる人はピンとこないかもねぇ。

我が家も娘が二人だからそのお母さんの気持ちがよぉく分かる。

 

都会ならではのお墓事情がまだたくさんあるようです。

ほかの友人もその話をしていたから。

 

地元に家族がいる人はピンとこないよねぇ・・・・きっと。

 

 

コメント (6)

夏から秋に・・・

2017-09-23 09:47:35 | 日々の事

いつものように

あっという間に夏から秋に。

つい昨日までは湿度の関係でエアコンかけていたりしたんだけどね~

今日は肌寒いです。

 

なんか

昨年義父・今年義母  相次いで亡くなりそれに伴っての諸行事等で何回も福島に通い

身体は特に疲れていないと思うんだけど

精神的にとっても疲れたんだと思う・・・

義兄夫婦との関りとかもあって・・・

早く通常の生活に戻りたいなぁと思っていたら

秋に^^

 

来週は自分の実家に6年ぶりに帰省します。

父の十三回忌・母の三十三回忌の法事の為に。

 

このブログを始めてすぐ、本当にすぐ父が急逝したんだったなぁ・・・

そしてこのブログを始めたきっかけも

自分が母が亡くなった歳に近づいての心境だったなぁ・・・

 

そう考えると

なんて長く継続しているんだろう・・・

そしてその時からお付き合いをしていただいている古くからの友人達に感謝です。

 

最近はTwitterやインスタのほうが簡単でなかなかブログまでたどりつかないので

反省です。

 

自分の実家に帰るのは両親はいなくても 気が楽です。

なにより

ホテルを取らなくていいし、笑

義妹も「待ってますから」と言ってくれて有難いです。

 

母の法事は私が生きているうちできっとこれが最後かなぁ・・・とも思うけど。

長女が同行します。

次女は妊婦なので長時間の電車はやはり・・・ね。大事を取って。

この時期の秋田は何十年ぶりかしら・・・

楽しみです。

コメント (2)