お気楽過ぎる日々を過ごして・・・

母が亡くなった歳を追い越して・・・これからは母の分まで元気で!と思っていたら還暦にぃ~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

免許の更新。

2015-06-11 22:02:46 | 日々の事

今月はお誕生日月。

免許の更新に行ってきました。もちろんゴールドですよ^^

5年間使う免許証ですからねぇ・・・

前回5年前ですが、いろいろ手続きとか忘れていたのがありましたね。

ちゃんと番号がありそのとおり進むんですが

毎度の事ながら、写真撮影がねぇ・・・このときだけは最寄りの警察署で更新手続きすれば良かったと思うのよね。

あらかじめ写真を持って行くでしょ。

 

写真のところの女性が(年配の・・・)

もう少し右、とか顎を引いてとか、いろいろ注文をつけるんですよ^^

 

あのね、顎を引きたくないんですよ。私。笑

だって顎を引けば

「二重あご」

になるでしょう・・・

なのに、もっと引いてとか言うのよ、まったく、笑

 

まぁ、毎度のことですが免許証の写真はひどい仕上がりで(実物はもうちょっとマシかと思うんだけど)

おまけに背景がブルーだってことを、すっかり頭になく

ブルーのブラウスを着ていってしまうというミステイクを^^まぁ全体がボヤ~っとしてるだけですがね^^

 

この次は66歳。何もなかったらまだ元気よね、きっと^^

そう考えると、更新もゴールドだとしてもせいぜい2回くらい?10年・・・

70歳くらいでは車の運転してるけどね。知人達も。

 

いろいろと先行きを考えた一日だったわ。

コメント (4)

母の神対応、娘の塩対応。

2015-06-05 21:14:10 | 結婚式

実家に帰るにあたって、お土産等を準備している時に娘たちからの言葉・・・・・

「お父さんだって退職して、交通費をかけてホテルを取って帰るんだからもっとシンプルに帰省出来ないの?」娘①

「おばあちゃん達に会いに行くのがメインでしょう?そんなにソロでお土産要る?」娘②

お母さんは神対応だね、笑

と、塩対応?の娘たち、笑

 

でも娘たちよ、介護に関してはお金で解決できることほど簡単な事はないのよ。

実際介護を担っている人は、お金をもらっても逃げたいと思うよ。逃れられないから観念しているだけ・・・

そして口に出して感謝を伝えないとだめなの。

嫁同士の私はもちろんのこと、一番な大事なのは  夫から義姉へのお礼の言葉。

自分の親をみてもらっているのだから。

今回きちんと夫が義姉にお礼を言ったので、おねえさんも照れていたけどね。

 

毎日御苦労しているお兄さんやお姉さんに喜んでもらえるプレゼントを持って行くことはとっても大事な事。

義母は頭がしっかりしているので、刺し子とかを眼鏡もかけずにやっている(私がプレゼントしたキットで)

ぬり絵とかをやるので銀座の伊東屋で買った多色の色鉛筆とかで絵画のように濃淡をつけて「ぬりえ」を

してました^^そんなプレゼントを探して買って行きます。喜んでくれます。

 

娘たちに、

立場が変われば気持ちが分かるよ、と。おまけに娘②は長男の嫁だし^^

「しまった・・・なんで長男を引いてしまったんだろう・・・笑」

「あなたは一番おばちゃんの立場が良く分かるはずだよ」と言っておきました。

そうだね・・・と、納得。

年に数回顔を見せるだけの私達次男夫婦が少しばかり経費をかけて帰ることは何でもないこと、とそのうち

知る時が来るでしょう。実家は経済的には問題ありませんので・・・助かります^^

 

そして今回、いつも割り勘なんだけど^^お兄さんが御馳走してくれました(おかあさんからもらってきたのか?)

大きな家なのにホテルに泊まらせて申し訳ない・・・と、初めてお姉さんが言ってくれました^^

 

実際慣れたらホテルの方が気楽です・・・

 

 

コメント (2)

ご機嫌伺い。

2015-06-05 20:47:55 | 日々の事

5/31.6/1の二日間夫の実家に帰省しました。

日曜日、月曜日になんで?ですよね・・・(土日じゃなく・・・)

土曜日は義母と義父はディケアの日です。なのでせっかく行くのでその日を外して行くのです。

そしてホテルもその方が安いので。

 

半年ぶりくらいなので、心配でしたが二人ともそれなりに元気でした。

義父のモノ忘れはかなり進行しているようでした。認知症のようなものですが会話は普通に出来ます。

夫や義兄夫婦は分かりますが、多分私は分からないと思います。

孫達はまったく認識出来ないようです。

 

同じ事を5,6回言うので答えるのも大変です。それが兄達は毎日です。大変なことです・・・

終わりが見えない介護の生活ですから、本当に頭が下がります。

同居はしていませんが、近くにいるので毎日お世話をしています。

義兄は自分の両親ですから仕方ありませんが、義姉は長男の嫁ということでその介護の一端を担う事に。

 

本当に申し訳なく、感謝の気持ちしかありませんねぇ。

介護ベットやら車椅子の関係で、私達が泊る部屋がなくなりホテルに泊まる様になってからは、必ず4人で

飲みに行きます。(義母が元気な時は出来ませんでした)

彼らが介護の愚痴をくどくど言うことはありませんが、実際の介護の「現状」を報告してもらいながら

日々の苦労が垣間見えます。

そしてそれを共有することで、心が軽くなると言ってくれました。ただ聞いてくれるだけで嬉しい、と。

 

少しでも気晴らしになれば、と楽しくお酒を飲みました。

最近はお土産も欲しいものを聞いて買って行きます。あらかじめアタリをつけて^^

また8月に帰ります、と言って帰って来ました。

 

その時はホテル連泊かなぁ・・・

コメント