お気楽過ぎる日々を過ごして・・・

母が亡くなった歳を追い越して・・・これからは母の分まで元気で!と思っていたら還暦にぃ~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

唐突に…家紋。

2014-10-27 20:32:54 | 家族

いつもお世話になっている呉服屋さんの展示会に行って来ました。

今回の展示会の目玉が「家紋」だったんです。

着物と家紋は切っても切れませんね。

一通り家紋のお話しの後に、各家の家紋を台紙にきれいに作ってくれると、いうサービスがあると。

その時、我が家の家紋(もちろん今の)の名前が分からなかったんです。

実家のは分かるんですが。

そして実家の家紋を付けた着物はあるけど、夫の家の家紋を付けた着物がない。

で、帰ってから夫に家紋は何?と聞くと

「知らない」という。

えー❗️知らないの?

実家は私が子供の頃から家紋は「桔梗」と知っていたんです。

なぜかというと、剣道の防具には家紋がついてましたから。

夫の実家に聞いてもらったら、お兄さんも知らないと…もちろん嫁であるお姉さんも。

こんな事ってあるの
これは大変だ。お婆ちゃんが居なくなったら分からなくなる可能性が、笑

名前を聞いて、ネットで調べたら該当するものが出てこない。

いろいろ調べて、やっと確認。おばあちゃんの着物を見ればすぐ分かるんですが

おばあちゃんが動けないので、すぐには確認出来ず、みたいな。(どこにしまってあるか、分からない)

娘がいないとそんなものかもしれない。

やれやれ、家紋騒動でした!笑

ちなみに

家紋を付ける着物は
⭐️   喪服
⭐️   留袖
⭐️   色留袖
⭐️   色無地

そして五つ紋は喪服と留袖。

背中の紋は先祖←1
胸の紋は両親←2
袖の紋は兄弟、親戚←2

だそうです。そして譲ってはいけない着物は「喪服」

本当は亡くなった時に棺に入れるといいそうです。

そうすると、私は間違いなく自分の両親の元に行くのね、笑
実家の家紋だから…


まぁ、家紋一つでいろんな事考えました。今は喪服も留袖もレンタルが多いですよね。家紋なんてナンセンスです、ある意味…

でも、娘達には実家の家紋と夫の家紋は伝えないと、思いました。



これが調べても出てこなかったんですよ。二つ亀甲って言ってましたが正式名称は分かりません。

そしてこれが実家の家紋です。喪服(結婚するとき持参)と留袖(母の形見)はこの桔梗の家紋が付いています。

娘たちが結婚適齢期?になった時、夫の母が自分が元気なうちに嫁入り道具の「喪服」を誂えてくれると。

でも、最近は喪主でも洋服の人がいるくらいなので・・・と、喪服ではなくパールにしてもらいました。

でも、やっぱり作れば良かったかなぁってちょっと後悔です。これから作ってあげればいいんですけど^^

やはり喪服は実家で持たせるものですよね・・・

コメント (4)

変えました、タイトル。

2014-10-24 20:43:39 | 日々の事

忘れてました。

タイトルを変えたんです。

「分岐点」というタイトルは、私が母の亡くなった年齢を自分が越せるのかどうか?

という漠然とした感情からでした。つまり52歳を境に自分がどう年齢を重ねていくのか?

そんな時に(51歳の時)ブログを始めたのです。

52歳で亡くなった母は、亡くなった当時より自分がその歳に近づくにつれ改めて

「本当に早かったなぁ・・・」と。

そして自分が52歳を過ぎて・・・今年還暦になったわけです。

そう、母の年齢をはるかに超してしまった訳ですね^^

 

もう分岐点でもないな、と。それでタイトルを変えました。

ほんの束の間の「お気楽な生活」どっぷりと味わっています。だっていつ何時どう変わるか分からない。

だったら許されるなら、罪悪感を持たずフワフワ?していよう、と。

介護にあけくれている友人や、孫の世話で自由がない友人。それでも彼女達にも私にはない幸せが

あるかもしれない。人間なんて外からは分からない。だったら今自分が幸せだったらそれでいい。

そんな事を考えました。

 

自分が恵まれていると感じた(金銭的という事では決してない^^)のに、突如優しかった太陽のような母が

亡くなって、その時人生はなるようにしかならない、って思ってしまったんだよね・・・

だから多くを望まなかったし。あくまでも自然体で受け入れてきたつもり。

 

昨年次女が手術した時も、結婚を控えて心配は尽きないけど「仕方ない」と思うしかなかったし。

長女が結婚していない事も「仕方ない」と思ってそれほど心配はしていない、実は。

バリバリ自分の仕事をしている娘にこれ以上何を望む?これは縁だから親がどうにか出来るわけではない。

早く結婚しないと子供はどうするんだ?とも思っていない。

 

孫が出来たらそれはそれは可愛がると思う。でも出来なかったらそれでもいい。みんなで遊べる。

いろいろ思ってタイトルを変えました。

長いね・・・笑

これからもお気楽主婦に「冗談じゃないわよ!」と思わずによろしくお願い致します。<m(__)m>

コメント (4)

素敵な会場装飾。<2>

2014-10-19 19:51:01 | 結婚式

フラッグガーランド。三角の旗です。

屋上の







のガーランドは娘が作ったものです。三角の旗を何枚切ったものか、笑

テーブルランナーも作りました。

テーブルのお花も素朴でかわいい。









キャンドルリレーとかきれいでしたよ。




これは前日の会場。大きな木だけスタンバイです、笑

コメント (4)

晴れたぁ~結婚式~<1>

2014-10-19 19:13:40 | 結婚式

18日。次女の結婚式。晴れました。ただそれだけで大満足ですよぉ。

屋上でやった人前式。列席の皆様に署名していただき証人となっていただきました。
だから晴れてよかったです。












室内装飾のかわいさは、2人のこだわりでお花屋さんのセンスの良さとあいまって、かなり好評でした。



お色直しのドレス。





私の友人たち。



定番、花嫁の母へのお花です。かわいい、笑

麗心作の花瓶に生けて・・・

結婚式が終わったんだなぁって感慨もひとしおです。

たくさんの皆様に祝福していただき、本当にありがたかったです。

ご心配していただいたここのご来訪者さまにも感謝です。

ありがとうございました。


コメント

そして、これ。

2014-10-16 16:57:30 | 家族


額は向こうで入れ替えます。保護のためウチの額に入れて運びます。

書く時は一発勝負です。
練習してからですが、まぁまぁかなぁ。

母からのプレゼントですね…
コメント (2)

いよいよ感満載^^

2014-10-15 20:19:25 | 家族

土曜日の結婚式まで後少し。

いよいよ感満載で忘れ物がないか?などと心配なところもある。

なんせ全容が良く分からない、笑

一番大変なのは娘で、いろいろ頑張って用意しているみたい。

 

金曜日に荷物を運ぶのに東京に車で行くんだけど、ハタと考えた。

土曜日も着物の着付け等があってかなり早く出発しなくてはいけない。

行ったり来たりで疲れるし、東京に泊まろうか?となってすぐホテルを取った。

 

娘に言ったら

「それが良かった。2日続けて往復するのは疲れるからね。どうせだったらウチに泊れば良かったのに」

「嫌だ。前日にあなた達の緊張が伝わって眠れないじゃないの」

「今から、〇〇君が様子がおかしい・・・笑」

「えー~~!」

 

 

そして、娘はちっとも緊張していない・・・

婿が先に号泣したらどうしよう・・・笑

笑うしかない???

コメント (2)