結~つなぐ、ひらく、つむぐ~

身近な自然や社会との関わりを通して、マイペースで、新たな自分探しに挑戦しながら、セカンドライフ、スローライフを楽しむ。

花言葉は「幸運が訪れる」!…サガリバナ

2013-06-13 | 癒し

 朝6時、サガリバナ(サワフジ)の花を探しました。いつもの観察場所で、いくつかの花をつけている木を見つけ撮影し始めました。ラジオ体操のため、公民館広場に来ていた人が、「きれいですね。サガリバナは朝しか見られませんからね。3日ほど前から咲いていますよ」と話してくれました。

 夕方から開き始め、翌朝7時頃、「ポタッ」と落ちてしまう「一夜限りの花」、サガリバナ。木によって色合いが違います。今朝のは、白っぽい感じの花でした。他の木は、ほとんど開いていません。これから、どんどん咲き出すものと思われます。花言葉は「幸運が訪れる」だそうです。

 小鳥のさえずりやアブラゼミの鳴き声も聞こえます。近くの公園で、アブラゼミが鳴いている様子を観察しました。久しぶりに歩き回り、得をした気分になりました。

01-0613-0635

 総状花序が垂れ下がり、横向きに花がつきます。花弁は4枚で、多数のおしべがあります。花序の上には、咲き終えて花が落ちた部分があり、花の下には、つぼみが見られます。上から順序よく開いていきます。

02-0613-0640

03-0613-0641

04-0613-0654

05-0613-0657

06-0613-0700

07-0613-0709

08-0613-0631

 落ちたサガリバナ。

09-0613-0653

 落ちたサガリバナの花はなハナ。撮影中も、あちこちで、「ポタッ」「ポタッ」と落ちていました。そのまま放っておくのがもったいない感じがします。川辺に咲いたサガリバナの花が、翌朝、水面を覆い尽くしている様子を思い浮かべ、幻想的な気分に浸りました。


最新の画像もっと見る

コメントを投稿