NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会 公式ブログ

八王子市認定 滝山観光おもてなしボランティアガイド団体「ウジテラーズ」滝山城跡の下草刈りを毎月実施しています

2018年8月19日 滝山城跡景観維持作業「実は・・・」

2018-08-27 19:30:00 | 下草刈り日誌
1週間遅れになってしまいましたが、
滝山城跡景観維持作業の報告です。

今回の作業場所はこの周辺でした。
滝山城跡に訪れたことがあれば
この写真を見れば、どこだかすぐに分かりますよね。
大手口の坂を登った小宮曲輪の堀入口付近です。

おもな作業内容は、地面に散乱した木の片付けと
枯れ木・枯れた竹の除去です。
遺構景観回復のため間伐も少し実施しましたが
切岸部分の青い竹は伐りすぎると
崩れの原因になるので適度な間伐で済ませます。


作業は広範囲ではありませんが作業成果を報告します。

【小宮曲輪堀の入口 作業中】
次の写真と比べてみてください。


【小宮曲輪堀の入口 作業後】
結構直角に曲がっていたのですね。


【土塁の上 作業中】


【土塁の上 作業後】
あまり変わってないかな?少しは明るくなったと思う・・・


【小宮曲輪の切岸 作業中】
枯れた竹の除去と適度な間伐


【小宮曲輪の切岸 作業後】


竹は見た目以上に重いです。
力と気合で「ヨイショッ」と。
実は・・・今だから告白しますが、
6月の作業の時にギックリ腰やりました。
でもそれは、重いものを持ち上げたからではありません。
鉛筆サイズの小枝を前かがみで拾っているときに
腰にブチッと激痛、みっともないので倒れこむのは何とか耐えた。
その後1週間ほど、まともに歩けませんでした。
病院嫌いの私は自然治癒で治るのを待ち、
1ヶ月ほどで良くなりました。


【作業中】
今回も2名の高校生(青い服)がボランティアで参加しました。
地面に散乱した木が多いですね。


【作業後 上から見たところ】
地面がすっかりキレイになりました。
その先に曲輪が見えます。

この曲輪は、滝山城では珍しい半月の形をした曲輪。
この曲輪は大手口の通路のすぐ脇ですが
道を歩いて見上げても下からは見えません。

いつも見ている遺構ですが
そこを整備してみるとその形状がハッキリ現れ
「フムフム」と再認識し、満足している自分でした。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 滝山城跡下草刈りボランティ... | トップ | 「滝山城跡ボランティア・ガ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Jcastle)
2018-08-27 20:46:24
暑い中でお疲れ様でした!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

下草刈り日誌」カテゴリの最新記事