まつたけ山復活させ隊運動ニュース

マツタケの発生は里山復活の王道であり里山を再生することはマツタケの復活に繋がる.再生アカマツ林から日本で初めての快挙!

まつたけ山復活させ隊 NEWSLETTER 1375   忘年会写真で見る13年間、 皆さん ありがとう! マツタケも災を喰らう

2018年12月17日 |  マツタケの林地栽培 

12月21日(金)は、第666回活動日.忘年会です.京都市左京区岩倉 村松138-20 香川山(自称:下記アクセス)にお集まり下さい.ブログ報告は、宮崎 昭さんです.当日夜、是非ご覧ください.
 今年の岩倉香川山での活動は、49回予定されていたが、7月7日の大雨で中止が1回あり、48回の開催となります.番外活動として和歌山富喜試験林には4回出かけました.
 
 2018年12月最後の活動日となります.今年は、清水寺森清範貫主が今年の漢字として【災】を書いた.登場は2度目らしい.天候不順、暑い日が続いたり連続して大雨があったり、秋らしい秋も少なかった覚えがある.香川山BCの雨よけが広範囲に大きく損傷を受けたことも記憶に残る.
 それは香川山のマツタケ発生数にも表れているように思えます.2017年にはシロが5つ形成されたが、今年のマツタケ子実体はシロNo.1にのみ発生、しかも発生は3本にとどまった.10月11月の子実体発生期に地温が19℃ラインを11回も上がったり下がったりしたことが主因と言えるだろう(もちろん雨も少なくなる).発生期の気温上昇と少雨対策を試みます(断熱と土壌水分保持).また、9月7日の台風で、シロNo.5の傍のアカマツが倒れた.このシロは消滅する恐れが高い.
 富貴試験林のマツタケ発生も、山主岩田さん存命時には、量的把握も出来ていたが、今はそれもなく実態は分かりませんが、質も量も大いに不作の感があります. 
 
 さて、2005年6月以来丸13年を経過しました.参加者の皆さんの齢もこれだけ増えたことになりますが、皆さん若い、元気で はつらつとされている.しかし、一方で、この間に体調を崩された方々も居られる.また、残念なことには、大月さん、杉山さん、森さん、榎本さんをなくしました.合掌!

 次回、21日は今年の締めです.足が遠のいている方も、「元気だよ!」とお顔を拝見したいものです.

 忘年会/山神祭のお誘い
  今年の無事故を謝し 来年の松茸大発生、メンバーの健康と多幸を祈念しましょう! 
 芋煮(牛)、まつたけご飯、餅つきなどで盛大に楽しみたく存じます.

 【日時】12月21日(金)午前10時過ぎから宴の準備が始まります.お手伝いをよろしく願い上げます.
 【場所】京都市岩倉香川山BC
 【会費】2000円. 当日は、まずは会費を司会も兼ねる川本 勝さんにお渡し下さい.
          酒類は提供されませんので飲みたい(める)方はお好みをご持参下さい.差し入れは、何でも大歓迎です. 
 
 宴の準備を手伝うもよし、いやむしろ手伝うべきでしょう! 今年の山の見納めも良し、プレ宴会も良し、濱稔の碑を囲んで(担当三輪 新造さん)一杯も良し.とにかく楽しみましょう! 

13年間の忘年会風景です.

 2005年 日差しが明るい.

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年 濱稔の碑前にて 右端に故森さんが見える

2013年

2014年

2015年 この頃までは夜遅くまで

2016年

2017年

さて、今年は、どんな宴になるでしょう!

 

【お知らせ】
きのこ観察会
○京都御苑きのこ観察会
【日時】12月23日(日) きのこ観察:午前9時30分~12時 第47回顕微鏡観察会:午後1時30分~3時まで 
【場所】京都御所 堺町休憩所集合(間之町口 地下鉄烏丸丸太町駅下車、東へすぐ)、検鏡会場は御所内の閑院宮邸跡
 主催者は京都御苑きのこ会(世話人 佐野修治氏)  HP(http://gyoenkinokokai.web.fc2.com/)参照下さい.
 参加料は無料、事前申込不要.京都御苑は国民公園のため、動物・植物・菌類の採集は禁止されています.

○交流会 
滋賀県彦根 荒神山 松茸復活プロジェクトとの交流会 参加者を募ります.
 2019年3月23日(土) 作業エリア診断と意見交換会 詳細は未定

 

§主 催

まつたけ山復活させ隊
Movement for Regeneration of Matsutake Forests
代表 吉村 文彦(微生物生態学;マツタケ生物学)
090-6227-4305 miyakomatsutake@gmail.com
京都市山科区御陵岡ノ西町38-27

香川山オーナー
 香川 晴男


§協 賛
澤田山オーナー
 澤田 幸雄

玉城山オーナー
 玉城 一郎

 

ジャンル:
じまん
コメント   この記事についてブログを書く
« まつたけ山復活させ隊 NEWSL... | トップ | まつたけ山復活させ隊 NEWSL... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マツタケの林地栽培 」カテゴリの最新記事