歩いて、歩いている

新発見!この道はいつかきた道?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

役に立とう等と、、、、。

2018-01-13 17:01:07 | 日記

正月早々大寒波がやって来ました。どこを歩いても、大変寒い。寒いだけなら良いのだが、薄く凍った水たまりに足を取られて転んでしまう等の小さい?大きい?事故が相次出いる。人間も、車もどうしようもなく脆いもです。ただし、交通機関、ましてや生活路線の列車までがこうも脆いつくり、事故対策しか無いとは、、、、。絶対安全を誇った日本の自慢は本当だったのかと疑いたくなる。自然災害で簡単に結論ずけしてほしくない。マスコミのみなさん、こんなときこそ何故そんなに脆いのか、15時間も車が通行でいないとかの理由で救助が出来ないなどと言う理屈を、細大漏らさず報道して下さい。

ついでながら、なぜこんな荒天が予想される時期の「大学入試センター試験」をするのか?毎年繰り返されているのにー。どこかの大学をつくるのに「忖度」しているより、よほど有意義で張り合いのある考察ではないか。

 事故が起こってしまっては何をか言わんやだが,昨日、市営地下鉄某駅の改札前の下り(上り)階段が工事中だった。 危ないな、、、と思いながらゆっくりと下って行くと、階段途中の踊り場から駅係員が寒風吹きぬける中声をからして  「足元が危ないですから、、気を付けて下さい、、、、。」と注意を呼び掛けている。おもはず「(寒い中)ご苦労様」と軽く声をかけた。、、、、が、

 むむ、、、。よく見ると彼は「目に鮮やかな三角巾で左手を首から吊っているではないか!すでに怪我をしているでは無いか!「ウソだろ!マジで~」と声が出そうであった。これほど確かな注意喚起はなかろうと感心したり、笑うに笑えない良い教本となりました。【余りもはまりすぎたインスタバエでしたが、気の毒で写真には遺せませんでした。】

 「役に立つという事は易いけれど、、、、。う~む」

 今年も善いことをしよう。良いことを見つけに あるいて、あるいて。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加