徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

おてもやんの ヒ・ミ・ツ!

2014-01-08 13:41:38 | 音楽芸能
 「ふるさと寺子屋」の中に収められている小山良先生(小山音楽事務所主宰)の講話「おてもやん」によれば、「民謡おてもやん」誕生の裏には、作者の永田イネとモデルのチモにまつわる次のような隠された物語があったという。

 「おてもやん」が生まれるにあたって一人の女性が浮かび上がりました。富永登茂(チモ)です。チモは安政二年十二月五日に飽田郡横手手永の北岡村(現・春日町一丁目)に小作農家の長女として生まれました。五反(現・春日町五丁目)にイネが稽古場を構え、そこで二人は出会ったのだと思います。ウマのあった二人が意気投合して仲良くなることに時間はかからなかったでしょう。しかし、チモがモデルになったのは仲が良かったからだけではありません。イネには萬吉という子どもがいました。そしてチモには孝という母親代わりになって育てた子どもがいました。私は萬吉と孝は同一人物ではないかと思っています。なぜ、それが明らかになっていないかというと、萬吉の父親が誰であるかということを秘密にされているからです。そこで、萬吉は県外へでていってしまったとして、チモに預けられたのです。ただし、チモの子だとすると五十八歳の頃の子となるのでチモの妹のトジュの子として戸籍を作ったのでしょう。
 「おてもやん」のモデルはチモ、そしてイネ自身ではないでしょうか。イネは最後までこのモデルについては「公表できない」と言っていました。公表することは、「孝」の出生のことが判ってしまうのではないか、という恐れを抱えることになるからです。

 という内容である。

 ここから先はこの物語を踏まえた僕の推論である。

 「登茂(トモ)」がなぜ「チモ」と呼ばれ、歌ではなぜ「ても」になったのだろうか。「トモ」が「チモ」と呼ばれたのは、熊本弁によくありがちな「母音の変化」だろうと考えていた。例えば僕の祖母が、「○○しよう」を「○○しゅー」と言ったり、「魚(うお)」を「いを」と言ったり、「煮びたし」を「にぶたし」と言っていた類の方言の一種だと考えていた。しかし、この物語を読んだ時、ひょっとしたらこれは子どもの発音じゃないかという思いが湧き起った。イネとチモという二人の母にとって可愛くてしかたなかったであろう一人の男の子の姿が浮かぶのである。
 そして、歌を作るにあたって実名を使うことが憚られたイネは、「チモ」の語感を残す別の名に知恵を絞ったに違いない。その結果「ても」が選ばれた。そこに僕はイネの長唄や歌舞伎舞踊の師範としてのセンスとユーモアを感じるのである。「ても」というのは「さても」の省略形。「なんとまあ」という意味の感動詞である。「さても」という言葉を使った長唄は山ほどある。例をあげると
【舌出し三番叟】
  花が咲き候 黄金の花が てんこちない 今を盛りと咲き匂ふ てもさても 見事な黄金花
【藤音頭】
  うちの男松に からんでしめて てもさても 十返りという名のにくや かへるという 忌み言葉

 チモさんには、他人を驚かせ、感動させるようなところがあったのかもしれない。「ても」という名前にはそんな意味合いも込められているのかもしれない。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 最近 最も感動した話! | トップ | 人知れず ひっそりと佇む 記... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
富永登茂さん (野川ふきこ)
2014-01-10 12:09:38
寒中お見舞い申し上げます。先日は「春日三丁目おてもやん公園」の件で、貴ブログにてご紹介頂き、ありがとうございました。

私も小山先生の著書「おてもやん」拝読しました。
ご推論、そうだと思います。唄は永久に残るモノ、色々考えて別名にされたのかもしれませんね。

謎は大きいです、色々推論、空想するのは楽しです、お邪魔しました^^
Re:富永登茂さん (FUSA)
2014-01-10 14:04:59
寒中お見舞いありがとうございます!
昨日今日と底冷えしますね!
つい30年ほど前に出版された「熊本県大百科事典」にも「おてもやん」の作者として永田イネの名前が全く出てこないのは、複雑な家庭事情ゆえに関係者が永い間、口を閉ざしていたからなんでしょうね。
音楽をするにあたって (guitarrakao)
2014-08-09 13:57:09
はじめまして 大分で クラシックギターduoをしているものです。今回 おてもやんをギターで弾くにあたって 調べていたら、小川氏の記事と 貴ブログへ行きあたりました。

好きだ なんたらの ういた恋物語ではなく、
おてもやんの 歌に秘められる 作曲者の意図が
あると思うと 弾く場合の解釈も変わってきます。

11月にこの曲を 大分の安心院というところで 弾きます。チモさん てもやん そしてイネの思いを 表向きは楽しい 拍子に載せながら 切ない秘めた思いも 音に載せてみたいと思いますありがとうございました。
Re: guitarrakaoさま (FUSA)
2014-08-09 14:53:11
コメントありがとうございます!
まさかクラシックギターの演奏家からコメントいただくとは思いませんでした。
「おてもやん」の裏面にまでご留意いただきありがとうございます。底抜けに明るいのがこの唄の特徴でもありますので、安心院での演奏会が楽しい演奏会になりますことを心から祈念いたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽芸能」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事