別冊 よもやまツレヅレ・・・

野菜好きの主婦が綴る、おもに名古屋と東京のグルメ情報です。

『馳走和醸 すぎ(ちそうわじょうすぎ)』(丸の内_名古屋)

2011年12月31日 | 日本料理&鰻(名古屋)
http://ameblo.jp/chisou-wajyou/
http://meieki.keizai.biz/headline/1495/

地下鉄で国際センター駅と丸の内駅の中間ほど、
ビル街の一角にたたずむ割烹さん。


暖簾をくぐり、こぎれいな石畳のアプローチを進み、
温もりの感じられる一枚板のカウンターへ。

利き酒師でもあるご主人は、
東京や京都の料亭でも修行された一流のお料理人さんです。

今夏ごろに開業した新店ですが、
まるで長年にわたるかのような落ち着いた雰囲気。

夜はおまかせコースのみ、
お酒のリクエストも楽しみながらいただけるお料理です。

(献立)
・先付八寸
  有頭海老の蒸し、ばい貝、白魚の白和え、豚の酢モツ、
  サーモンとクリームチーズの青菜寿司、半熟玉子、
  赤なまこと飛び子の酢のもの、烏賊と山芋の酢味噌和え
・お造り 鮪、甘海老、白身、〆鯖、鱈白子
・マテ貝の蒸し煮 水菜と大根
・天然クエの鍋
・ごま鯖茶漬け
(夜のおまかせ5000円也)






純米大吟醸は、ご主人おすすめの、
福井の「白岳仙(はくがくせん)」と栃木の「大那(だいな)」と。



どちらもすっきりとして、魚介のお料理に好くあいます。

八寸のひとつひとつがとても丁寧で、
これが前菜とは思えない充実のひと皿。

造りには土佐醤油と梅酢が添えらえるので、お魚にあわせて。

いままでいただく機会のなかった、
マテ貝やクエの美味しさも堪能できて大満足でした。

食後の甘味はいっさい付かないので、
やはり美味しいお酒といただくのに徹底するのがよさそう。

ちょっとそこまで、贅沢な晩酌を…
ふらりとまた立ち寄りたいお店です
コメント

『Triskele(トリスケル)』(東区泉_名古屋)

2011年12月31日 | フレンチ(名古屋)
[フレンチ・ビストロ]

参考サイト:
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230104/23037510/
(市営地下鉄高岳駅から徒歩)

こちらは、二度目のご訪問。

(メニュー)
・三元豚の自家製ロースハムとラングドック産オリーブ
・前菜盛り合わせ グリーンサラダ添え
   自家製ベーコンとコンテチーズのキッシュ
   ニュージーランド産キングサーモンの自家燻製
・ジビエのテリーヌ 林檎と金柑のコンフィチュール、無花果添え
・土磨自然農園のすくな南瓜のポタージュ
・三重県産アオハタのポワレ 里芋の大理石仕立て
・オーストラリア産仔羊と野菜のロースト
・自家製パン
・栗のフォンダンとアイスクリーム
・食後のコーヒーとプティフール
(アラカルト 1人分約7500円也、税・サ・ドリンク別)









フルーティなアルザスのリースリング白と

チーズのキッシュとスモークサーモンは前回にとても気に入って、
今回も迷わずにオーダーしたもの。

先付に出されたハムとオリーブはいずれもクセになる味。

テリーヌに使われるのは、山うずらや鳩肉、豚肉など…
ちょうど良い味わいになっていてブリオッシュの甘みと好くあいます。

今回のご訪問で嬉しかったのは、
いろいろとお勉強の機会をいただいている、野菜ソムリエ農家の、
土磨自然農園さんの野菜たちにもたくさん出会えたこと

「土磨自然農園」:
http://www.doma-vege.com/index.html

美味しくて希少価値の高い野菜にこだわりのあるレストランが、
多く契約している農園さんです。

お店では半年ほど前から仕入れを始めたそうで、
マダムも「あらご存知でしたか!」と驚かれていました

美味しいお野菜を、美味しいお料理でいただけること…、
心から幸せなひとときです。

デザートももちろん絶品

シェフがかつて修行されたこともあるという南仏のコルシカ島は、
栗が名産だそうで、フォンダンもよく作られるお菓子とのこと。

生地とクリームに使われる栗粉もフランス産で、
和栗とはひと味違ったコクと深みが味わえます。

なかからとろりと溢れだす、たっぷりの温かなマロンクリームが、
生地と馴染み口中に広がってとっても美味しい

きっといつ訪れても、気品あふれるビストロです
コメント