別冊 よもやまツレヅレ・・・

野菜好きの主婦が綴る、おもに名古屋と東京のグルメ情報です。

『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』(六本木)

2008年10月31日 | フレンチ(東京)
http://www.robuchon.jp/roppongi/lateier.html
http://r.gnavi.co.jp/p806301/
(六本木ヒルズ ヒルサイド2F)

いわずもがなの六本木ヒルズで、
恵比寿のロブションとはひと味異なる、
都会テイストなロブション。こちらは二つ星

赤と黒を基調とした店内の、
巨大で広々と続くカウンター席が印象的。

カウンター前には、細長いガラスのショーケースに、
色とりどりの鮮やかなピーマンが飾られています。

ゴージャス感ある照明も、
食材やお料理が美しく美味しく映えるよう、
コントラストがきちんと計算されたレイアウト。

(メニュー)
・アミューズのパテとバゲット
・トマトの冷製ガスパチョ 手長海老のグリル
・肉厚椎茸とイベリコ豚のタルト ラルドの脂身添え
・和牛頬肉の煮込み グリーンマスタードソース
・パッションフルーツのムース パイナップルのグラス添え
・コーヒー&プティフールのチョコレートクッキー
(ランチコース 5400円也、サ別)







トマトや椎茸の香りがあたりにふんわり漂い、
野菜本来のうまみを大切にしたフレンチの品々。

牛肉とグリーンマスタードも、爽やかに好く合います。

いずれのお皿も食材の色味がうまくいかされて、
赤や緑と黄の艶やかなハーモニーがとても印象的。

店員さんはどなたも、いつもにこやかで、
場の雰囲気をやわらかく和ませてくれるのも魅力。

高級感ある彩りを添えながら、
「食べる」を追求したレストランです。
コメント

『モナリザ』(丸の内)

2008年10月31日 | フレンチ(東京)
http://www.monnalisa.co.jp/
http://r.gnavi.co.jp/g763345/
(東京駅下車、丸ビル36階)

白を基調とした、目いっぱいに明るい店内から、
開放的な全面窓には皇居の緑と都会のビル群が一望。

平日はお手頃なビジネスランチも展開しており、
商談や打ち合わせにも対応できる様子。
素敵なフレンチでビジネストークもいいですね

お客様に対する心遣い溢れるサービスが印象的で、
客層に応じたお料理の説明や声かけをしてくださいます。
とても和やかな空気のなかで、楽しませてもらいました。

(メニュー)
・アミューズのムース 南瓜・黒胡麻、チーズパイ
・宮崎県産ブリのカルパッチョ マスタードソース
・栗のポタージュ仕立て フォワグラのフラン添え
・鹿児島産六白豚のグリエ 薩摩芋のニョッキ添え
・デザート盛りあわせ(トマトのジュレ、アプリコットムース等)
・タイムのアイスとオレンジのソルベ
・コーヒー
・ジャスミンのハーブティー
(ランチコース 4800円也、税サ別)









辛口ながらほんのりフルーティな白ワインと。

今回のコースでは、
鹿児島産『六白豚(ろっぱくぶた)』がいちおし

店員さん曰く、世界に誇れる最上の黒豚、
「イベリコにも負けてません」と胸を張れるほど。

ポワロー葱が添えられ、香ばしくグリルされたお肉は、
牛肉と見紛うやわらかさに、やさしくもコクのある味わい。
とってもジューシーです。

薩摩芋のニョッキと絶妙な取りあわせで、
見事なフレンチのひと皿になっていました。

ほのかに甘みのある、栗のポタージュも秋を呼んで、
カップの底面に蒸し煮にして敷かれたフォアグラと、
とっても好く合います。

自家製パンには、オリーブ油とバルサミコ酢、
それに黒胡椒をブレンドしたソースをつけて。
ツナと黒オリーブのパテも小皿で添えられています。

お料理とコーヒーのあとは、さらにハーブティーも出されます。
「消化を助けるため」の思いやりの一杯だそう。嬉しいですね。

優しいデザインで心温まるアートな食器の数々も、
メニューをさらに豊かなものにしてくれて、楽しめました。
コメント