別冊 よもやまツレヅレ・・・

野菜好きの主婦が綴る、おもに名古屋と東京のグルメ情報です。

『銀座ラ・トゥール』(銀座)

2008年08月31日 | フレンチ(東京)
http://www.ginzalatour.com/

パリと東京のトゥール・ダルジャンにて、
長年の経験を経たシェフのお店。

場所は銀座のバーニーズ・ニューヨークと同じビル上階。

高級感と気品のあふれるテーブルなど、調度品に囲まれながら、
素敵な食器に運ばれて楽しむ食事の数々です。

神楽坂にある姉妹店の「ラ・トゥーエル」と同様、
洗練されたギャルソンの、とても丁寧なおもてなしが印象的。

(メニュー)
・牛肉のカルパッチョ マスタードソース添え
・フォアグラのマリアージュ 3種の調理法
  (ブリュレ、パルフェ、ポアレ)
・イトヨリのポワレ オマール海老のソース
・鶏の温かいコンソメポタージュ
・前沢牛のパイ包み焼き モリーユ茸のソース
・デザート盛り合わせ、コーヒー
(ランチコース6500円也 税込・サ別)
 ※前菜とメインは選択可能。










こちらのコースでは、
フォアグラのヴァリエーションがとくにおすすめ。

三種各々が、温度もなめらかさも異なって、
個性的な仕上がりになっています。
フルーツの酸味との意外な好相性も楽しめるひと皿。

いずれのメニューも、食材のうま味が凝縮されています。

パンはお水を使わずに、ミルクだけで焼き上げて、
風味が豊かでとってもフワフワ。

ひさびさに、お肉とお魚がたっぷりの、
お昼間にいただいておきたいボリュームラインでしたが、
とても美味しくて、あっさりといただいてしまいました
コメント

『中嶋』(新宿)

2008年08月31日 | 日本料理(東京)
http://www.shinjyuku-nakajima.com/
http://g.pia.co.jp/front/contents/pumadarude/SH913012

メディアでも幅広く有名な、中嶋貞治さんのお店。

親子三代にわたり、
一流の料理人の技を受け継ぐ、日本料理の正統派

店奥にはたくさんのお弟子さん方が控えており、
カウンターからは、ほどよい緊張感と熱気が漂います。

(献立)
・胡麻豆腐(海老、山葵)
・小茄子の煮物、蛸の柔らか煮
・姫さざえ、めあじの揚げ物
・空豆の呉汁
・お造り(鮪、鰈、鯵寿司)
・アイナメの揚げ煮 しし唐添え
・もずく酢の鉢
・鰈の昆布〆茶漬け
・甘味(キャラメルアイス)
(昼の懐石コース5000円也 税・サ別)









季節の魚介と野菜が丁寧に扱われて、
おのおのに合った出汁が好く効いた品々。

空豆の汁物には蛤(ハマグリ)のお出汁が使われて、
こうした相性のよさも新鮮な味わい。

小さなひと皿にも細やかな気遣いが感じられます。

店内は、とても気さくで居心地のよい雰囲気に、
女将さん方が気品よくサービスしてくださいます。

コースにしては、
かかる時間が一時間半弱と、やや短めでしたが、
新宿の場所柄、それが適当なのでしょうか
コメント