別冊 よもやまツレヅレ・・・

野菜好きの主婦が綴る、おもに名古屋と東京のグルメ情報です。

『Restaurant Satoshi.F(サトシ エフ)』(岐阜駅_岐阜)

2012年03月31日 | その他の地域♪
[フレンチ]

(参考サイト)
http://ameblo.jp/satoshifuruta/ [レストランブログ]
http://r.tabelog.com/gifu/A2101/A210101/21007932/
http://www.gifucomi.net/shop/shop.shtml?s=977

岐阜駅から金華山方面に徒歩10分程度。

市街を歩くとふとあらわれる、古民家を改装したレストランは、
さりげない暖簾の間口で知る人ぞ知る銘店の造り。



畳の間の個室で、ゆるりと素敵なランチを楽しみました。

(メニュー)
・燻製半熟うずらと金華ハムのスープ
・井深農園の無農薬野菜のサラダ エメンタールチーズのソース
・玉葱のキャラメリゼ フォアグラのソース
・山葵のグラニテ
・仏ルーアン鴨のロースト チョロギと紅芯蕪
・自家製アンチョビのフォカッチャとミニパン
・林檎のタルトとバニラアイスクリーム
・食後のコーヒー
(ランチコース5500円也、税・サ別)
※通常では魚と肉のフルコース
 →年始仕様のためディナー向けのお肉料理のみ









アルザスワインのゲヴェルツトラミネールと

フルーティで透明感と爽やかな酸味ある白ワインが、
繊細でしなやかなお料理とよくあいます。

アミューズのグラスは二重になっており、
下段のグラスには桜チップを燻製した煙がたっぷりで、
上のグラスを外し、立ち上る香りを楽しみながらいただきます。

もちろん、燻製うずらもハム味のスープもとっても美味しい。

サラダは食べる直前にかけてくださるチーズのソースで、
葉物や根菜のバラエティ溢れるお野菜たちが、
あたたかみを増して、味わい豊かに。

鴨のむね肉をローストしたのは、焼き加減が絶妙によくて、
噛むほどに上品な旨みが口中にひろがる幸せなひと皿です

静寂の空間で心もしずかにいただける美味しいお料理と、
ていねいなサービスが印象的。

とても居心地のよい、古民家レストランでした
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『Loire(ロワール)名古屋東... | トップ | 『Gourmands(グルマン)』(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他の地域♪」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事