別冊 よもやまツレヅレ・・・

おもに名古屋と東京の食べ歩き日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『胡豆昆(ごずこん)』(丸の内_名古屋)

2012年10月22日 | 日本料理&鰻(名古屋)
http://gozukon.com/
(地下鉄鶴舞線・桜通線 丸の内下車)

名古屋城下を南北につなぐ伏見通りから、
京町筋(京町通り)を少し入ったあたり。

物静かなたたずまいの店構えの店内は、
カウンターの奥にテーブル席と個室の空間が広がります。

店の名のとおり、胡麻と大豆と昆布、
そして食材の味わいや色味が大切に丁寧に扱われた和食の数々。

職場でいつもお世話になっている上司に奨められて、
とってもお手頃で、素敵なランチをいただきました

(献立)
・胡麻豆腐
・いろいろきのこのスープ
・蓮根のはさみ揚げ
・おばんざいいろいろ
  牛蒡の煮物凍豆腐巻き、揚長芋の磯焼、海老チリソース煮
  丸十のレモンうこん煮、昆布入出汁巻玉子、馬鈴薯カステラ肉味噌
  梨と海老チーズ衣和え、茄子の揚げ煮、丹波黒豆つや煮
  日高昆布有馬煮、もずく酢と針生姜、糸豆腐と海素麺胡麻風味
  鮭の幽庵塩糀焼、海の幸鮪とサーモン海藻和え
・白飯とお新香
・生海苔の呉汁
・胡豆昆ふりかけ
・食後の冷しぜんざいとわらび餅、胡麻んぼう
(ランチコース3000円也、税・サ込)







爽やかな甘さが印象的な無花果の果実酢と。


色とりどりのお料理が、長角の一枚皿に敷き詰められて、
宝石をならべたようなわくわくと楽しいひととき。

ひとつひとつがとっても丁寧な仕上がりで美味しい



自宅近くにありながら、これまでは知らずにいましたが、
リピート決定の一軒になりました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『オーベルジュ・ド・リル名... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本料理&鰻(名古屋)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事