別冊 よもやまツレヅレ・・・

野菜好きの主婦が綴る、おもに名古屋と東京のグルメ情報です。

『La Lune(ラ・リューン)』(麻布十番)

2009年10月13日 | フレンチ(東京)
[別冊のみ掲載]
http://www.la-lune.net/

こちらへは、およそ3年ぶりに二度目のご訪問が叶いました。

お食事前のテーブルには、
秋の落ち葉とほおずきが飾られた角皿がセッティングされて、
温かく出迎えてくれます。

卓上の大ぶりな生花からは、少し日本的な雰囲気も醸し出され、
お月見の季節ながらのムードが感じられます。

テーブル席からは、少し離れたオープンキッチンに、
颯爽と立ち回るシェフの姿がうかがえて、
親しみをこめて接してくださるホールの方も素敵。

(メニュー)
・鶏のリエット オリーブ 自家製パン
・秋刀魚のあぶり焼きとキタムラサキ
       パッションフルーツのソース
・セップ茸のスープ カプチーノ仕立て
・つくば茜地鶏のロースト バニラと南瓜のソース
・自家製和栗のモンブラン ヨーグルトのアイス
・食後のコーヒー、プティフール
(夜のコース4500円也、税・サ別)









食前酒には洋梨とシャンパンのカクテル、
メイン料理には、ソーヴィニヨンブランと

秋刀魚のジューシーな焼き味がクセになりそうで、
野菜とともに、たっぷりの盛りつけにも大満足。

なんといっても
前回もいただいたセップ茸のスープに、ふたたび出会えたこと。
(※セップ茸(仏)=ポルチーニ茸(伊))

変わらぬ味わいが美味しくて、嬉しくいただきました

茜地鶏も味わいの深いこと。
まるで満月のような黄色いソースとも好く合います。

つるむらさきとモロッコインゲンの付け合せも美味しい。

デザートは、
黒いお皿がまるで三日月を象るように粉糖で飾られて、
そんな粋なはからいが、とってもお洒落ですね。

コーヒーはとくに厳選された上質の豆を挽いていただき、
おかわりもできるポットにたっぷりと、
食後のカフェタイムもゆっくり楽しめるお心遣い。

お店の方々もまめにお声をかけてくださり、
楽しい時間を過ごさせていただきました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『ハーゲンダッツ ラ メゾン ... | トップ | 『すきやばし次郎』(銀座) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フレンチ(東京)」カテゴリの最新記事