別冊 よもやまツレヅレ・・・

野菜好きの主婦が綴る、おもに名古屋と東京のグルメ情報です。

『ヘイフンテラス』(ペニンシュラ東京)

2009年03月31日 | 中国料理(東京)
【広東料理】
http://www.peninsula.com/tokyo/jp/default.aspx

こちらは、昨年に訪れた香港ペニンシュラの、
嘉麟樓(スプリングムーン)』の姉妹店。

香港と同じく、ホテルの2階に位置しています。

店内のテーブル席をぐるりと通って、奥まで進めば、
そこからは石畳の通路に面した二人用の半個室の空間に。

まるで中国のちょっとした路地裏で、
人の往来を眺めながら、お料理をいただく優雅な時間。

むろん「人」というのは、こちらでは店員さんのことですが、
どの方も機敏かつ颯爽とサービスを展開してくれます。

(メニュー)
・前菜 海老韮餃子、海老焼売、叉焼、水母の和え物
・海鮮のフカヒレスープ
・帆立貝と海老のトーチー炒め
・白アスパラガスのとほうれん草の蟹あんかけ(※写真無し)
・長葱と叉焼の玉子麺
・杏仁豆腐 苺添え
(昼のシェフコース5680円也 税・ドリンク別)









今回は、キンモクセイのお茶と一緒にいただきました。

お料理は、素材の味が生きて、
とくに野菜の味わいが充分に楽しめるコース。

炒め料理のスナックエンドウや炒め煮の白アスパラなど、
春先らしく大人味な青々感に、しっかりとした歯ざわり。

魚介ももちろん旨みたっぷりで、いただけます。
極細でコシの強い玉子麺も、具材と油が好く絡んで美味しい。

テーブルには、おつまみ用に胡桃の砂糖がけと、
お好みで加える豆板醤の小皿が出されるのも本場仕様。

ふたりきりの時間が存分に楽しめる座席は、
デートなどに、ぜひおすすめです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『ルグドゥノム ブション ... | トップ | 『薬膳料理 10-ZEN』(品川) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国料理(東京)」カテゴリの最新記事