初めてブログなるものを…

つれづれなるままに、始めてみます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お金は銀行に預けるな

2007-12-28 18:43:20 | 読書記録
たまっていた読書記録もぼちぼちと。

この本は、私も参加させていただいている働くお母さんの会員制サイトの立ち上げから運営をされている勝間和代さんの著書なので、友達もあちこちで、読書記録を書いてますが。

まず、私はまさしくこの本に書いてある
「お金のことを人とあからさまに話すのは恥ずかしい」とか「同じ1万円を稼ぐにも、汗を流して稼いだ1万円の方が、お金を運用することで得た1万円よりも尊い」という価値観で生きてきました。だから、「お金の運用」なんて考えてはいけないことだ、隣でオットが新聞とネットと行き来しながら、「得した、損した」なんて言ってても、「関西人だからねぇ~」と冷ややかに見ていたものです。
だから、お金に関する本を手に取ったのは、はじめて。

ふむ、そういう価値観は愚かなことなのか。

根底から覆されます。
でもねぇ、半世紀近く培ってきた価値観をそんな簡単に覆していいものか?
まったく根拠のない「意地」もあり。
「いや、しかし、お金が増えた減ったと一喜一憂するのも、しんどいじゃん。」と抵抗しながら、読み進めて行きました。

で、つぼは、ここ。
「金融には、政治と同じように社会を変えうる力がある。」ということ。「社会責任投資(SRI)」というものは、社会的道徳的に貢献していく企業に個人が投資することによって、社会が良い方向に向かっていくことができるんだそうです。
こう言われると、お金に囚われて1円でも多く自分のお金を増やしたいという私欲だけではなくなるので、なんか大義名分立っちゃいますね。
おまけに投票で小さな一票を投じるより、なんだか影響力ありそう(いや、そんな影響を与えられるほどの金額を投じられるわけじゃないけど、時期だって選挙のときだけじゃなくいつだってできるしね、やめることも、変えることも自由だし)な気がしてきます。

そう、社会貢献ですから、損しても文句言いっこなしです。

ちょっと勉強してみようかしら?、一歩進んでみようかしら?と思わせられてしまいました。
さて、私は、一歩進むでしょうか?

コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 一足お先に | トップ | イタリア土産 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くらむぼん)
2007-12-28 20:23:22
わたしは典型的な”お金の話をするなんて恥ずかしい”という育てられ方をして、結果お金の運用も管理もまるでできないアホな浪費家に育ってしまいました。。お金の教育ってとても大切だと思う。
そして夫はわたしの対極で、この本のようなタイプ。
くやしいがやっぱりそちらのほうが正しいと思う。しかし自分でやるとなると皆目検討もつかない。
それでもわたしも一歩進みたいと思っています。
Unknown (美鈴)
2007-12-28 21:34:57
私の最近の仕事は、そのSRIに組み込まれる会社になる(あり続ける)ためにがんばることだったりしています。でもこれが1票より重いのかどうかは、よくわかりません。

個人的にはお金の運用とかって面倒(そんな暇があったら仕事するかぁ)という意識が強いのですが、これじゃだめなんでしょうね。
Unknown (たこあじゃぱ)
2007-12-28 21:35:10
私は会社の年金制度が変わったときに
ちょっとばかり価値観が変わりました。

そのタイミングで勉強しました。

ちょっとやそっとの損得でジタバタしないのが、
投資するときの心得だって分かったのは、
ジタバタした後でしたが。
そういう経験はやってみないと分からないもの。

いまは、お金も時間も、そんな余裕が無くて
法ってあるばかりですが、もう一度思い出す良い機会でした。

当時よくチェックしていたサイトがここ。
http://www.best-investor.com/
久しぶりに見たら、ますますパワーアップしていました。

一歩進むなら、
まずネット証券に口座を開設するのが良いと思います。
本当にお金を投資しなくても、
ポートフォリオを組んでゴッコができます。

って、夫さんが既にレクチャーしているかな?
Unknown (くらら)
2007-12-29 10:01:04
>くらむぼん
お~、お仲間がいましたか。
何か、一家に一人いればいいような気もするんだよね、運用できる人。
なんて、依存してはいかんか、一緒にがんばりましょう。

>美鈴
社会貢献になる仕事、憧れます。今の仕事はちっとも世の中のためになっていない気がして、モチベーション下がったりします。「そんな暇あったら仕事」って発想は、だめらしいですよ。まあ、なんと言われても「そんなの関係ねぇ」と自分の生き方を貫くのも正しいかも。

>たこあじゃぱ
オットのレクチャーってのが大嫌いな私。ひそかに勉強してギャフンといわせたい(ゴルフもね)。
でも勉強も嫌いなのだ。
いろいろ教えてくださいませ。

コメントを投稿

読書記録」カテゴリの最新記事