キツツキのドラミング

思い付くまま, 気が付くまま・・

不徳の致す所

2019-03-30 17:07:46 | Weblog

 やっと20人になった石破茂派が19人に減った。これも石破の『不徳の致す所』だろう。石崎徹衆院議員(比例北陸信越、当選3回)が派閥を退会したからだ。石崎は派閥内の活動に対して評価しない石破に不満を抱いたからだという。先に古川禎久衆院議員も派閥の事務総長を辞任している。自民党総裁選に立候補するには20人の推薦人が必要だ。昨年9月の総裁選でも石破は頭数が足りず無派閥議員などに三拝九拝して石破は安倍の対抗馬になれた。総裁選で石破は野党も顔負けするような安倍の政策や政治姿勢を強く批判した結果、直後の内閣改造・党役員人事では石破派の連中の多くが冷飯を喰わされている。いわゆる『干される』という奴だ。  安倍首相は第4次安倍改造内閣にまだ当選3回の山下貴司を一本釣りして法務相に任命してしまった。石破派事務総長を務める田村憲久は「仲間を増やしていこうという意識はある」と語っているが問題は御大石破の人徳のなさではないか。恩ある先輩を裏切り、自民党を見限って出たと思えばまた入る。政界遊泳術では信用は得られない。  石破を遠から眺めている自民党員や国民などには実態は判らない。日本一の富士山と同じだ。遠望は美しいが山に行けば決して綺麗ではない。  求心力を失いつつある石破に愛想を尽かした議員が連鎖反応を起こしかねない。この石破とは対照的に二階派には次々議員が転がり込んで派閥を膨らましている。旧民主党の細野豪志も草鞋を脱ぐ始末。選挙区問題で細田派と悶着を起こしている。小沢一郎の子分だった二階俊博に人徳があるかないかは判らないが政治は数だ。二階の主義は『来る者は拒まず』のようだ。 写真は満開の横浜緋桜、咲きだした染井吉野

コメント   この記事についてブログを書く
« 見よ!!品格のある女性議員を | トップ | リップサービスが命取り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事