社民党 京都府連合 野崎靖仁 副主席語録
社民党 京都府連合 幹事長・政策審議会長(近畿ブロック協議会副議長) 野崎靖仁、49歳。
日々の思いを綴ります。
 





ダライ・ラマ法王が来日中です。

法王は日本での記者会見で、自身への批判があることに言及しました。

「チベットで私のやり方に批判」ダライ・ラマ14世
(MSN産経ニュース 2008.11.3 18:30)

法王は「高度な自治」を求めていますが、
やはり「チベット独立」を主張する急進派が存在することも事実です。



先日、大学時代の友人が送ってくれた雑誌『わしズム』の
「ダライ・ラマ14世に異議あり」には、
在日亡命チベット人へのインタビューなどが掲載されており、
独立派の意見を知ることができます。

中国は、法王の「高度な自治」の要求に対し、
従来の主張を繰り返しました。

中国、ダライ・ラマ側の要求を拒否
(MSN産経ニュース 2008.11.6 19:49)

チベット亡命政府の主張する「チベット」は、
チベット自治区のみならすチベット族の住む地域を含むため、
中国としても容易に受け入れがたいのでしょう。

胡耀邦のような開明的な指導者の登場に期待する、
というのは現実的ではありません。

法王の苦しいご心中をお察しします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )