野坂屋旅館

自然の豊かな小さな町で、不知火海で獲れた天然の美味しいお魚をメインに、四季折々のお料理をお客様にお出しします。

不知火海の夕景 時間経過とともに

2021-02-17 09:02:28 | Weblog

野坂屋旅館のホームページ

 

 

昨日の不知火海の夕景です。

時間経過とともにすこしずつ変化して行きました。

約30分の間の至福の時間です。

不知火海は海水の入れ替わりが少なくて、瀬戸内海の滞留率が11%に対して、不知火海は60数%です。

かなりの滞留率だという事が分かります。

不知火海の周辺で、工場がある都市は八代と鹿児島の出水市だけで、あとはほとんどリアス式海岸で、自然の恵みが不知火海に流れ込んで、不知火海の魚や、牡蠣が美味しくなります。

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 緋寒桜満開 | トップ | 1番乗りを取られた(笑) 佐敷... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事