野坂屋旅館

自然の豊かな小さな町で、不知火海で獲れた天然の美味しいお魚をメインに、四季折々のお料理をお客様にお出しします。

路傍の石のその後のお話

2010-11-26 15:56:42 | Weblog
今日はお昼から同級会の宴会があって、調理の仕事をしていると、
受付のスタッフから、「社長に上野様って、お客様です。」って呼び出しがありまして、
玄関に出ました。

するとご近所にお住まいの上野様で、
「お宅はブログをしていますね。うちの息子がノルウェーでお宅のブログを見て、メールが来ました。」との事。
すると、路傍の石っていうタイトルのブログが、上野様のお宅で、18年飼われていた犬の首輪だけ
毎朝散歩で来ていた旧国道の道脇に埋められて、石を建てられたそうなのです。

また、その犬は息子さんが真和高校の時に、拾われてきた「ちびまる」という犬だった事もお伺いしました。

実は私の息子も真和中学に行っていまして、つい最近真和高校の創立50周年で演奏会が行われ、
バイオリンを演奏された上野清輝さんだという事を初めて知りました。

佐敷中学から、真和高校に進学されて、世界的なバイオリニストになっていらっしゃる方がいらっしゃるのは知っていたのですが、
その方のお母様とは、10年くらい前から旧国道で朝の散歩の時にお会いしていました。
その時の犬の首輪を、ご主人が旧国道でも見渡しの良い場所に埋められたそうです。

ですから、そのお話と、私のブログがリンクされてもしやとご確認にいらっしゃいました。

野坂屋旅館のブログが、ノルウェーで見ていただいている事。
とても嬉しくて記事にさせて、いただきました。

以前は私の妹もモザンビークで野坂屋旅館のブログを見ていました。
今は見れなくなったそうですが、世界はリアルタイムでつながっているのですね。

せっかくですから上野清輝氏のご紹介をさせていただきます。
昭和48年に佐敷でお生まれになり、佐敷中を卒業後、真和高校に進学されて、
東京芸術大学器楽科を卒業されて、現在はトロンハイム(ノルウェー)オーケストラで
コンサートマスターを務められて、世界中で演奏されています。

日本語のブログもされていますので、ご興味があられる方はぜひ検索してみてください。

詳しい経歴は、真和高校のホームページにあります。
コメント   この記事についてブログを書く
« 宝石のような落ち葉達 | トップ | 割籠(わりご)弁当の注文 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事