気ままな歳時記

 気ままに日々の出来事を写真で綴っていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ビストロ・タイ』さんでグリーンカレー

2013年05月31日 20時31分22秒 | 日々の出来事
 青葉区本町付近でのカレー第3弾は,2013年05月09日に紹介した「サフラン」さん隣にある『ビストロ・タイ』さんで,カレーを頂きました。

 頼んだのは,ランチメニューにある「グリーンカレー(790円)」で,最初にサラダが出てきますが,その後で,大きなプレートにカレーとライスが乗ったものが出てきます。

 ライスは,日本米で普通に食べやすい物で,カレーはスープカレーのような感じですが,味は香辛料は効いていますが,食べやすい味で,鶏肉,タケノコ,ナス,ピーマン,パプリカなど野菜もたっぷりで,辛さも丁度良い感じで,美味しいカレーでした。

 夜は,色々なカレーメニューがあるようですが,ランチのカレーでは,この「グリーンカレー」が人気のようで,他に台湾ラーメンや春雨ラーメンもあるので,次回,是非麺も食べてみたいですね。

 『ビストロ・タイ』さんの外観


 店外のランチメニュー


 ランチメニュー表


 グリーンカレー(790円)


 グリーンカレーのアップ


 サラダ
コメント (2)

職場の弁当

2013年05月30日 20時48分33秒 | ワンコインランチ&お得なランチ
 職場に色々な弁当屋さんが来ますが,私が気に入っているのは,書き方が分かりませんが「にんじん」さんというおばさんが売りに来る弁当で,焼き魚,肉のカツ関係,肉か魚の炒め物の3種類ですが,今日は,“ヒレカツ弁当”でした。

 “ロースカツ弁当”も人気があるようで,うちの職場に来る前に売り切れてしまうこともあるのですが,今日のヒレカツは,かなりの数を作ってきてようで,7人中6人がヒレカツを買ったのですが,まだ余裕があったようでした。

 弁当は値段が450円で,‘ふりかけ’と‘みそ汁or中華スープorゆずのお吸い物’が付いていて,ご飯の大盛り+ふりかけ1ヶプラスでも同じ値段なので,若い人は嬉しいようです。

 “ヒレカツ定食”のカツは結構の大きさで,厚さも食べやすくボリュームもあり,柔らかく3つ入っていて,大根の煮物,わかめとちくわの酢の物なども付いていて,大満足のランチでした。

 「にんじん」さんのヒレカツ弁当(450円)


 フリカけをかけたご飯


 ゆずのお吸い物


 ヒレカツのアップ
コメント (2)

岩沼の『麺組』で久々にランチ

2013年05月27日 21時07分42秒 | ある日の麺喰
 今日は久々に岩沼に行ったので,待つのを覚悟で『麺組』でラーメンを頂くことにしたのですが,時間が12時15分を回っていたので,果たしていつラーメンを食べることが出来るか不安がありました。

 待つこと40分で店内に入ることが出来ましたが,なかなか順番が回ってこないのは,カウンターも小上がりもゆったりとしていて,相席をさせないポリシーのようで,皆さん落ち着いて食べているせいで,お客さんの回転率が悪いようですね。

 今回は,「鶏だし醤油ラーメン(700円)」を頼んだのですが,出てきたラーメンは,鶏のチャーシューが3枚乗っていて,スープは鶏だしの効いた濃厚な味で,鶏だしが効いた美味しいスープが中細麺によく絡み,相変わらず満足のいく一杯でした。

 前回,2012年01月26日に来たときは魚介系の「焼き干らーめん」を,その前の2008年01月31日には「味噌らーめん(辛味付き)」を頂いたので,どれを食べてもいつも高水準のラーメンで,当たりはずれがない,良いラーメン屋さんだと改めて感じました。

 しかし,美味しいものを食べるのにこんなに待たなくはいけないのが玉に瑕ですが,また並んでも食べたくのは確実ですので,近いうちに来ることになると思いました。

 麺組の外観


 メニュー


 「鶏だし醤油ラーメン(700円)」


 中細麺アップ
コメント (2)

『東京スカイツリー』開業から一周年

2013年05月26日 19時51分27秒 | 日々の出来事
 「東京スカイツリー」は,平成24年5月22日に東京都墨田区押上に開業した電波塔に有り,観光・商業施設やオフィスビルが併設されていて,周辺施設は「東京スカイツリータウン」と呼ばれているそうで,今月20日に634万人を突破したそうです。

 今回,一年経った次の日に東京に行ったのですが,押上まで行く時間が無くて,東新橋にある“汐留シティセンタービル”に登る機会があったので,ビルの8階から東京スカイツリーを撮りました。

 「東京スカイツリータウン」に一年間訪れた人が「東京ディズニーランド」を上回ったとは驚きですが,やはり日本人の金銭感覚がまだ麻痺していない事を確認できた気がします。

 両施設の入場料を比較すると,「東京スカイツリータウン」が「東京ディズニーランド」の半分で済むので,家族連れには助かりますが,子供達がどちらの施設を良く覚えているかが,問題な気がしますね。

 夜には,色々な色にライトアップされているようなのですが,人気の桜色に輝く「東京スカイツリー」を是非一度観たいと思いました。

 “汐留シティセンタービル”から観た「東京スカイツリー」は,これからの首都東京に相応しい威厳を持ち始めていて,50年間東京に君臨し続けた東京タワーは,今や東京のシンボルとなりました。
 
 “汐留シティセンタービル”から撮した東京タワーの写真が,心を慰めてくれますが,赤い色の東京タワーも捨てがたい良い物を持っていますね。

 “汐留シティセンタービル”から観た「東京スカイツリー」(その1)


  “汐留シティセンタービル”から観た「東京スカイツリー」(その2)
コメント (2)

『希望の芽2013in夢メッセ』

2013年05月25日 20時17分39秒 | 花々
 今日と明日の2日間開催されている『希望の芽2013in夢メッセ』は入場無料で,庭のデザインやエクステリアを手がける店が70店以上出店し,その他に花も数多く販売しているということで,早速行って来ました。

 この展示会は,約31万人もの方々が仮設住宅や借り上げ住宅などで不自由な生活を余儀なくされており,1日も早い本格復興が望まれおり,被災された東北の人達の為にガーデン,エクステリアの業界として何とかこれからの復興にお役に立ちたいと,考えての開催だそうです。

 会場の中に入ると,東北蘭展を彷彿させる熱気が充満していて,門や屋外のエクステリアを提案する店が多く,色々な物を展示していて,また,ボタニカルがーデーンを初めとする花屋さんが色々な花々や木々を販売していました。

 その店で売っていた,「ダンスパーティー」というアジサイは,「隅田の花火」という品種でもサカタから発売されている大振りの八重咲きのアジサイで,私は白い物を買ってきました。

 アジサイは,酸性だと青系に,アルカリ性だとピンク系になるのですが,この白い色を保つためには中性にする必要があるのでしょうか,ちょっと悩むところですね。

 あとは,昨年の冬に大事に育てた「ミモザ」が強く冷たい冬風で枯れてしまったのですが,今回,また大きめの「ミモザ」を購入し,同じ場所に黄色い花が沢山咲くように祈りながら植えました。

 『希望の芽2013in夢メッセ』の入口


 苔玉を作る店がありました


 ラベンダーを売る店


 結人の花壇


 結人の花壇のアップ


 ボタニカルガーデンさんのバラ


 (有)オフィスあんじゅさんの庭


 ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャの木)


 ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャの木)の花のアップ


 ダンスパーティー(隅田の花火)の青と白


 購入した「隅田の花火」の白
コメント (4)

『富久寿司』さん

2013年05月24日 21時22分52秒 | 日々の出来事
 イオン富谷店から国道4号を渡り,富ヶ丘の住宅街にある35年続いている寿司屋さんである『富久寿司』さんにお得なランチがあるというので行って来ました。

 店の横5台と向いのアパートの駐車場2台の7台の駐車スペースが有り,店内はカウンターと座敷が2間くらいあるので,結構な人数が入れるお店です。

 頼んだのは,35周年記念ランチ(1,260円)の握り寿司か海鮮丼で,アサリのお吸い物,茶碗蒸しと,食後にシフォンケーキが付いていました。(茶碗蒸しとシフォンケーキは,日によって無くなり次第,終了のようです)

 ネタは,握りと海鮮丼は一緒のようで,エビ,蒸しエビ,マグロ,中落ち,イカ,ホタテ,厚焼き卵,シャケで,握りも海鮮丼もボリュームたっぷりで,大満足のランチでした。

 食後に出たシフォンケーキは,女将さんの手作りのようで,甘さも塩梅が良くて美味しいケーキでした。

 『富久寿司』さんの外観


 『富久寿司』さんの玄関


 ランチ(にぎり寿司)1,260円


 ランチ(海鮮丼)1,260円


 アサリのすまし汁


 茶碗蒸し


 デザート


 ケーキのアップ
コメント (2)

平成25年度第2回 杜の都信用金庫『県民ロビーコンサート』

2013年05月22日 21時13分14秒 | 県民ロビー&県議会ラウンジコンサート
 今日は五月らしい良い天気の中,県庁ロビーで行われる,杜の都信用金庫『県民ロビーコンサート』に行って来ました。

 今回は,女性合唱団の「マリアベルハーモニー」で,向山幼稚園のお母さんサークルから発足したようで,結成20年とかなり年季の入った合唱団のようです。

 演奏曲目は,“秋のあじさい”,“ミュージカル「サウンドオブミュージック」より5曲”,“瑠璃色の地球”と,素晴らしい声をたっぷりと聴かせて頂きました。

 曲を歌うだけでなく,踊りなども織り交ぜながらの合唱は,聴いている人を優しい気持ちにしてくれる演奏会でした。

 マリアベルハーモニー(その1)


 マリアベルハーモニー(その2)


 マリアベルハーモニー(その3)
コメント (2)

セ・パ交流戦『VS東京ヤクルト』

2013年05月20日 20時23分20秒 | 頑張れ!楽天イーグルス
 昨日,セ・パ交流戦のヤクルト戦を観戦に久々にKスタに行って来ましたが,夕方から,いつ雨が降ってもおかしくない空模様でしたが,試合開始直後は雨が降らずホッとしました。

 セ・パ交流戦は,2連戦なので,日程が変則的になり,日曜日のナイターという次の日から仕事ということを考えるとちょっと辛い感じする試合でしたが,とにかく勝てばそういう気分も吹っ飛ぶのですが。

 試合は,八木投手と永井投手の踏ん張りというか,両チームが打たないというか,雨模様のせいか打線も湿ったままで,スコアボードにゼロ行進が5回まで続きました。

 途中から雨が降ったり止んだりしていましたが,7回以降は結構強い雨が降ってきたのですが,6回にようやく高須選手の犠牲フライで先制ましたが,その後も両チームの打線も湿りっぱなしでした。

 9回に雨が強くなり,試合が中断したところで,私達は球場を後にしましたが,その後,9回をラズナー投手が抑えて,楽天がそのまま勝ったことを聞いてとても良い気分で帰路に着くことができました。

 雨が降り続いた最悪の応援でしたが,永井投手のおかげで辛勝し,中日戦の嫌な連敗から,気分的に立ち直った感じになりました。(観衆:13,171人)

 ヤクルトの八木投手も6安打1失点の好投でした


 4安打無失点に抑えて今季初勝利をあげた永井投手


 この試合唯一の得点は,高須選手の犠牲フライでした


 この日2安打と一人気を吐いた銀次選手


 この日チャンスで凡打が続いた松井選手


 ヤクルトのキャラクター「つばみちゃん」
コメント (2)

チューリップコンサート“2013”

2013年05月18日 19時55分22秒 | 日々の出来事
 6年前にチューリップの結成35周年コンサートが,2007年10月14日に仙台サンプラザで行われ,当時,財津さんは,60才を迎えるので,ホールでのコンサートは出来なくなるでしょうと言っていましたが,65才を迎えた今年も同じ仙台サンプラザで40周年記念コンサートを開いてくれました。

 コンサートをしてくれるという,もうそれだけでも満足ですが,やはり生で,「虹とスニーカーの頃」,「心の旅」,「青春の影」を聴くことが出来るのことの方が幸せを感じるのは言うことありません。

 18時35分過ぎに始まったコンサートは,再結成後の曲や,あまりシングルとしては売れな買った曲が続き,途中の15分の休憩になりましたが,あまり盛り上がらずにトイレ休憩となりました。

 しかし,第二部は昔のヒットを織り交ぜながら,ノリノリにコンサートの終盤に入っていって,全盛時代のファンの乗りになっていって,「魔法の黄色い靴」を演奏する頃には,年齢がかなりいっているファンも疲れを見せることもなく,右の拳を突き上げていました。(明日が皆様心配ですね)

 6年前よりも当たり前ですが,6才年を取ったので,男性は定年を迎えた方が多く感じた他に,平日にもかかわらず平服の形が多く,連れの方もふくよかな女性が多い感じがしました。

 チューリップは,私も電力ホールで40年前に聴いて以来のファンですが,初期の「魔法の黄色い靴」,「銀の指輪」,「心の旅」が流行っていたのですが,私が大学を出て東京で働き始めた頃に久々に大ヒットした「虹とスニーカーの頃」は,今聴いても歌詞,曲,編曲,演奏とも最高ですね。

 前回も今回も演奏してくれなかったのですが,私の中ではチューリップのベスト5に入る「サボテンの花」が聴くことが出来なかったのが残念ですが,これからも元気でいる財津さんと姫野君がいる限り,コンサートを開いてくれるでしょうから,いつか聴くことが出来るのではないかと期待しましょう。

 40周年コンサートの袋と記念アルバムのパンフ

コメント (2)

『博多一凜』さん

2013年05月16日 20時32分48秒 | ある日の麺喰
 仙台の国分町の千松島パーキング隣にある『博多一凜』さんは,前は夜だけの営業だったのですが,昼間もやっているようなので,初めて入りました。

 この店は,本場博多の豚骨ラーメンで,長浜ラーメン,長浜ラーメン(黒),博多鶏中華の3種類(全て700円)だけですが,一番ノーマルな長浜ラーメンを頼みました。

 若い頃,2年ほど博多で過ごしたので,当時は何も入っていない博多ラーメンが300円で,たっぷりの紅ショウガと高菜を乗せて毎日食べていましたが,結構癖のある豚骨味でしたが,それが普通の博多ラーメンだと地元の人が言っていました。

 本場の長浜ラーメンですが,とても食べやすいクリーミーな豚骨スープに,紅ショウガ,高菜,ごまをたっぷりかけて頂く細麺は,美味しいラーメンでしたが,やはり東京や東北の人に合わせた味になっている気がしました。

 博多ラーメン定番の替え玉は100円で頼めるのですが,麺の硬さもバリカタ,ふつう,やわの3種類から選べますが,バリカタを頼んでいる人が多かった気がしました。

 『博多一凜』さんの外観


 メニュー


 長浜ラーメン(700円)


 麺アップ


 
コメント (2)