しまね農林水産情報

島根県庁農林水産総務のブログ!
“しまねの農林水産業のこと応援しちゃおうかな~”と、思っていただきたくて開設しています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

旬の魚 6月 エッチュウバイ(シロバイ) 

2017年06月12日 | 食・料理

 

PHOTO 左:シロバイ、右:シロバイのお刺し身

 

おなじみの旬魚シリーズです

6月の元松江水産事務所の○○氏の“つぶやき”は、

 「旬の魚 6月 エッチュウバイ(シロバイ) 」です。

 

エッチュウバイ、その名のとおり越中地方(富山県)や金沢方面では珍重され、特に祝い事の席に欠かせない縁起物として扱われているそうです

島根県ではあまり馴染みのない貝ですが、6月から8月はエッチュウバイの盛漁期であり、県内のスーパーでも見かける機会が増えると思います

今回ご紹介する料理方法はシンプルですが、歯ごたえ、甘み、旨味といったエッチュウバイの醍醐味が味わえる「刺身」です。

それでは、ご覧ください


 

旬の魚 6月 エッチュウバイ(シロバイ) 

   ~石見銀山世界遺産登録10周年の思い出~ 

 

梅雨前線が北上してくる季節になりました。何卒、温和しい梅雨でありますように、祈念。

さて今月は、エッチュウバイを紹介しましょう。島根県沖合の比較的深い180mから220mにひっそり(?)と生息し、隠岐島周辺ではほぼ周年、大田市沖では6月から8月の夏場に「かご漁業」で漁獲されます。馴染みがある名前はシロバイ、殻や身が白っぽいですよね。

このブログ、「旬の魚」は20098月からスタートしましたが、なつかしいですね、最初に紹介した水産物です。当時を思い出すに、石見銀山が世界遺産に登録されてまもなく、ここがチャンスと大田の水産物をブランド化するに「シロバイを“石見銀バイ”と銘打って観光客に新鮮なお刺し身を食べていただきましょう」とまじめに提案したのですが、響きが斬新(?)すぎたのでしょうか、一笑に付されたのを記憶しています。今年、2017年は石見銀山世界遺産登録10周年、大いに盛り上げましょう

と言うことで、二番煎じ気味になりますが、シロバイのお刺し身を食べましょうこれが、コリッとして、甘くて、旨いです、是非どうぞ。

作り方

活きたシロバイを購入(お刺し身を楽しむときは活貝で)

下ごしらえは2009.8のブログを参照にしてください

  http://blog.goo.ne.jp/nourinsui-shimane/e/04226520a0947bfb44d095b58f0753a0

 ぬめり取り→片栗粉は少々お値段が高めなので、多めの塩を使ってね。その際には水洗いをしっかりと。

 水気を取り、食べやすい大きさに切り、盛りつける

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 旬の魚  5月 ウルメイワ... | トップ | 旬の魚 6月の2 トビウオ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

食・料理」カテゴリの最新記事