獣害を裏返せ!

獣害に関する状況と対策の最新ニュース。他地区での取組や状況を知り、「マイナス」を「プラス」に転じよう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【110223】ノシシ:タケノコ守れ…捕獲用の竹檻が完成

2011年03月01日 | 獣害-対策:シカ・イノシシ
~ 転載 ~  有数のタケノコ産地として知られる北九州市小倉南区の合馬(おうま)地区で地元生産者らが22日、イノシシ捕獲用の竹の檻(おり)を完成させた。  JA北九東部地区本部によると、今年は裏年で1月に冷え込んだ影響もあり、タケノコの成長が遅い。その上、イノシシ被害が重なり、今年のこれまでの出荷量は月2~4キロにとどまり通常の裏年に比べても特に少ない。  区や地元出荷組合などが1月に開い . . . 本文を読む
コメント (1)

【110210】廃校活用の「温泉」「工房」 三重県大紀町

2011年03月01日 | 獣害-利用
~ 転載 ~ 鹿肉料理も楽しめる  廃校となった小学校舎を活用して、地域の活性化につなげている三重県大紀町の2施設を訪ねた。  旧阿曽小学校の木造校舎を改築し、近くに湧き出る天然温泉を引いて温浴施設とした町営の「阿曽温泉」。かつての教室が浴室や休憩室になり、「自分も自分の子も卒業した。思い入れは強い」と語る野瀬和朗さんをはじめ、同校卒業生を中心とした地域の60、70歳代が運営を支える。  泉 . . . 本文を読む
コメント

【110209】白老・南川産業が町内で捕獲したシカの缶詰売り出す

2011年03月01日 | 獣害-利用
~ 転載 ~  白老町日の出町の南川産業(南川俊英社長)は、町内で捕獲したエゾシカ肉を加工し缶詰にして商品化、販売を開始した。開催中のさっぽろ雪まつりに合わせてススキノのラーメン店「喜龍」で販売している。生息数が増加しているエゾシカの有効利用として注目を集めそうだ。  猟友会苫小牧支部白老部会のメンバーでもある南川社長(42)は、10年以上の狩猟歴を持つ。年間約100頭のエゾシカを駆除、ある . . . 本文を読む
コメント

【110209】イノシシ肉 特産化へ料理コン

2011年03月01日 | 獣害-利用
~ 転載 ~  松江市八雲町地区で特産化を進めているイノシシ肉を使った創作料理のコンテストが、市内の市民活動センターであった。地区住民や市八雲支所などで作る協議会の主催。最優秀賞などに選ばれた7品のレシピは、今月中旬に市のホームページで紹介される。  市八雲支所地域振興課によると、松江市や東出雲町などから応募があった32品の中から選ばれた7品について、料理研究家の小早川洋子さんや松浦正敬市長ら . . . 本文を読む
コメント

【110209】イノシシ肉を美味へしこに 獣害の“悪役”変身

2011年02月24日 | 獣害-利用
~ 転載 ~  福井県内農作物に獣害をもたらすイノシシの肉を有効活用しようと、県立大生物資源学部長の宇多川隆教授(63)が、本県伝統の保存食「へしこ」を製造する技術を使って“へしこシシ肉”の試作品を完成させた。宇多川教授は「保存性とうま味を同時に引き出すへしこの製法は福井伝統の技術。獣害で嫌われているイノシシを福井の特産品に変身させたい」と、製品化に向け意欲を見せている。  宇多川教授は食品 . . . 本文を読む
コメント

【110221】イノシシ対策、警備会社に委託

2011年02月24日 | 獣害-対策:シカ・イノシシ
~ 転載 ~  市街地へのイノシシの出没が相次いでいる和歌山市が、獣害対策として、イノシシが現れた際の市民の保護を警備会社に委託する事業を新年度当初予算案に計上した。23日に開会する定例市議会に提案される。市は4月から事業を始める予定。  市と警備会社(未定)が契約を結ぶ。市職員が対応しにくい夜間や土、日、祝日に通報があれば、警備員が駆けつけ、住民を安全な場所へ避難させたり、付き添って保護し . . . 本文を読む
コメント

【110207】イノシシの肉、松江・八雲町の特産品に

2011年02月23日 | 獣害-利用
~ 転載 ~  農作物を荒らす「害獣」として嫌われてきたイノシシの肉を、町の特産品として売り出そうと、島根県松江市八雲町の猟師や加工業者らが取り組んでいる。まだ1年半だが、歯ごたえや独特の風味があり、売り上げも徐々に軌道に乗り始めている。  八雲町では例年、イノシシによる農作物被害が深刻だった。雑食のイノシシは、住民らが育てた稲やサツマイモ、カボチャなどを食い荒らし、駆除に頭を悩ませてきた。 . . . 本文を読む
コメント

【110220】猪突撃退 トウガラシ縄

2011年02月23日 | 獣害-対策:シカ・イノシシ
~ 転載 ~  三好市池田町のボランティアグループ会長、久保進さん(70)が製作した「トウガラシ縄」が、イノシシ被害を防ぐのに効果があることがわかった。しかし、鹿にトウガラシを食べられるなどしたため、4月から、鹿が嫌がるミツマタのエキスも散布して効果アップを目指す。  久保さんは毎年、黒沢(くろぞう)湿原にサギソウを移植しているが、イノシシに荒らされ対策に頭を悩ませていた。中国四国農政局の資 . . . 本文を読む
コメント (1)

【110209】農業被害防止へ野生動物のDB

2011年02月21日 | 獣害-対策:全般
~ 転載 ~ 県と市町村連携  ツキノワグマなど野生動物による被害を防ぐため、県は新年度、県内59市町村と連携し、出没・被害情報のデータベース(DB)化に着手する。市町村間で情報を共有し、農業被害などの防止策を講じるのに役立てる。さらに、野生動物は県境を越えて移動することから、近隣各県とも連携して被害対策を本格化させる。県は2011年度予算案に関連経費354万円を計上している。  データベー . . . 本文を読む
コメント

【110208】ジャーキー:「余呉湖荘」運営会社、駆除の鹿・イノシシを商品化

2011年02月21日 | 獣害-利用
~ 転載 ~  国民宿舎「余呉湖荘」(長浜市余呉町)を運営する「ラ・余呉湖はごろも」は独自の食品乾燥技術で、鹿とイノシシの肉からジャーキーの新商品「賤ケ岳(しずがたけ)鹿丸」と「賤ケ岳猪(いの)吉郎」を開発。10日から同荘で販売を始める。鹿の肉は食用利用率が低く、新ジャーキーは獣害駆除の有効利用に一役買いそうだ。  岐阜県内の業者が開発した「減圧平衡発熱乾燥法」を使い、特殊な乾燥機で鹿やイノ . . . 本文を読む
コメント (2)