のすたる爺や

文明の果てなる地からのメッセージ

怪奇祝い

2006年01月26日 | 日記・エッセイ・コラム

 先週から中日辞典片手にネットで中国の製品開発の情報を調べているのですが、検索サイトでヒットしても掲示されないページが多くて苦労しています。
 ハルビンの西郷ドンが言うには、この何ヶ月間で特に厳しくなっているとか。日本のHPにもアクセスできない時があるそうです。「中国のインターネットはゲームをやるだけの道具になってしまった」と西郷ドンは言ってます。
 言論の自由がない国ですからこれも道理か?


 昨年末健康検査でひっかかった近所の50代の奥様、ガンの疑いが晴れ、すし屋で寄せ鍋を囲んで奥様方が集まっての快気祝い。
 何でこの程度のことで快気祝い?と言われると、この日は対立する奥様グループのドンの誕生日。そこにはご近所奥様勢力を二分する仁義なき戦いがあります。
 どちらにも顔を出せないとしり込みする奥様もいれば、どちらがおいしい料理が出るか決め手で”政治的”なことにまったく配慮していない奥様(外国人)もおり、嵐がやってきそうな前哨戦です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 軍服 | トップ | 知力体力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事