豪州帰りの「えりー」日記

メルボルンでの学生ワーホリ経験をシニカルに慎ましくご紹介。その経験を映像業界で活かしたり殺したりな趣味ブログ。

マッチングアプリをやってみた的な②

2020-06-21 23:11:00 | 日記

社会人の休日が退屈過ぎることに気付いてしまいました。本来であれば今頃Jリーグを観に行っているはずなのですが、現在絶賛延期中なので観戦が出来ません。なので最近は仕方なく都内をぶらぶらしています。家に居るのは飽きました。


23区内という恵まれた環境で何不自由ない生活を送らせて頂いております「えりー」です。特に電車賃が安い。地元の路線は廃線にしろ。


今回は前回(マッチングアプリをやってみた的な)の続編になります。


1.1ヶ月だけ課金してみた


会員数最大と噂のペア◯ズに登録した初日にマッチするというスピード感に惹かれて1ヶ月課金してしまいました(チョロい)


しかし初日にマッチした女性(Sさん)の存在に翻弄されて結局最終マッチ人数2人と大失敗に。今回は反省会もといマッチングアプリについて考え直した記事です。


2.マッチした女性が基準になる


ペア◯ズでは異性から「いいね」が届くと『〇〇さんから「いいね」が届きました』と表示され、その人のプロフィールを閲覧して気になればこちらからも「いいね」を押してマッチ成立となります。これはタッ◯ルも同じだったと思います。


そんな訳でマッチした女性が自分とマッチ出来そうな女性の基準になります(少なくとも私はそうなりました)無意識にもその女性と比べて「いいね」を押すかどうか判断するようになってしまったのです。


その女性は「いいね」を500以上貰っている人気会員であり、写真も良く、参加コミニュティも気が合いそうな趣味が多かったのです(運命レベルで趣味が似ていた!)


つまり判断基準が初日から爆上がりしてしまい、その結果『「いいね」が押せない』『押しても相手は人気会員なのでマッチしない』という悪循環に陥ってしまったのです。


3.でもマッチしたんでしょ?


確かに初日にマッチした女性は趣味が合うので邦ロックの話などで2週間程度やり取りしていました。そして1度会うところまで漕ぎ着けることが出来たのです(1度会うところまで?)


しかし約束の日の朝に「体調が良くないので後日にしてくれませんか?」のメッセージが!


朝起きてそのメッセージで全てを悟った私は私のツキの無さにただただ苦笑いするしかありませんでした。受け入れるしかないので了承した旨を送るもそれ以上の返事は無く数日が経ちました(つまりはそういうこと)


4.真面目にやれば損をする


課金したこの1ヶ月の間、私はかなり真面目にやっていましたが、よくよく考えてみると相手が真面目にやっているかどうかなんて分かりませんし、そもそも女性は無料なので遊び感覚でやっていてもいいのです。


ウケの良さそうな写真を選んだり、プロフィールをエントリーシート並みに丁寧に拵え、趣味のコミニュティにたくさん入り、毎日ログインして「いいね」を押したくなる女性を探す。その熱量は決して相手には伝わりません。


それを理解した状態でペア◯ズをやるかどうかを考えると親指は流れるように「退会」の表示をタップしていました。


5.という訳で不真面目にやる


結局マッチするも誰にも会えてないこの状況は精神衛生上大変よろしくないので、今度は不真面目にマッチングアプリをやろうと思います。


次の舞台は不真面目な会員が1番多そうなあのマッチングアプリです。不真面目なので無課金でやります。来月また結果を報告出来ればと思います(まだこの企画続くの!?)

それでは!


コメント   この記事についてブログを書く
« 小説れびゅー的な⑨/恩田陸『... | トップ | 小説れびゅー的な⑩/恩田陸『... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事