今日のどーじょー主

2017年4月16日に引っ越しました。
コメントなどは、引越し先(右側「ブックマーク」参照)にお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

50GBのオンラインストレージ

2013年11月30日 | パソコン

無料で、50GBの容量がもらえるオンラインストレージ。
MEGA


昔の、「MEGAUPLOAD」です。
以前紹介した「ADrive」も、現在は50GBですが・・・
「MEGA」のほうが、アップロード・ダウンロードとも数倍のスピードです。
ファイルの数が多いと、遅くなりますが、
サイズが大きいファイルだと、ものすごいスピードでアップロード。
こちらなら、保管庫として使用するのに、現実的。

日本語にも、対応しています。
ただ、ダウンロードがかなりクセモノで、
「HDDがわりに使いたい」という場合は、合わないかも。

======================================
(以下、画像はクリックで拡大します。)

まずは、日本語化。
右上「Menu」→「Language」→「日本語」→「Save」の順にクリックします。



つぎに、アカウントを作ります。
右上「アカウント作成」で、名前・メールアドレス・パスワードを入力し、
「MEGA利用規約に~」にチェックして、「アカウント作成」をクリック。


メールが届くので、そのリンクをクリックすれば、完了。
あとは、登録したメールアドレスとパスワードで「ログイン」です。



アップロードは、簡単。
「ファイルアップロード」だけでなく、
「フォルダアップロード」で、フォルダごとアップロードもできます。

また、右クリックメニューにも対応しているので、
めんどくさかったら、何でも右クリックしちゃえばOK。



問題は、ダウンロードです。
右クリック→「ダウンロード」や「ZIPとしてダウンロードする」を選ぶと、
それなりの反応はするんですが・・・
なぜか、最後のダウンロードだけしてくれないんです (/_;)
ブラウザの設定などが、原因なんでしょうか。。。


ファイル1つずつなら、つぎの方法でダウンロードできます。
「URL」項目をクリック→「クリップボードにコピー」を選んで・・・


新しいページで、コピーしたURLを開きます。
「自分のコンピューターにダウンロード」をクリックして、ダウンロードできます。



フォルダごとダウンロードしたいときは・・・
フォルダのURLをコピーしたあとで、いったんログアウト。
その後、フォルダのURLを開いて、右クリック→ダウンロード。

フォルダ構成は無視で、ファイルが連続してダウンロードされます。


セーフサーチの設定

2013年11月29日 | パソコン

Yahoo!やGoogleでセーフサーチを設定して、
ネットでの検索結果に、成人向けデータを表示させない方法です。

簡易フィルターにしかなりませんが、
大半の検索はYahoo!かGoogleでしょうから、精神的なバリアとしては有効です。

=====================================

子どもにパソコンを使わせるときは、
適正に使用するよう、配慮が必要です。
#職場でも?

対策としては・・・

1.おはなし
「適正な使用・不適切な使用について、話し合う」というのが、大前提。
抜け道を見つけようと思えば、いくらでもありますから。

2.フィルタリング
ブラウザに、フィルターを設定する方法です。
フィルターが強力すぎると、まともに使えなくなっちゃうし。
弱すぎると、意味をなさないし。

3.時間制限ソフト
チャイルドロックタイマー」や「パソコンねむねむ」といった、
使用時間をコントロールするソフトも、有効です。

4.監視ソフト
スクリーンショット監視ツール」のように、画面キャプチャを定期的に保存する方法は、
かなり簡単で有効です。
「そういうソフトがインストールされている」というだけで、自制が働くので、
「問題が発生したときしか、チェックしない」と約束しても、だいじょうぶかも。


以下は、「2.フィルタリング」の一種になります。
「Bingなど、別の検索サイトを利用したら意味がない。」
「直接URLを入力することは、防げない。」
「別のブラウザをインストールすれば、自由に検索できる。」
など、ちょっと考えれば簡単に突破できてしまいますが・・・
「ついズルズルと」ということは、防げそうです。

=====================================

1.Yahoo!
管理者が、自分のYahoo! IDでログインします。
そして、「検索設定」ページを開きます。


ページの下のほうにある「チャイルドロック」項目をチェックし、
「設定を保存」。
Yahoo!をログアウトします。


2.Google
管理者のGoogle IDでログインします。
そして、「検索の設定」ページを開きます。


「セーフサーチ フィルタ」項目で、
「不適切な検索結果を除外する。」にチェック。
「セーフサーチをロック」をクリック→パスワードを再度入力して、ロックします。



これで、通常の検索結果では、成人向けデータはほとんど出てこなくなります。

Google検索では、セーフサーチモードでは、右上にカラフルなボール画像が出ます。


Yahoo!も、同様の検索結果。
ただし、成人を偽装してYahoo! IDを取得し、それでログインすると、
セーフサーチをオフにできちゃいます。


「アダルトビデオ」で画像検索した結果。
コンビニの雑誌コーナーよりは、ずっとマシなレベル。
#なんで、湯婆婆?


動画検索結果は、まったく問題なさそうです。




PhotoStageで写真スライドショー

2013年11月28日 | 教材(各種紹介)




PhotoStage(フォトステージ)という、
スライドショー動画作成アプリを使ってみます。

動画編集というと、WindowsLiveムービーメーカーが有名。
PhotoStageには、スライドショー動画に特化した使いやすさや、
「同時に複数の音楽ファイルを挿入できる」など、
ムービーメーカーにない特長もあります。




テキストのダウンロードは、こちら



PhotoStageでスライドショー

2013年11月27日 | パソコン

フリー素材を集めて、PhotoStageを使って、
スライドショーを作ってみました。

はじめ(タイトル)と終わり(エンドロール)に、
動画を組み合わせています。


↓こんな感じ。



スライドショー作成ソフト

2013年11月26日 | その他




PhotoStage」というソフトを使って、
写真や動画を使ったスライドショーを、作っています。
有料ソフトですが、無料版もあります。
Windows Live ムービーメーカーより、便利かも。

紹介は、明日。




パソコン検定コース ワード演習問題(5)

2013年11月25日 | どーじょーテキスト





「パソコン検定コース」改訂版
ワード演習問題(5)を、アップしました。
(公開テキストではないので、教室からダウンロードして下さい。)






アプリを持ち歩く方法

2013年11月24日 | パソコン

通常はパソコンにインストールしなければいけないアプリを、
USBメモリなどで持ち歩けるようにしてくれるソフト。

Cameyo


移動先のパソコンで、いつも使っているアプリが入ってなくて、
インストール作業からしないといけないなんて場面があります。
よく使うアプリは、Cameyoでパッケージ化して持ち歩くと、便利。

=================================

Vectorのページから、ファイルを入手→解凍してできた「Cameyo」フォルダを、
フォルダごと、USBメモリなどに入れてしまいます。

「Cameyo」フォルダ内の、「Cameyo.exe」を実行。
初めて起動するとき、アカウント作成を要求してきます。
メールアドレスやパスワードを入力して、「Register」。


メールが届くので、
「To activate your account, please click here」
というリンクをクリック。


ソフトが3つあるようで、何を使うか聞いてきます。
もちろん「Cameyo」を選んで、「OK」。




1.パッケージファイル置き場の設定
初期設定では、パッケージファイルは、
パソコンのドキュメント>Cameyo Apps フォルダになっています。
これじゃ、持ち歩けない。

そこでまず、パッケージファイルの保存場所の変更を。
「Computer」をクリックして、パッケージウィンドウを開きます。
右下のスパナマークをクリック。
「Under the executable's directory」を選んで、「OK」。
これで、「Cameyo」フォルダが、パッケージファイル置き場になります。




2.ライブラリからパッケージファイルを入手
パッケージファイルは、すでに作られていて、配布されているものも。
「Library」をクリックすると、有名どころの、かなりの数のアプリが登録されています。
たとえば、Skypeが欲しかったら、Skypeアイコンをクリック。
ダウンロードに、ちょっと時間がかかりますが、自分で作るよりはラク。




3.パッケージファイルの自作
「Studio」をクリックして、
「Capture app locally」をクリック。



「しばらくお待ち下さい」状態ののちに、↓が出ます。
これで、インストールの待機状態。



ふつうに、アプリをインストールします。
(パソコンに、インストールされちゃいます。)
完了したら、「Install done」をクリック。

またまた「しばらくお待ち下さい」状態になってから、作業完了。
「(アプリ名).cameyo.exe」という名前のパッケージファイルが、できます。


4.アプリの実行
移動先のパソコンに、USBメモリを挿して、Cameyoを起動します。
「Computer」メニューをクリックすると、パッケージファイルのリストが出ます。
希望のアプリをクリックすると、起動します。




パソコン検定コース ワード演習問題(4)

2013年11月23日 | どーじょーテキスト




「パソコン検定コース」改訂版
ワード演習問題(4)を、アップしました。
(公開テキストではないので、教室からダウンロードして下さい。)



ユーチューブの動画以外をカット

2013年11月22日 | パソコン

ネットで情報を調べていると、いろんなところに広告が表示されます。
このブログも、記事の下に広告が出ているハズ。

過剰な広告は、うるさいだけでなく、
まちがったボタンを押して、迷惑プログラムをインストールしちゃったり。
そんな「失敗」を、誘発します。


「Adblock Plus」は、そんな迷惑広告を、大幅にカットしてくれます。
さらに、ユーチューブ用のフィルターも、出ました。
「おすすめビデオ」や「コメント」を、カットすることができます。

==================================

Adblock Plusは、Firefox用Chrome用があります。
その他のブラウザ用は、ありません。
ボクはChromeユーザーなので、以下Chrome用です。

Chromeで、AdblockPlusウェブストアを開いて、
右上の「+無料」ボタンを、クリック。



ユーチューブを見ていると、動画内の広告や、ページ右上の広告が。


あるいは、動画の前にコマーシャルが流れて、
10秒ほど強制的に見せられて、
「スキップ」をクリックしないと、30秒ぐらい見せられちゃう。


そんなふうに、あれこれ広告が出ますが、
「Adblock Plus」を入れれば、全部消えます。


さらに、広告ではありませんが・・・
おすすめビデオや、コメントなど、
動画以外の部分が煩わしいという場合は、
ユーチューブ用オプションフィルターのページを開いて。


赤くなっている部分が、消してくれるところです。
好みのフィルターの「+ add」ボタンを、クリック。

「+ 追加」ボタンをクリックすると、フィルターが追加されます。


※フィルターが不要になったら、ブラウザの右上「設定」ボタン
→「ツール」→「拡張機能」で、「Adblock Plus」のオプションを開いて、
不要フィルターを削除します。



全体が見えるように、縮小表示させてみました。
↓通常のユーチューブ表示。


↓「全部なしフィルター」を入れたとき。



コメント (1)

超カンタン年賀状作成

2013年11月21日 | パソコン

年賀状の素材集は、いろいろありますが・・・
「イラストAC」などで有名な、「ACワークス」の年賀状素材を紹介。

年賀状AC


「これからパソコンを始めるんだけど、もう年賀状作成はムリだよね?」
という問い合わせがありました。
年賀状って、初心者は初心者なりに、上級者は上級者なりに、
どんなレベルのかたでも、取り組めます。

1.「年賀状AC」で、テンプレートを選んでもらう。
2.ラベルメイトなど、簡易ワープロソフトに画像を貼り込む。

「時間がない」「超初心者」というかたが対象の「年賀状講習」でも、
この2ステップでできちゃいそう。

======================================


年賀状AC」のトップページ。
左上から、ログインまたはユーザー登録です。
「イラストAC」か「写真AC」のIDで、入れるようです。(たぶん)



テンプレート500点の中から、選ぶとラク。
「選ぶ時間もない」なら、ピックアップから。



ラベルメイトで作成。
1分で、できます。
こういう年賀状作成は、通常はオススメできませんが(^_^;)