ノースマウンテン キャンピングカー制作日記

北海道旭川市でキャンピングカーの制作をしています。
日々の製作過程や完成車をアップしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

特別編  表にでない裏方たち 断熱加工

2021-06-01 | 日記


今回は最近の車両製作にともない車中泊には欠かすことのできない「断熱」を紹介します。

とくにこちらは北海道旭川市。

夏季には30度越え・・・。
冬季には氷点下20度以上になることも・・・。-30度になったときもありましたねっ!!



そんな60度も変化する盆地の旭川でキャンピングカーを作っております。


ですので断熱テストも社屋前でできてしまいます。


そんなこんなで断熱施工をご紹介します。


まずは・・





キャンパー特装車  メーカーから送られてきた状態









施工前の内装を外した状態










ルーフ  鉄板のみで防音材も貼ってありません。 

このままでは雨の音も大きいので車内では気になって寝られません。


窓上の塗装(DXバンはボディ同色です)もされていません。





右壁 同じく防音、断熱なし





左壁 右に同じ










断熱塗料の吹付け  塗布、乾燥を繰り返し・・・ルーフ 壁 ともに3回塗布しています。

























さらにフェルトタイプの断熱材を張りつけます

ここは天井の懐がない為、厚い断熱材が入れられません。

キャンピングカーの室内高1600mm確保が必須の為。







壁には結露に強い住宅用難燃断熱材。

ガラス繊維ではないのでチクチクしませんし、ライターであぶっても火が付きませんでした(笑)



ここからテストです



同じ条件で2台を比べました。




ドアを開けなくても温度がわかるように同じ位置にそれぞれ温度計を置き外から検温

エンジンOFF ヒーターOFF  照明のみON

外気温-5度  車室内+13度

3時間後 外気温-6.5度   断熱塗料無し車 +3度   断熱塗料塗布車  +6度


3時間で3度の差がありました




事の発端はお客様からの依頼ではじめたのですが、正直 半信半疑・・・。


でも実際比べてみるとここまで効果があるとは思いませんでした。


この塗料には「断熱」「保温」「遮熱」更には「遮音・防音」「防露」も効果があります。


しかも不燃材料だそうです。


多くは暑さ対策の為、住宅、倉庫などの建物に使われている材料です。


もっと早く知っていれば我が家にも塗装したかったほどです・・・




コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 新車 ハイエース特装車 キャ... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事