ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

穏やか

2008-03-31 05:15:52 | Weblog
朝一番で中犬ハナ公を連れて町まで車を取りに行く。一時間弱の散歩、気分よし。帰ってから、割った薪を乾燥させるために車庫まで移動。毎日この位運動すれば美味しい酒が飲めるし、メタボにはならないだろう。

午前中、チェンソーを使っての白樺の間引き。直径5センチから10センチの白樺15本ほど倒して、さらに30センチほどにカット。これだけで汗だく。力仕事をしていないためチェンソーの重さで握力が無くなる。全く、北の男失格だ。ひ弱だ。でもチェンソーでの作業、結構体力を使う。ある程度身体に力がついたらゴルフの練習でも行こう。

雪は20センチ前後残っているがほのぼのとした春の天気。外に出たくなる天気だ。穏やかだ、平和だ。ノンビリとした一日だった。

3月31日朝。もう3月も終わりだ。早いな。

コメント

2008-03-30 05:35:47 | Weblog
久しぶりに寒い一日だった。多分、山は雪が降ったろうと。朝、薪割りをしたが手がかじかむほどだった。よく三寒四温で春に向かうと言われるがほぼ3月一杯は温、温、温。昨日までは一寒二十八温だ。

イッシキ買った薪をあっと言う間に割ってしまった。イッシキでは物足りない、もっともっと薪割りをやりたい心境だ。筋肉痛じゃなくて贅肉痛になるかと思ったがそれもない。実に割れやすいナラ材だった。中には節があって割れ憎いのもあったが楽勝といっていいだろう。来年も今回の業者から買おう。

夜、久しぶりに町に繰り出す。車を置いてきたので町まで取りに行かねば。朝の散歩、冬場と違って気分はいいだろう。

3月30日朝。気持ちのよい晴だ。さあ、町まで行くか。

コメント

惚け

2008-03-29 05:10:30 | Weblog
朝、ブログを書いているが昨日何があったのか、何をしたのか思い出せない時がある。そんな思い出せない日はあまり充実していないのは間違いない。で、何があったけ。

夜、近藤地区環境保全(農地・水・環境)の幹事会が夜6時からあり、総会に向けて話し合う。連日夜の集まり、ゆっくり酒も飲めない状況だ。

まあ、でも、もうちょっと短めの集まりにして欲しいが何かダラダラとした打ち合わせになる。もうちょっと「パパッとやってよ」と思うが、これでいいのだ。会社の会議では無いのだから。ここはこの地域の打ち合わせスタイルに俺が合わせなきゃ。

連日夜の集まりに参加したため2夜連続アルコールを抜いた。飲みたい雰囲気になってきたな。

ということで昼間何をやったのか思い出せないのでここで終わる。

▲ 中犬ハナ公、どうやら体調回復したようだ。4日ぶりにウンチを出した。

<コメント>を頂きました。「いわゆる「ニセコ」は「ニセコ町」とは別物だと思いますよ。ヒラフの麓のペンション街も、「ニセコ」じゃないですか?普通のひとには。」←その通りです。一応、文中、ニセコとニセコ町と区別はしておりますが解りづらかったですね。

3月29日朝。天気はどうなんだ。木が揺れているな。元気を出して明るく楽しく行こう。

コメント (1)

三位

2008-03-28 05:25:55 | Weblog
バーレーンとの深夜帯でのサッカー試合、早く寝て、そして起きて見た。日本が弱いのか中東の小国であるバーレーンが強いのか、解らん。迫力はバーレーンの方が圧倒的にあった。何でこんなに強いのかと思ったらお金にものを言わせ、有力選手を帰化させているようだ。それにしても川口君のGK、俺は反対だ。1点取られたシーンもパンチングで逃れられた。それを中途半端に片手で取りに行くから相手にボールが渡ってしまい決められた。GKも一番得点を入れられていない選手を選ぶべきだ。もっと若いヤツを。

それに比べ昨日の23才以下は日本側に迫力を感じた。選手がオリンピックに出たいがために自己アピール、やる気を感じさせた。アフリカのチームを相手に動きでは勝っていた。オリンピック、応援に行くかな。

夜、町民講座「ニセコの観光は何を目指すべきか」が開かれちょっと顔を出した。驚くことにニセコが第三位に選ばれたのだ。それは「わざわざ訪れるほど魅力を感じない道内観光地」にだ。因みに2位は網走・紋別、晴の一位は旭川。逆にもう一度訪れてみたい観光地の一位は函館、二位は札幌、三位は富良野、ニセコは11位だそうだ。

ニセコ町には年間148万人(道外、道内比率50%)の観光客が来て38万人が泊まり平均1.4泊していくという。この1.4泊は平均泊数1.0や1.1の洞爺湖、登別に比べ多い方とのこと。

外国人は俱知安町と同様な観光客の入り込み数だが大きな違いがあった。ニセコ町には台湾、香港、韓国人が全体の3分の2、平均宿泊数は1.76泊。それに比べ俱知安町は豪州人(65%)と香港からの観光客が9割を占め、平均宿泊数は6.3泊。随分と違いが出てくる。

もっともっと聞きたかったが、別の会議が入っていてそちらにも参加しなくてならなかった。町民運動会の検討委員会会議だった。今年度の運動会の廃止種目と新種目、それと運動会の名称を変えたいとのことだった。我々の所属する東部地区は参加人数も多く、参加者を募るのはさほど問題はないが、他の地区は参加者を集めるのが大変なようだ。特に徒競走のように走る競技への参加者がいない、そのためなるべく走る競技を少なくする、そのため大運動会という名称も使いたくないようだった。俺は徒競走も賛成、運動会は運動会、名称変更反対の立場を取ったが少数意見だったな。運動会一つ行うにも色々と大変だな、と思う。でも、我が東部チームが得意だった「俵担ぎリレー」、「天竜くだれば」、「ニセコスェーデンリレー」が無くなるのは寂しいが、ショウがないんだろう、走る種目を減らすのは。反面、迫力や面白みが無くなっていく、老人会になっていくのだろう。ただの集まりにならなければいいが。

3月28日朝。薪割りをしたのでちょっと身体に来てるかな。

コメント (1)

初鳴き

2008-03-27 06:36:30 | Weblog
ひょんなことから知り合いになったが、洞爺湖に住む年輩の方から家を売りたいとの連絡があった。伊達や豊浦の不動産屋や直接声をかけてくる人が入る中での我が社への指名、嬉しい。俺は年輩の方には人気があるのだろう。

病院が充実していて、雪の少ない伊達市に新しく家を建てて、住むようだ。洞爺湖はニセコよりは雪は少なく、ほとんど雪解けしていた。ニセコでは未だ雪の下にある、福寿草が顔をだし、裏庭から「行者ニンニク」を積んできて「持っていって」と言われるほど、ニセコより春化が進んでいる。

洞爺湖に行く道路は何となく整備されたような気がする。世界のリーダーやその取り巻きが来るので清掃した、整備したのだろう。我が家にお客さんが泊まる時と同じでその時だけ掃除をする感じだな。

まもなくヒルトンホテルになる東山プリンスに行ったが、混んでいた。去年の今頃はお客さんもまばらのような気がしたが、今年はまだまだスキーヤーも多く、ロビーなどはピーク時ほどでもないが人が随分いた。経営者が代われば変化があることは間違いない。ヒルトンになって高級志向を目指すらしいがどう変わるだろう。気楽に行けなくなるのか、長靴では入れないのか。

先ほど中犬ハナ公の散歩から帰ったがヒバリが鳴いていた。今は廃局になった倶知安測候所所長に代わり「2008年ヒバリ初鳴き」は3月26日と宣言する。

3月27日朝。モヤが立ちこめている。

コメント

総合病院

2008-03-26 06:18:31 | Weblog
段々よくなってきたがここ3,4日、中犬ハナ公、具合が悪い。胆汁が出ているらしく、食欲もなく、3日前には全然何も食べられない状態だった。何でこんなになったのか全然解らない。昨夜も午前1時過ぎに外に出せと、起こされた。暗くて解らなかったが戻しているようだった。

しかし、病気をしたとき、中犬ハナ公が恵まれているのは歩いて行けるところにペット病院が出来たこと。人間で言えば歩ける範囲に総合病院が出来たと同じことだ。総合病院と酒獣医を持つことになった中犬ハナ公は病気をしても安心なのだ。

こういった小さな田舎町では病気になったときの医療体制が問題になる。しかも、医者不足の影響で唯一の_知安町にある総合病院も縮小されつつある。我々が倒れたら小樽か札幌まで運んで貰うことになるだろう。救急車で1時間はかかる。倒れない身体を作る、普段から気をつける、でも、まあ、ソン時はソン時だ。

昨日、札幌にある某所が主催する不動産の勉強会に出る。丁度、昨日、札幌市内が雪解けし、積雪ゼロになったとのニュース。その前日には旭川が積雪ゼロになったとのこと。

途中、車の温度計を見ると何と17度。札幌では15度、しかも5日連続10度以上は観測史上初めて。帯広では気温17度で3月の気温としては初めてとか、117年振りとか騒いでいる。異常温度だろうけど着実に地球温暖化は進んでいる。北海道の3月はもっともっと寒くても雪が降ってもいいのに。

3月26日朝。明るい曇りだ。元気を出して行こう。

コメント

2008-03-25 06:01:21 | Weblog
薪ストーブ用の薪が届いた。薪を売ってくれるところが何社か有り、今年は従来の会社から代えた。

薪の購入単位は「イッシキ」だ。「イッシキ」は60センチの薪を150センチの高さ、180センチの長さに積み上げた単位(らしい)。

イッシキ全てがそのまま薪として使える完成品から、丸太のままとか、丸太を切ってあるだけで薪割りで割らなければならないものなど、色々と注文が出来る。値段は完成品が一番高く、丸太のままが一番安い。

今回注文したのは30センチの長さにカットしてある丸太。これから自分で薪割りをして薪を作る。これだと完成品に比べイッシキ1万円ほど安い。

業者によって薪の値段は若干違うが完成品はイッシキ2万5、6千円。灯油高騰とともに値上がっている。隠れた便乗値上げだ。

完成品でない薪を注文したのは薪割りをしたかったから。ここにきて運動ばかりか力仕事をしていないので身体が鈍っている。薪割りをして少しは汗をかこうと、少し贅肉に刺激を与えてやろうかと。

正直薪を用意するのは大変だ。薪を運んで貰う、薪割りをする、その薪を運び重ねる、薪を燃やすためにそれを運ぶ等。

俺みたいにほぼ完成品を運んで貰って薪割りするなんて甘いモンだ。木を切り、運び、そこからやる人もいる。それは大変だ。

薪を用意する大変さもあってか、地元の方々の家には薪ストーブがない。俺等みたいに本州から来た人々が薪ストーブに憧れ、使用している人が大半だ。

でも、薪ストーブが人間に対し何とも言えないほのぼのとした暖かさを発信し、炎を見ているだけでも、落ち着く。薪ストーブの炎はいいな。

それにしても冬使用する薪を春先に用意する。何事も準備が大切なんだな。行き当たりばったりでもいいけど前もって準備、用意をしておく、これが俺にとっては必要だな。

でも、今回注文した薪、全てがナラ材、いい薪だ。いい業者だな。

3月25日朝。明け方雨が降っていたが止んだようだ。

コメント (1)

フキノトウ

2008-03-24 05:50:26 | Weblog
朝、中犬ハナ公との散歩は雪の上だ。朝方は雪が締まり堅くなっていて、その上を普通の靴でも歩けるのだ。夏場は笹藪や崖で入れないところにもいとも簡単に入っていける。雪の上の散歩気持ちいい。この時期の朝方しか、歩けない、今の時期に雪の上を歩かなきゃ。

春の野鳥が出てきたばかりか道端には「ふきのとう」が目立ってきた。一気に生えて、一気に大きくなるフキノトウ、春だなあ。フキノトウから谷地葺き、クレソン、タラの芽、これから山の幸に恵まれるニセコだ。

昼間は暇で夜が忙しい。忙しいというよりよく誘われる。昨夜も夕食に誘われた。ボリュームのあるものより粗末なものを食べないと身体にはよくない。しかし、食いしん坊の性格は直らない。出されるモノは何でも食べてしまう。これじゃ、太るよ。

隣で「ジャズ」の生演奏会があり、腹一杯、いい気分になっていたがちょっと顔をだす。いい雰囲気で演奏している。こんな時はいつも思う。何か楽器でも演奏できたらと。「もしもピアノが弾けたら」俺の人生も代わっていたろうと。音楽的センスはほぼゼロ。演奏するよりは聴く方だな。こんな演奏を背中にし2~3人の綺麗どころに囲まれてウィスキーでも飲む。それが理想だな。

<コメントを頂きました>西武は札幌をサブにして、埼玉を離れる気はなかったんじゃなかったでしたっけ?←正解です。

3月24日朝。今日も晴だな。ずうっと、晴が続いているような気がする。心新たに、元気を出して、行くか。

コメント

2008-03-23 05:31:51 | Weblog
日ハムーロッテ戦をテレビで見る。満員とまではいかないが札幌ドームには結構な観客が入っていた。完全にハムは北海道に根付いた。同時に、西武―オリックス戦もBSでやっていたため時々そちらにもチャンネルを合わせた。

札幌ドームのお客さんの入りに比べ、西武球場の観衆の少なさに驚く。開幕第二戦、土曜日の好環境にもかかわらず、西武球場はガラガラの入りだ。随分、寂しいお客さんの数だ。

4,5年前、ハムが札幌に本拠地を移したいと要望したとき、西武もその意向はあった。未だ、堤さんの事件前、元気の頃だ。西武はあの時、あるいはその前から本拠地を札幌に移していれば、西武球場みたいに閑古鳥が鳴くようなことはなかったはずだ。あるいはハム以上の人気球団になったかも知れない。ニセコ東山プリンスホテルも手放さないで済んだかも知れない。

日ハムはいいタイミングで北海道に来た。巨人と同じ後楽園を本拠地にしていて、巨人の二軍の環境だ、イメージだった。それが北海道に来て、本拠地を持ち、なにしろオラがチームを持ちたい道民の、そのムードに乗って、あれよ、あれよの間に人気球団になってしまった。北海道民が球団を持ちたかった、その気持ちにうまく便乗出来たのだ。

お客さんの後押し、応援があればチームは強くなる。強くなればまたファンが増える。好循環が日ハム。その逆が西武だろう。4,5年で大差がつく、機に乗じるのは大切なことだな。

3月23日朝。今日も晴れるだろう。少し運動でもするか。

コメント (1)

春の鳥

2008-03-22 06:22:41 | Weblog
3月から雪が降らない、暖かい日が続いている。その為か急速に雪解けが進み、スキー場のコンディションは相当悪くなっているだろう、な。せめてこの連休まで良いコンディションを保って欲しかったが、そうはうまくはいかない。それにしても3月に入って雪が降らないのはニセコに来て初めてではないか。こんな調子だと連休まで滑れるニセコのスキー場、連休まで保たないな。今後も雪が降る雰囲気もないので5月連休頃に完全に融ける里の雪だが4月中旬まで保たないだろう。

ヒバリの姿も見えたのでヒバリの初鳴きもそろそろ聞こえるはずだ。カワラヒワが団体でやってきている。尻尾を上下させるセキレイも姿を現した。春の鳥が一気にニセコにやってきた。季節が完全に移っている。春だあ!ーーー。

昼間、北陸にある某ハウスメーカーの若い営業マンから電話があり、突然だがお話しがしたいとのことでやってきた。多分、俺の顔を見て、怖がっていたのだろう。おどおどした感じを受けたが好感が持てた。聞けば、東京で働いていたが身体を壊し、北陸のこの会社に就職し、半年が経ち、お客さんがニセコにその会社の家を建てるので出張で来たらしい。半年の割にはキチンと製品を案内していったな、優秀な営業マンになるだろう。

昨夜、韓国からのご一行様から寿司屋に招待を受けた。相変わらず混んでおり、予約を取るのも大変だ。初めての方、久しぶりの方にとっては大変美味しい料理を出してくれる。お客さんを連れて行くには最高の場所だ。

しかし、人間は贅沢なモンだ。この寿司屋さん素直に美味しい。美味しいのは解っているが正直マンネリ化、飽きてきた。粗末なモノを食べて、時々美味しいモノを食べる。そうすることによって美味しさがより引き立つ。美味しいモノに比べて粗末なモノは飽きないような気がする。さあ、いつもの納豆定食でも喰うか。

3月22日朝。今朝も3月とは思えない日差しだな。快晴だ。

コメント

ペタンク

2008-03-21 05:02:44 | Weblog
愛する中犬ハナ公の調子が悪い。朝から餌を食べようとはしない。それで近くの「ニセコの森」ペット病院に連れて行った結果、胃酸が出ている状態らしい。全然元気がない。


話しは変わって、ニセコで「ニセコ・ペタンク友の会」を発足させようとしています。ペタンク、いわゆるフランス発祥のゲームで、鉄の玉を投げて遊ぶものです。パチンコ玉より大きく、砲丸投げの玉よりは小さい、テニスボールを小さくした程度の鉄の玉です。それを10メートルほどのところに投げて、遊ぶモノ。競技はカーリングに似たもので、誰でも出来ます。

「俺、ペタンクの日本代表でニューカレドニアに行ったことがある」と言う方が身近にいることが解り、ニセコでも発足させようとなり近々発足会をやり、スタートする予定です。それに併せメンバーを募集します。大人が暇をつぶすには丁度よい遊びです。

元日本代表が鉄の玉を沢山持っていて、皆さんが用意する必要はありません。身体だけを参加すればよいのです。遊ぶ場所、時間は未定、一応日曜日朝行う予定です。ということで「ニセコ・ペタンク友の会」の申込みを受け付けます。

福岡に住む韓国人の二家族が泊まりに来てくれました。皆さん、日本語が達者なので非常に対応が楽です。大学生2名と小学3年生、日本人と同じようにメールに夢中、ゲームに熱中していました。ただ、違うのは大学生の彼が休学届けを出して2年間、兵役で近々海軍に入隊する、とのこと。

日本にも半年、せめて一ヶ月程度の兵役に似たものがあって自衛隊にでも入隊するシステムがあるといいと思っている。若者の心と体を鍛える、そう言ったシステムだ。勿論、中年用のものを用意してくれれば是非参加したいのだが。

昨夜も2階で一杯やった。沢山集まって2階で飲んでいると中犬ハナ公がやって来るが昨夜は全然来なかった。寝たきり状態だ。何を喰ってこんな状態になったんだろう。ちょっと心配だな。

3月21日朝。3月の連休でスキー場は混むだろうけど、ゲレンデ状態はどうなんだろう。あまり良くないだろうな。

コメント

2008-03-20 05:59:52 | Weblog
近藤小学校の卒業式に出た。一応、学校評議員であること、前年も出たが相当泣かされ、感激したことなどから出席する。

「卒業生、入場」で涙ポロポロ。何で、こんなモンで、それだけで涙が出るの、自分自身でも信じられない涙もろさ。

全校生徒23名中、6名という大量の卒業生。それがまた、しっかりしているのだ。俺の6年生の時と比べれば雲泥の差だ、彼らのほうがよっぽどしっかりしている。

俺の小学校の卒業式なんか、涙も出なかった記憶がある。しかし、今回の卒業式は俺だけではなく、卒業生は勿論、在校生までが涙ポロポロ。最後は先生方まで涙、涙、涙だった。相変わらず泣かせてくれる卒業式だ。

怒りたい面もあった。それは国歌君が代を歌わないのだ。ミニ右翼の俺は「声を出して歌え」と大声を出して怒りたい気持ちになった。何故、歌わないのだ、歌わせていないのか。
思わず学校評議員を辞任し、こんな指導法を続けるならptaを抜けるぞ、協力しないぞ、と。強く、怒りたい。

それにしても我々の時は歌った「蛍の光」や「仰げば尊し」なんて歌は歌わない。それはそれでしょうがない。しかし、国歌は声を出して歌わなきゃ、歌わせなきゃ。

アパートに新卒、多分短大だと思うが、彼女に斡旋した。親父、お袋と一緒だった。問い合わせは全て親から、本人から何も連絡はない。大阪から来た親が全て面倒を見る。今日、三人に初めてあったが、新卒の彼女、ボケッとしている。ほとんど語らず。帰るとき思わず両親の前で「積極的に自分でやらなきゃ」と言ってしまう。何なんだ、そんなことで働けるのか、やっていけるのか、と。

夜、元冬季オリンピック代表選手と一杯飲む。俺の中学か高校生の時、大学生でオリンピックアルペン種目で選ばれている方だ。なんて腰の低い方なんだ。なんて自己管理がしっかりしている方なんだ。いつものことながら頭が下がる。

卒業式で感動し、君が代で怒り、新卒に怒り、オリンピック選手に感動する。色々あった一日だった。

3月20日朝。どんよりとした曇りだが晴れるのか。本日はコリアンの方7名が泊まりに来る。

コメント (2)

よそう

2008-03-19 05:15:48 | Weblog
当たらないプロ野球の順位予想でもやるか、どうせ当たらないなら大胆に。

今年の台風の目はヤクルトとオリックスだ。ヤクルトはレギュラーのほとんどが若返っている。脂の乗っている若手が主体、投手陣も若いのが何人か出てきた。最下位か優勝かだろう。中日は逆にレギュラーの主体が35才前後。これじゃ、去年は優勝できても連続とは行かないだろう。巨人は若手が出てきて、最多勝投手や最速のクローザー、そして首位打者を獲得したがどうなのかな。上位は間違いないだろうけど。

パ・リーグの評判は投手陣が揃ったロッテや2連覇の日ハム、そして万年上位のソフトバンク。ただ、オリックスにカブレラが入って打線に一段と破壊力が増している。投手陣が滅多打ちされてもそれ以上の破壊力を持つ打線になった。何か面白そうだ。

一方、愛する日ハム、2連覇で勝ち癖がついたのが大きい。上位は間違いないだろう。ただ、初回から送りバンドは止めてくれ。初回、ノーアウト1塁や2塁でバンド、これだけは止めろ。野球をワンパターン化し、小さくする。そんな野球は無しだ。

セ・リーグ
優勝:ヤクルト(若い野手・投手陣) 
二位:横浜(監督が安定している感じだな)
三位:巨人(どうでもよいチームになった)
四位:阪神(よく解らん)
五位:中日(レギュラー陣が年取った)
六位:広島(チーム名を忘れるほどだ)

パ・リーグ
優勝:ロッテ(安定した投手陣)
二位:オリックス(何と言ってもローズ・カブレラの破壊力だ)
三位:日ハム(糸井君がレギュラー取れば優勝だ)
四位:西武(ちょっと、面白い)
5位:ソフトバンク(故障者多い)
6位:楽天(監督が嫌いだ)

以上です。
3月19日朝。4月の雰囲気だな。写真は霞かかったアンヌプリ連峰

コメント

30%

2008-03-18 06:04:35 | Weblog
暇だったので小樽に行く。去年の年末の買い出し以来の小樽。その時は入館するのも、してからも混んで混んで大変だったショッピングモールだったが、今回は正直ガラガラ、いつもの小樽だった。

10年ほど前から喘息持ちだ。山に登って頂上で昼飯を喰っていたら咳が止まらず、医者に見て貰ったら喘息だと。最初の頃は咳き込んで眠れない日が何日かあったが今は落ち着いている。

そのためか5年ほど受診していない。吸う薬もなくなったのでこの辺でもう一回見て貰うかとネットで調べて病院に行った。比較的新しい病院だった。待つこと1時間ちょっと俺の番になった。

驚いた。実に懇切丁寧に病状、現状を教えてくれる。太い気管は問題ないが細かい血管の働きが30%としか活動していない。胸のレントゲン写真では問題ないが、一気にはき出す肺活量が足らないなど。こりゃ、真面目に治療しなければ。

俺の後の受診する人に気が引けるほど俺に時間をかけてくれる。まあ、これなら長時間待ってもショウがないな、と思わせた。前回の病院は1時間半待って、「引き続き薬を出しておきましょう」と。30秒もかからない診察時間。それに比べれば大満足。でも、こんなところで大満足してもどうしようもない。

お皿が廻るお寿司屋さん、いい味を出していた。前日食べた某町の同業より流石都会だ。でも、二日続けて回転か。

3月18日朝。雪解けが進んでいる。もう、荷台のスキー板を降ろし、ゴルフバックに詰め替える時期だな。

コメント

転勤

2008-03-17 06:45:20 | Weblog
修理して貰った車の調子が悪い。朝、エンジンをかけて走り出すと途中でアクセルを負荷しても10キロほどのスピードしか上がらない。それが10秒ほど続き徐々に普通に走り出す。エンジンが暖まっていればその現象が出てこないが、朝一番とか、ちょっと駐車しておいて走り出すとその影響が出てくる。

それで昨日車を見て貰ったが原因が分からない、とのこと。再度、依頼することになる。

日本海にある某町から夫婦でアパート探しに来た。俺を知っている方がそこで働いており、その方の紹介で電話があったもの。旦那さんがニセコに転勤になり奥さんは隣町の蘭越に勤務、そこでニセコに探しにきたのだ。「ごつい」顔をした元気そうな旦那さんだ。

午後には携帯にはやり部屋を捜している若者から電話があった。直接携帯に電話があったのは誰かの紹介。その若者が勤めているオーナーの知り合いだったのでその方の紹介だろう。段々、俺のネットワークが広がってきた感じがする。まあ、春でもあるな。

外国人に負けてたまるか、と勢いのある日本人の方がヒラフを視察に来た。何回か視察にきているが本格的に進出するための情報収集だ。回転寿司屋で飯を喰ったがその観察力というか洞察力が凄い。確かに前向きな商売人だ。

しかし、3年後、5年後のヒラフやニセコはどうなるのだろう、といつも思っている。

3月17日朝。暖かいな。3月に入って急激に雪解けが進んでいる。一ヶ月早い気温と雪解けだ。

コメント