ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

代償

2007-10-31 03:47:32 | Weblog
 晴れてお天道様が照っているところもあれば局地的に雨が降っている、安定しないそんな天候の一日だった。山の頂上は雲に覆われ、間違いなく雪が降っていただろう。

 午前中、久しぶりに蕎麦を挽いた。友達から新蕎麦を送れ、との連絡を貰ってだいぶ経つ。この辺で送らないと苦情もんだ。挽いた蕎麦は倶知安のそば屋さんが作った玄ソバを購入し、石臼で挽いたもの。蕎麦を挽いて、篩(ふるい)にかけるとそば粉が周辺に散らばるというか飛ぶ。身体中、そば粉の粉だらけになる。黒々とした髪の毛も白くなるほどだ。
 自慢じゃないが俺の打った蕎麦が好きだ、と言う人は沢山いる、この辺では一番美味い、と言う人もいる。しかし、蕎麦を打つのは正直面倒なのだ。その気にならないと挽いて、打って、茹でて、食べて貰う、ことをしない。でも、月に一回くらいは打たないと腕が鈍るかも知れないな。新蕎麦、打ってみるか、食べて貰うか。

 午後、久しぶりに倶知安の耳鼻咽喉科に行き、臭いが感じられなくなった俺の鼻を見て貰う。匂わない理由を鼻の穴にカメラ付き管を入れてよく説明してくれる。中々気さくな、いい先生だ。

 今月は体調チェック月間。身体の中に色々と入れられている。胃カメラは飲んだし、今回も鼻の中にカメラを入られたし、今日は大腸検査だ。上から下から穴の開いている至る所にカメラが入っていく。昨日は3食とも大腸検査の前の検査食。朝、夕はお粥と味噌汁のみ、昼はスープとクラッカー、おやつはあめ玉2個。飲み喰うために生きている俺にとっては酷だ。
 飲めないから日本シリーズでも、と思ったら散々。彼では通じないと思ってはいたが、余りにも情けない。ストライクが入らない、打てないじゃ、どうしようもない。短期決戦、実力が出る。もう札幌には戻ってきそうもないな。
 また、シリーズを前にして、現チームのジェネラルマネージャーが他球団の監督に就任する、現監督が他球団の監督になり、その発表をするためにチームを一時離れる。選手を引っ張るビック2がそんなことをしている。そんなことを許すというか『やられてしまう』、止められない球団はどうかしている。トップ2がそんなことをしていたら一致団結して相手をやっつける、シリーズを制覇する、そんな気持ちに選手はならないだろう、なれないだろう。こんなことを許す球団幹部を首にしろ。この代償は絶対に大きいし、来年以降立ち直れない、大きな問題だ。
 10月31日朝。
コメント

ビジネス・チャンス

2007-10-30 05:18:16 | Weblog
 午前中は小雨まじりだが昼前後には結構強く雨が降った。こんな日は正直つまらない。夜は雷が光っていた。

 ニュージーランド人の若者が尋ねてきた。札幌で英語を3年間教えていて片言の日本語を話す。英語を教えていたと聞いたので思わず『ノバか?』と聞いたら違うと。で、何でニセコに来たのかと、聞いたら『ビジネス・オポチュニティ』、ビジネスチャンスがあるから来たようだ。ウエブ・デザイナーとしての仕事があると判断したのだろう。
 15年程アメリカ滞在、アメリカ国籍を持っていて、去年の11月にヒラフにやってきた日本人若者が彼女を連れて、寄ってくれた。アメリカにいるときに何回かメールのやりとりをしたようで彼は俺のことを良く知っていた。彼と話しをしていると何かしっかりしているな、落ち着いているな、と。

 お父さんが商社マンでアメリカをはじめ欧州で育ったという若い日本人女性が豪州人の彼と賃貸を探しているということで尋ねてくれた。外国育ちの彼女がビックリするほどヒラフは外人が多く、仕事に使う会話も英語の世界らしい。最もカナダ人が経営する会社で仕事をしている関係もあるだろう。

 ここ2~3日で数人の若者が尋ねてくれた。日本人でも外国生活が豊富な若者やビジネス・チャンスを求めて外国人がヒラフ・ニセコに世界中からやってきている。人が集まれば関連した色々な仕事が増える。仕事が増えるとまた人やモノが集まる。もう十分な気もするがまだまだ膨らむかも知れないな、ヒラフは。
 俺はヒラフのピークは一昨年だったと思っていた。が、まだまだこのブームは続きそうだし、続いている。今までは豪州人が先頭に立ってヒラフを引っ張ってきたが今後はアジア人が引っ張るだろう。
 ニセコで育った方々はニセコの魅力をあまり感じていない。俺のように本州から来た人々がニセコの魅力に取り付かれる。それと同じように雪の魅力に何も感じなかったがニセコエリアの人達にその魅力を教えてくれているのは外国人だ。俺がニセコに来たばかりの頃『ニセコには売るほど雪が降る。雪が売れれば、、』と言っていた地元の方。直接雪を売ることは出来ないが、間接的に雪を売っていることになっているな。自然に降る雪がお金を落としていってくれている。自然の恵みに感謝だな。
 10月30日朝。
コメント

小径

2007-10-29 06:39:15 | Weblog
 何故、デリカなんだろう。倶知安の外国人が好む車は三菱デリカのワゴン車、しかも新しいものではなく、それなり年代モノ。しかも、色は濃いグリーンの車。この車が外国人の間では非常に、非常に流行っている。何故、こんなに人気なんだろう。荷台が広いため大きいモノが載せられる、寝られてホテル代わりにもなる、こんなことから人気なんだそうだ。それにしても濃いグリーンのデリカ車、ヒラフでは超人気だ。
 午後、全道フットパス大会が開かれたコース、蘭越町旭台を2時間以上歩いた。風もなく雪が舞い降りるほど寒くもない天候だったので、ちょっと歩きたくなったのだ。雪の代わりに落ち葉が舞い降りてきて、その落ち葉の上を歩けて非常に気分がいい。温泉の噴き出ている廃屋や、使われていない馬鹿でかいペンションか保養所の建物なんかもあり、歩いていて飽きない。アップダウンもそれほどでもない、車もほとんど通らない、歩くには丁度良いコースだ。帰ってから地図を見るとまだまだ色々なコースがあり、今後が楽しみだ。時代はフットパス、車に邪魔されず自然豊富な小径を歩く、これがいい。
 ワールドシリーズは4回まで、日本シリーズは8回まで見た。松坂君は調子がいいように思えたが6回で四球を連発し交替したとのこと。5回くらいで満足しては物足りない。せめて7回くらいは投げないと。
 日本シリーズは俺は毎回毎回文句を言っているが主審のストライク・ボールの判定が厳しすぎる。大リーグでは感じないのだが、日本シリーズの場合、主審が厳しすぎるため四球が多く、試合が間延びして、全然面白くない。昨日も勝ちたかったがあれだけストライクをボール判定されたら投手はたまったモノではない。
 各審判の主審をしたゲームの平均試合タイムを出して、その試合時間が短い審判が優秀な審判、と言っても良いだろう。主審が自分自身の判定、パフォーマンスに酔っている気がしてならない。主審を審判する人はいないのか、作るべきだろう。自己満足で終わったら進歩がない。ハムが負けてちょっとイライラだが、全然打てないな、話しにならないな。グレンで勝てないとちょっと厳しいな、このシリーズは。
 10月29日朝、暖かそうな朝だ。
コメント

後先

2007-10-28 04:07:18 | Weblog
 随分穏やかな暖かい秋の日だった。ノンビリと里の秋を満喫出来る一日だった。
 午後、我が家の唯一の農産物、ジャガイモを掘った。しかし、馬鹿でかいのと小さいのがあったり、腐っていたり、普通の出来ではないことが素人でも解る。後から農家の方に聞いた話しだが『病気』が入っているらしい。食べても美味しくないという。このジャガイモを何人かに贈ろうプレゼントしようと思ったが、これじゃ贈れない。ニセコのジャガイモの評判を落としてしまう。ジャガイモプレゼントはちょっと考えさせて貰おう。
 午後、若者が尋ねてきてくれた。ニセコに住み始めた頃、近くに住んでいた若者だった。数年前に札幌に行くとのことで分かれたが、それ以来、5年くらいは経つのか。札幌に半年、焼尻島で半年、美瑛に行き、今は旭川に住んでいるという。
 『今は結婚し、子供一人、お腹にもう一人います』という。で、俺が言った。結婚し、子供じゃ無いだろう、子供が出来て結婚したんだろう、と。『そうです。逆でした、訂正します』と。まあ、どっちでもいいけど。
 今は旭川に住んでいるが『何かが違う、ニセコに戻りたい。このまま俺の人生がここで終わると思うと、淋しい』という。このままでも生活が出来、喰っていけるが、何かが違うらしい。ラーメン屋さんの娘さんと結婚したらしいので『ラーメン屋さんで修行し、ニセコでラーメン屋さんをやれよ』と送り出す。 
 夜、近所の方のお袋さんが亡くなり、通夜に出る。92才、お袋と同じ年の生まれだった。式の25分前に着いたが受付番号330番代、結構な人が集まっている。当然、地域の皆さんが裏方となって受付をしたり、接待をしたりしているが、この中にも移住者の方々が結構多い。移住者と地元の方がうまくとけ込んでいるな、と感じる。やはり、移住してきた方が地域の親交会に入ることによって地元の方々と関わる、交わる。そのことによってうまく地域にとけ込めるのだろう。移住者、地元民、それぞれが認め合わなければ、いい地域作りは出来ない。近藤地区はいい手本だろう。
 10月27日朝。
コメント

3点

2007-10-27 06:30:12 | Weblog
 朝早く人間ドックに入るため、札幌に向かった。中山峠、定山渓は、やはり紅葉のピークは過ぎていたが札幌市内はピークだったろうか。
 今回は頭と心臓のMRIを受けた。両者とも時間はかかるし、何よりも非常に喧しい騒音がする。その為、ヘッドホーンをつけたり、耳栓をつけて横たわった。何でこの機械からそんな騒音を出すのよ、出るのよ、というほど酷い騒音だ。踏切のチンチン、ブザーの音、ハンマーのドンドン、それら数種類以上の大騒音が襲ってくる感じだ。担当する女性は『騒音だけはどうしようもありません』、本当にどうしようもない騒音だった、頭がクラクラするほどだ。
 胃カメラも美味しく飲ませていただいた。随分、スムーズに入っていくし、慣れてきた。ヨダレもそんなに垂れず、ゲップは我慢してくださいと言われたがゲップも出ず『キレイな胃です。十二指腸潰瘍も』と褒められる。
 しかし、今の医学は凄いなと思う。俺の心臓が3Dで現れる。思わず『これが俺の心臓?』かと聞けば、そうだ、と。心臓も頭も特に問題はなく、頭については『頭はいいですね』と褒められる。
 指摘を受けたのは3点だった。肥満、便鮮血、軽度の脂肪肝。肥満についてはマラソン大会が終わってからほとんど運動をしていない、喰っては寝ての繰り返し。便鮮血は月末にチェックを受ける、脂肪肝については酒を減らし、適度な運動をして身体を搾るしかなさそうだ。ガンマーGPTは相変わらず高い。この3点、何とか正常値に持っていきたいな。解っていても良く喰うし、飲むし、運動はしないし。
 久しぶりにニセコの居酒屋に行った。10月はほとんど飲んでいなかったので飲みたくなったのだ。金曜日、給料日だったせいか、居酒屋さんは混んでいた。お客さんを断る程だった。居酒屋さんが混んで、活気があると町全体が元気になる。『居酒屋を満員にするかい?』のメンバーを募集しよう。
 10月27日朝、暖かい朝だ。久しぶりに飲んだな。
コメント

天国

2007-10-26 04:16:38 | Weblog
 黄ばんだニセコが赤茶けてきて、どうやら紅葉がピークを過ぎたようだ。昨日も暖かい、いい天気だった。朝、9時半前に電話があった。『ゴルフ日和ですが』と。早速10時過ぎにはニセコゴルフコースでスタート。友の会メンバー、木曜日割引でプレイ代は3000円。シンジラレナーイ値段だ。
 カウンターで3000円を支払うと『今日のブログの写真はどこから撮ったのか』とカウンター内の女性に問い合わせを受ける。あんたも、俺のブログを見ているのかと思うと恥ずかしいし、悪いことは書けないな。
 カウンター内の女性には文句はないがクレジットカードで支払う場合、暗証番号をプッシュする機械があるが、この機械、暗証番号をプッシュするとき周囲の誰からも見えてしまうようなプッシュ機だ。上司に頼んで他の人から見えないようなプッシュ機に買えて貰うよう言っておいてよ。

 風もない10月後半とは思えない暖かな天候だった。この周辺の人は天候によってゴルフをするかしないかを決める。特段予約も必要ない。週末、祝日を除けば、いつでも出来るゴルフ天国だ。暖かい日だったので結構な人がプレイしていた。多分、定年を過ぎた方々だろう。プレイが終わり、ビールを飲みながら仲間と昼飯を食べて、話し込んでいる。俺はこんなシーンが好きだ。こういったシーンを見ていると映画館もなく、本屋もないニセコだが『ニセコはいいぞ』と思う。

 地球温暖化なんだろう、紅葉時期が遅れていると感じている。俺がニセコに移住する前1999年10月10日に土地の様子を見に来て、その時にゴルフをしたがその時は10日前後が紅葉ピークだった。毎年1日紅葉が遅れるとすると今年のピークは10月18日頃、というより20日過ぎがニセコ紅葉のピークだ。後5年もすれば、10月後半がピークになるだろう。10年経てば11月に入ってしまうかも知れない。

 もう今年のゴルフは諦めていた。封印しようかと思っていたがこんな日にプレイをするとクローズ予定の11月11日までには後何回かプレイしたくなった。天候の良い暖かい日があれば、プレイするか。間違いなくゴルフ天国だ、ニセコは。
 カウンター内の女性達を今日の写真は何処か分かるかな。俺が好きなロードだ。
 10月26日朝。
コメント

秋晴れ

2007-10-25 04:58:13 | Weblog
  一日中、素晴らしい秋晴れだった。羊蹄山を中心に何人か写真を撮る人達が見受けられた。自称『羊蹄山周辺写真家?』の俺も何枚か撮ったが良いと思って撮ってもたいしたことがないことが多い。まあ、しかしデジカメは便利だな。デジカメが出てきて現像する写真屋さんの仕事はだいぶ減ったろうな。 

 今日から大リーグはワールドシリーズ。日本シリーズと違って試合間隔が間延びしない。日本の場合は間隔が空きすぎる。クライマックスもそう。ボンボン消化しなければイマイチ盛り上がりに欠ける。クライマックス終了後、2,3日でシリーズに入らなければ、折角クライマックスで盛り上がっているのに、調整期間一週間ほど間をおくと、盛り下がって、さらにそこから盛り上げるのは難しい。クライマックスが終わったら直ぐに翌日でもいいから日本シリーズに突入しろ、と。ファイターズが優勝してから何日が経つんだ。だいたい、その間に監督のヒルマンがアメリカに行って監督就任するなんて、何なんだい。心ファイターズにあらず、だ。
 2日前、jtbの札幌に電話を入れた。『ワールドシリーズのツアーはないのか』と。個人は対応しておりません、ツアーもありません、東京も同じです、と断られてしまった。もうちょっと早くから準備をしておかなければ見に行けないな。
 一度サッカーのワールドカップを見に行きたいと思っているが次回は南アフリカ、ちょっと遠い。しかし、4年に一回のワールドカップ、そんなことを言っていたら年取って行けなくなってしまう。日本が出場し、元気なうちに行かないとチャンスはそうない。南アフリカか、ちょっと考えて見るか。最も日本が勝ち上がってからでも遅くはないが。
 10月25日朝。
コメント

体調管理月間

2007-10-24 04:09:17 | Weblog
 寒い一日だった。一時空はドンヨリと曇り、いつ里に雪がパラついてもおかしくないそんな一日だった。
 いつの間にか白樺の葉っぱも黄ばみ、カラマツの葉もマダラで紅葉してきた。このカラマツの葉っぱが全体的に紅葉すると『雪』のシーズン突入となる。暖かかった秋の割には寒さが急だな。
 今月は体調管理月間だ。昨日、朝一番で31日に受ける大腸検査の予備検査で札幌の某病院に行く。人間ドックの結果を見て、俺の酒治医さんから検査して貰った方が良い、病院紹介してあげる、と言われ、今回の診断になった。
 紹介され、申し込んだこの病院、非常に混んでいる。確か9月初旬に申し込んだのに検査は10月末だ。混んでいる人気の病院だが酒治医さんからの手紙は効果抜群だった。受付に行けば『伺っております』と言われ、担当した副医院長からも歓迎された。病院に歓迎されてもショウがないけど。酒治医さん、ただの酒飲みかと思っていたが凄いな。
 26日には札幌で人間ドックを予定している。倶知安の病院でのドック、町の補助によるドックも受けたことがあるが、この検査で病気が分かるか、という感じを受けた。その為、ここ2年は札幌に行って受けている。以前は悪いところが発見されたらどうしようと思っていたが最近はどうせなら発見して貰って治療した方がいい、その気持ちになっている。
 札幌に行く途中、中山峠では雪がちらついたし、路肩には白いものがあった。初冬だ。今週末頃で紅葉見頃も終わりかな。
 10月24日朝。
コメント

何が、

2007-10-23 05:31:35 | Weblog
 自己満足じゃ、何が土俵に立てただけでいい、んじゃ。自分が持ち帰った回答と専門学校が出した回答をチェックしたら間違いなく不合格だった。合格線上の35点プラスマイナス1のスコアまで達していなかった。ったく、何なんだ。今までの勉強したのは何だったんだ、酒を抜いてやったって合格しなければ何の意味もないじゃないか。馬鹿たれ。
 満点とは行かないがそれなりに出来たと、行けるかなと思っていたからなおさらガックリだ。だいたい、8月15日に参考書と問題集を買ってきて、それで合格しようとするのが間違いだ、大甘だ。そんな簡単なら誰でも取れる。まあ、しかし、この点数で満点近いなんて思っている本人が信じられないな。超楽天主義だ。兎に角来年一年はトライしよう。
 
 札幌からニセコまでは本当に紅葉が見頃だ、ビューティフルだ。若干二日酔いはあったものの鮮やかな紅葉を見ながらのドライブは気分がいい。本当に美しい。まあ、でも札幌もいい街だな。それなりの都会だし、ちょっと走れば自然が沢山、街には飲み屋も豊富だし。

 松坂君を見た。5回を投げきれるのがやっとだった。守備陣のバックアップが無ければ5回まで投げきれない状況だった。追い込んでも中々アウトを取れない。これを見ていれば極普通のピッチャーなのか。14勝したのだからそれなりに評価はされるだろうが、俺の評価はイマイチだな。
 松井稼頭央君が大リーグに慣れて実力を出してきた。天然芝に慣れず、守備が可笑しくなって、バッテングにも影響し、さらには怪我などもあり、実力発揮とまでは行かなかった。トレードされて、それなりに吹っ切れたのだろう。今は彼がチームを引っ張っていると言っても良いだろう。顔もいいし。
 アメリカにでも行ってこの試合を見て来たくなったな。アメリカを知るには球場に行くと分かる、というのが俺の持論。あの雰囲気が何とも言えず感激するのだ。今から申し込んでも遅いだろうが、冷やかしで申し込んで見るか。
 今朝は不合格のショックも吹っ切れている。やり直しだ、出直しだ。
 10月23日朝。
コメント (1)

満足

2007-10-22 07:20:21 | Weblog
 朝からホテルに閉じこもり最後の抵抗、無駄な抵抗か。試験は札幌の専門学校で行われた。学校前には宅建の各専門学校関係者が「受からなかったら是非当校へ」という感じで案内書を配っていた。そういえば、8年前に受けた建築士試験でも同じような光景が見られた。
 1時間半前に教室に入り、参考書をパラパラめくり最後の抵抗。1時より3時までが試験時間。試験問題は50問。4項目の中から1問の正解を選び、回答するもの。一応、20分前には終わったが全てを見直すことはできず、不安が残る、というより見直しても、よく考えてもわからない問題。
 
 合格は50点満点で36点以上だと合格間違いないらしい。で、俺は何点とったのか正直わからない。直前に模擬試験みたいなものをやったときには20点代。とても合格する点数、レベルではない。
  何点とったかは専門学校で公表する回答を見ればわかるらしいが見る勇気もない。12月5日に合格者だけに連絡があるとのこと。たぶん、届くことはないだろう。
 まあ、この土俵に立っただけでもいいか。一応、10月は3日間を除き、酒を飲まなかった。その割にはたいして勉強はしなかったが、まあ、自己満足だ。おかげで体からアルコール類は完全に消え去ったし。

 一昨夜も札幌に来て初めて酒を抜く。美味しい焼き鳥屋さんの前を通ってもじっと我慢するほど。その関係からか試験が終わった後は帰る気も起こらずもう一泊する。当然酒を飲むためだ。久しぶりにアルコール・インサイドだ。まあ、でもアル中で無いことは確かだ。

 10月22日朝、札幌のホテルです。

 
コメント

ピーク

2007-10-21 04:40:42 | Weblog
今年の紅葉はたいしたことがない、と言った前言を取り消す。昼過ぎに札幌に向かい、ニセコからスタートし、真狩、喜茂別、中山峠、定山渓、いずれも紅葉がピークだった、非常に美しかった。しかも、雨が降った後で、紅葉した葉っぱ群が生き生きしているというか輝いて見えた。ここに紅葉ピーク宣言を行う。

 前々夜は荒れた天候だった。ラジオのローカルニュースでは倶知安地方、瞬間風速35メートル、と言っていた。雨も一時的ではあったが強かった。真狩村の農道を通ったら木が倒れていたほどだ。

 今は札幌にいる。ホテルの閉じこもり今日行われる宅建の試験勉強でもやろうと思って来てみたが、ダメだ、覚えきれない。覚えたようでも覚えきっていない。焦って本屋に寄って参考書を買っても、もう時は既に遅しだ、間に合わない。

 ウッズに打たれた3ランはバッテリーが逃げていたな、弱気になっていた。特にキャッチャー・阿部君がどうかわすか、そればかりを考えていて、向かっていく強気さもなく、勝負する勇気もなかった。蛇ににらまれた蛙だった。その弱気がチーム全体に浸透してしまった。
 それにしてもドラが一番強いのだろうか。巨人が来てくれればハムが勝つだろうと思っていたがドラかよ。アンベイ悪いな。完投できる若い投手順がいるし、攻撃陣もどこからでも打てそうだし、ドラは強敵だろう、ハムにとっては。
 10月21日朝、札幌のホテルにて

 

コメント

不便

2007-10-20 05:48:07 | Weblog
 今年の紅葉は今がピークなのだろうか。それにしては白樺の葉っぱが色づかないな。それと全体的に鮮やかさな足りない感じがする。未だ、ピークでは無いのかも知れない。まあ、でも今年の紅葉は寒暖の差がそれほどないので驚くほどの美しさではない、な、多分。

 午前中、ジャガイモを何件か発送した。10キロのジャガイモの箱を少し動かしただけで、握力がなくなるようなそんなひ弱な筋肉になっている。ダメだ、鍛えなきゃ。 
 ニセコも郵便局が民営化された。看板もユニフォームも一新された。新しく入ったか、異動したのかしらないが、見知らぬ人も結構いる。しかし、何か複雑になった感じだな。
 ジャガイモの集荷を頼むのも倶知安の郵便局まで電話しなければならないし、ニセコの郵便局には配達・集荷する部署はないらしく、間借りしているようなことを行っていた。でも、倶知安の郵便局からニセコに電話を入れて、ニセコから集荷に来る。そんなこんなで今回も行き違いがあったし、まあ、発足して間もないので大目に見るか。
 基本的には民営化は大賛成だ。しかし、ちょっと、面倒くさいというか、不便だな、こうやって仕事が統合されたり、分割されたりでは。今までは安閑としていた方々も後何年かすると大リストラされるだろう。民間になると言うことは大変なんだから。それを知らない人達が多いだろうから。意識改革は進んでいるのだろうか、郵便局は。

 夜10時前に電話。管理している訳でもないリゾートマンションに入居してる方からだった。『火災報知器が鳴って、水漏れしているようだ』と。行ってみたら1階の部屋の一部が水浸し。2階に行って入居者と話しをしたら『何もしていない』と。その部屋は今までは空き屋になっていて最近若者が入居していた。彼が洗濯をして、その洗濯用排水がうまく流れず、下まで流れて来ていたのだ。ポタリポタリと垂れる水がアワを含んでいた。

 10月20日朝、昨夜強い風と雨が降った。鮮やかな紅葉がだいぶ痛めつけられたかな。
コメント

態度

2007-10-19 04:30:58 | Weblog
 資格試験が迫っているため勉強中だがなかなか集中できない。途中眠くなったりしてどうしようもない。合格までは程遠い感じだ。ここ2日半、集中しなきゃ。

 午後、山梨県から友達が持っている真狩村の土地を売って欲しい、今役場で調査中、物件を見たら伺いたい、との電話があった。で、俺は『見ればガッカリするかも知れません』と。
 その方ややってきた。法務局や役場に行って調べてきたのだろう、色々な書類を持ってやってきた。『社長の言われる通り』でした、と。『こんなモンなんですか』と『そん(損)なモンなんです』。
 役場では毎月同じような方が10人ほど来て、調べて行かれるが、皆さんガッカリして帰られる、と、言われたようだ。物件を見るために途中まで行ったが道が無くなっており、辿り着けなかった、と。
 で、真狩村の一部の地籍集成図を見せて、その原野商法の凄さを見せた。特に羊蹄山周辺の土地が細かく区画され、何千にも細切れされ、売られている。当時はどんな感じで売っていたのだろう。どんな感じで買っていたのだろう。北海道に土地を買って儲けてやろうと思った人も何人かいたろう、な。地元の司法書士、そして開発販売した本州の業者は儲かったろうな、と。
 ここに来て原野商法の関係の電話が多くなってきている。昭和48年から52年頃がブーム、約30年前後経つ。30年も経てば人間、年をとるし時代も変わる。商売にはならないが調査するのも地元不動産屋の役目だろう。

 しかし、何で『L&G』という詐欺商法に引っ掛かるのだろう。使っても減らないお金なんかないだろう。あんなやろうに騙されて、お金を持って行かれる、信じられないな。変な欲を出すと良くないな。

 ハムが勝ってしまった。あの難攻不落の成瀬君をノックアウトし、ダル君が力投、優勝するなんて、信じられない。昨日も書いたがよくあのメンバーで優勝したな。でも、強そうな凄い選手達がいる、というチームは何故か勝っていない。目立たず、チームの歯車の一つになってまとまっている選手がいるチームが強いのだろう。でも交替させられたダル君の態度はいただけない。あのような態度は誰かが注意しなければ。今のうちにつまらない態度をするヤツは注意をしておかなければ。
 10月19日朝、外は未だ暗い。
コメント

日本語教室

2007-10-18 05:32:25 | Weblog
 青空だったり、急に曇ってきて局地的に雨が降ったり、ちょっと荒れた天気だった。こんな天気だから虹もでた。昨日も一瞬だが羊蹄山を囲んで180度の虹がでた。この虹全てを写真に納めるのは虹が大きすぎて俺のデジカメでは出来ない。いつか撮ってやるぞ、と思っても無理だろう。もっと性能のいい広角のカメラじゃなきゃ。それにしても180度の虹、凄いな。
 昨日試合だったらロッテに敗れていただろう。間一日おいて今日が決戦だとは知らなかった。今日なら五分五分いい勝負になる。それにしても今年の日ハム、何で優勝しちゃったんだろう、何でこんなに強いんだろう、と思う。たいした選手がいるわけでもない。確か、チームのホームラン数も12球団最低、それと確かチーム打率もそうだ。いいのは投手陣だけ。それもここに来て中継ぎ、押さえが打たれている。ダル君が最後まで行けば何とかなるだろう。でも、相手は成瀬だから打つのは難しい。どうなるやら。でも、ロッテは何でここまで成瀬を温存したのだろう。それが謎だな。
 オシムサッカーを見た。バックパスやパスミスもあったが、見ていてスピーディ、相手にプレッシャーもかけていて、見ていて『やるじゃない』と。俺が期待しているサッカーをやっているではないかと。
 聞くところによるとエジプトはアフリカチャンピオン。そのチーム相手に快勝するとは信じられないな。でもこんなに差があるとは思えないがサッカーというこんなモノなんだろう。それともエジプトチームだから負けてもいい、早く『カイロ』の心境だったのだろうか。
 kオヤジと息子の記者会見、何なんだ。何が迷惑をかけて申し訳ない、だ。語気を強めて睨めつけて言う台詞ではないだろう。全然反省の態度が見られない。このオヤジはやりたい放題今まではやってきたのだろう。謝ったことは一度もなかったのだろう。パフォーマンスの意も知らなかったのだろう。
 今後は、息子二人には半年間のボランティア、もう半年間は日本語教室で日本語を習う、これが必要だろう。まあ、オヤジもだな。俺もかな。
 10月18日朝、曇っているのかな。
コメント

初氷

2007-10-17 06:07:22 | Weblog
 朝、起きたら一面が霜だらけ、真っ白だった。初霜だ。驚いたことに水たまりには初氷がが張っていた。随分、冷え込んだ。
 冗談みたいなことが起こった。朝、携帯電話を探していてどうしても見つからない。ショウがないので家の電話から自分携帯に電話をしたら胸のポケットで鳴り出した。あまりにも酷い。ショックだ。こんなことがあっていいのだろうか。こんなことが日常茶飯事になってくるのももう少しなんだろうか。俺の表情が凍り付くようだ、ショックの何者でもない。
 手帳を持ち始めて5年になるが今まではどうにか無くさず持っていた。しかし、昨日どう探しても見つからない。知り合いの家に忘れてきていた。一日にこんなことが2度も起きるとは。間違いなくボケ老人予備軍だな。
 何の木か分からなかったが枝つきの葉っぱが音を立てて、誰かが枝降ろしをしているかのような感じでバサバサと落ちてくる。中犬ハナ公が驚く程、俺も驚いた。こんなに一気に枝付葉っぱが落ちるのかと。この霜で木々の葉っぱが一気に紅葉や落葉に向かうのだろう。 
 午後、免許の講習を受けた。違反講習なので2時間の長さだ。宅建の勉強をやろうかと参考書を持参したが眠るのが先で、直ぐに寝てしまった。折角、丁寧に教えてくれる担当の方がいたのに、失礼なことをした。前回初めての優良ドライバー免許だったが、今回から一般のドライバー免許に戻る。何回かスピード違反で捕まったのでショウがない。
 ファイターズがやられてしまった。これで2勝2敗。ロッテには成瀬投手がいる。ちょっと分が悪くなったな。
 資格試験の勉強が捗らない。参ったな。
 10月17日朝、晴れるような曇っているような。写真は一気に枝付葉っぱが落ちた後と霜。
コメント (2)