ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

また、か。

2005-09-30 05:28:54 | Weblog
 午前中の早い時期でYさんによる当社の経理チェックもほぼ済み、千歳に向かった。天気もまあまあドライブ日和、気分良く走り出した。ルスツスキー場手前で、何となく異様な雰囲気。赤旗をもった方が飛び出し、停まれと。うわぁー、またやってしまった。スピード違反だ。
 警「秋の交通安全週間です」。
 俺「.....(知ってるよ)」
 警「制限速度50キロのところ24キロオーバーです」。
 俺「そんなに出していないよ」
 警「メーターを見て下さい。国の基準をパスしたメーターです」。
 俺「.....(.......)」
 警「書類作成します。職業は」。
 俺「.....(.......)」
警官は勝手に「語らず」と書類に記入する。書類記入時に、車の流れをみた。ドライバーの皆さんは、そこで取締りをやっているのがわかっているようにゆっくり走っている。普段はバンバン飛ばしているではないか。何で、今日に限って、取締りをやっているときにノロノロなんだ。引っかかったのは俺だけか。ガックリだ。
 「出頭と書いてありましが期限内に違反金を支払いえば出頭する必要はありません。違約金は1万5千円です」。まあ、気分はよくないな。これでニセコに来て、5年半になるが3回目だ。シャクなのはYさんを千歳に迎えに行った一昨日もそこ、反対車線でやっていたのだ。「ルスツはここでやっているのか」と俺も知っていたのだ。それで捕まるなんて。あ、あーあ。
 泊まりに来ているI君一家から帰りが遅くなるとの連絡。飲み始める。飲み終わった頃帰ってきた。前日、旭山動物園に行って、宗谷岬まで足を伸ばして、帰ってきた。相当な距離を走った計算だ。9月30日、早朝、秋のよい天気が続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼやき

2005-09-29 05:55:21 | Weblog
 テニス仲間のYさんに年2回会社の経理を見て貰っている。どうも経理が苦手なのだ。昨日は彼を千歳まで迎えに行く。途中は前後に車も無く、快適なドライブ。紅葉は未だ早いが北海道の道路は空いているのがいい。
 ニセコに着いて、昼食を食べた。某店で食べた「ソース焼きそば」は、な、なんと2~3センチでボソボソに切れている。こんな麺を出すなよ、と文句を言いたかったが知り合いでもあり、黙って食べる。しかし、作っている途中切れているのは分かるだろう、なんてこった。折角美味しいと思って食べに行っていたのにガックリだ。食い物の恨みは恐ろしいぞ。
 しかし、楽天の監督は野村かね。ヤクルト時代は名将と云われたがタイガースでは全然通じなかった。何でそんな年寄りを若いオーナーは監督として呼ぶのかな。時代に逆行しているだろう。最も俺が野村を嫌っているだけなのかな。
 嫌いな理由は2つある。俺の神様長島神様をぼろくそに言いふらしていること。それと会社員時代に会社の講演会で彼の話を聞いた時に、自分を棚に上げ、自分を弁護し、鶴岡前監督の悪口ばっかり聞かされたのだ。丁度その頃、南海の監督を現在の奥さんの関係で辞めさせられた時だった関係もあるかも知れないが、ぼやくこと、ぼやくこと。それと「話しは下手です」と連発しながら笑わせる、そのやり方が気に入らない。最近、教え子の古田からは年賀状も来ないとテレビで発言していたが古田の気持ち分かるような気がするな。でも、またあの奥さん出てくるのかな。奥さんも嫌いだな。そう言えば、息子が楽天にいるのかな。9月29日、今日も快晴だね、爽やかだね。でも、人間の好き嫌いをこうやって表に出す俺も嫌われ者だな。野村様は有名人からいいだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手続き

2005-09-28 05:23:41 | Weblog
 9月初旬に個人売買で中古車を購入したが名義変更手続きで前回札幌に行ったが書類不備で戻されたため、書類を整え、再度昨日札幌に行った。札幌までは1時間半から2時間。ニセコからは行きも帰りも道路は基本的に空いている。天候も晴れ、空は青く(帰りは雨に降られたが)、気分の良いドライブ。
 運輸局は結構混んでいた。住所・名義変更やユーザー車検などを受け付けており、そのユニフォームなどを見れば、車関係の方々の出入りがほとんど。素人はあまりいないのでは。プロに任せればこの手続きは15000円。それを浮かそうして自ら手続きに出向いたが、車庫証明が不備なことから2度それを取ったり、札幌2度の往復を考えれば、業者に頼んだ方が安くついた。まあ、社会勉強になったと思えばいいか。
 勉強と云えば宅建の試験もまもなくあるようだ。3年不動産業に従事していれば5点免除になることから俺も来年あたりチャレンジしようかと思っている。今回受験するある人によれば「普段話したり、書いたりする脳みそと、受験のための勉強は全然違う。脳みそが融けかかっている」とのことだ。太らず、身体を鍛えることと、頭を鍛えること、この二つがこの年のなると重要だ。このことから何らか勉強を続けないと惚けてしまう。これを避けるために来年はチャレンジしよう。
 いつも思うのだ。俺の心がけはなかなか立派だと。しかし、行動が伴わないのがたまにキズだ。でも、思わないことよりはいいかな。たいして変わらないか。
 遊びに来ているI君ご一家は、昨日は洞爺湖、室蘭周辺に云ったらしい。今日は旭川の旭山動物園に行くようだ。「1才3ヶ月じゃ、連れて行ったって、覚えていないぞ」と云えば「我々が行きたい」とのこと。旭山動物園は人気なんだな。写真は一人娘の「萌」ちゃん。9月28日早朝、ガスっている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デジタル

2005-09-27 06:16:28 | Weblog
 楽天、田尾監督が更迭された。随分、気の短い、野球を知らないオーナーだ。というより、田尾監督とウマが合わなかったと云って良いだろう。新聞報道くらいでしか田尾監督の言動は分からないし、オーナーの意向も分からない。内部を分からなくてものを言うのもどうかと思うが、この解任劇については納得がいかない。
 寄せ集めのチーム、3割打者も、10勝投手もいない、良く頑張ったじゃないか、褒めてやってもいいくらいのチームだろう。こんなチームを率いている田尾監督だって、愚痴りたくも,ぼやきたくもなるだろう。しかし、そんな態度も出さず、常に明るい顔をしていたろう。わずか1ヶ月経過した頃、負け続けているのに何故ベテランを使うのだ、とオーナーから文句が出るなんて、何て心の小さいヤツなんだ、と思ってしまう。寄せ集めのチームの監督なのでせめて黙って3年は任せるくらいの度量を持て。三木谷よ、お前のイエスマンだけを集めたいのか。
 毎週月曜日、お前が自分の机の回りを整理・整頓・清掃するときいて、俺もおめえを見習って実行しているのに。何てヤツなんだ。何でもカンでも、人間までも「デジタル」で見ようとしているオーナーなんてクソくらいだ。ニセコのお兄さんが怒っているのだ。怒れ、仙台市民、東北住民。
 しかも、何で後釜が野村なんだ。70過ぎのぼやきの野村だぞ。もう監督の峠は越えている、賞味期限切れの爺さんだ。信じられんな若い新進気鋭のデジタル経営者の考え方は。人情というものが無いのか、オメエには。好き嫌いで、自分と合わないからといって切り捨てるなんて、なんてケツの穴が小さい男なのだ。ナベツネと替わらんじゃろが。やはりホリエモンにやらせたかったな。
 夕方、久しぶりに元の会社の後輩から「函館にいる。今から行きます」との電話。奥さんが寒河江出身で、帰省し、足を伸ばしてくれたもの。夜の9時半に無事到着。このI君、全然変わっていない。奥さんと1才3ヶ月になる娘の「萌ちゃん」が家族の一員として増えただけ。ただ、当時よりは酒が強くなっていたな。10時から飲み始めても眠くて眠くて「お先」に寝る。9月27日早朝、ちょっとガスっているがまあまあの天気。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こくわ

2005-09-26 06:19:54 | Weblog
 快晴な一日だった。ゴルフにでも行きたいと思ったが未だ国勢調査の調査票を配っていないことから、それを配り始めた。農繁期のため結構留守宅も多く一気には配れそうもない。5年の月日が経つと様変わりしている。亡くなってしまって廃屋になっているとか、施設に行っている、娘さんのところで暮らしているとかだ。何と言っても高齢化社会を感じさせる。思っていたよりは大変かも知れない。
 去年は台風のため実が落ちて作らなかったが「こくわ(さるなし)」の実を取って焼酎で漬ける、これが結構いける。例年取っている場所で「こくわ」を採りに行ったが全然なっていない。取られた跡もない。不作の年か、と諦めたが、もう一箇所思い出し、採らせてもらう。まあ、どうにか1リットルくらいは「こくわ酒」が出来そう。半年ほど寝かしてから飲む。
 知り合いの方2名が町長選挙の関係で来られた。「xxを頼む」と。3年ほど前に、町議選があり、義理になった方に投票をした。正直、別の方に投票をしたかったが、近所でもあり一票を入れた。選挙前、年なので立候補するのを止めさせたかったが立候補してしまった。近所でもあることから手伝いもしたが、その選挙活動・運動が何か気に入らなかった。当人と責任者を呼んで例のごとく気合いを入れた。「こんなことじゃ、勝てない」と。年配者に対して本当に怒った。最後であろう町議選に落ちたら格好がつかないと思い怒鳴ったのだ。やっと当選した。その後、その気合いを入れられたことが気に入らなかったのか、当選後、口もきかなくなってしまった。なんだい、この豹変ぶりは、と思ったが、それで近所の人が離れていくのが分かった。このようなことから、誰に何を言われようが俺のやらせたい候補に一票を入れる。写真はアンヌプリの夕焼け。9月26日早朝、朝靄だ。晴れるだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペンション

2005-09-25 06:40:16 | Weblog
 ニセコや倶知安でペンションをやりたい希望者は結構多い。しかし、昔と違ってスキーヤーが減少し、スキーやボードをやる若者も減っている現状から、その経営は芳しくないようだ。その全盛で行っていたオーナーも60代前後になっているので人も建物も世代交代の時期に入っている。
 明るい材料と云えば、冬の観光客・スキーヤーは全盛の半分ほどに減少をしているが、最近は冬場の観光客より夏場の観光客が圧倒敵に多くなっていることである。昔は、夏の間は営業せず冬場だけで稼げ、それで十分だったようだ。今はほぼ年中通して営業できる。しかし、年中営業できると云っても、そう簡単にはお客さんは泊まってくれないようだ。
 流行っているペンションは色々特徴があるからだろう。でもホスピタリティとかオーナーの人柄がお客さんを引きつけるような気がするな。だから、ペンションをやりたいと云ってきているお客様には「どのようなペンションをやりたいのか」、「特徴はあるのか」、「(建物を買う場合は)借金はどの位するのか」と聞いている。積極的に「やれ、トライしろ」とは決して言わない。反面、ニセコで「ラーメン屋をやりたい」、「レストランをやりたい」方には積極的に対応している。しかし、未だ実現はしていない。ニセコで美味しい和食屋をやってくれる人いないかなと常に思っているが。
 昨日、急遽、倉敷から母娘と娘の年子という子供(小学4~5年か)の4名がペンションを見に来られた。一昨日、母親から電話があり、ペンションを見たいと。外の不動産屋さんに連絡し、ついでに当社かと思ったがそうでもなさそう。たかが、一つのペンションを見るのに急遽来る。「雪が想像ツカンノヤ」と云いながらも、何でニセコなんだろう。「空気がきれいなところでやりたいのや」ということだが、ちょっと無鉄砲過ぎるよう気がするな。9月25日、今日も快晴だ、秋晴れだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シニア

2005-09-24 06:15:00 | Weblog
 23日に行われたニセコ町50才以上対象の熟年シニアゴルフ大会に参加しました。年2回、春と秋に行われている大会です。去年の春は優勝、その前の秋は準優勝。今年春は近藤小学校の運動会参加の為に欠席したおじさん達のゴルフの大会。
 場所は東山プリンホテル東山コース。パー70の短いコースだ。参加者の中には隣のプリンスコースでやると距離が長いと云って、幹事に文句を言う方もいるとのこと。正直、短いので、もの足りないコースである。
 参加者は16名、平均年齢は65才くらいなのかな、もっと上なのかな。参加者表を見て驚いた。いつの間にかハンディ「8」で一番のローハンディになっていた。
 一番のロング、軽く2オンでバーディ。このような調子で前半は36。2ボギィ、1バーディ。これじゃ、スコアが良すぎると思い、後半はパットの練習というか3パットを連発し、スコアを調整。結局、42。グロスは78でベスグロ、ネットも丁度パープレイの70。第三位となる。ハンディもまた下がったようだ。
 通常4つのショートコースのうち、半分以上は乗る。しかし、昨日は全然乗らず、アイアンのキレを自慢する俺としては物足りない出来。もうちょっと練習をやらねば。
 町長選にもう一方の方の座談会が昨夜近藤コミニュティセンターで行われた。メリハリがあり、その意欲も感じられた。ニセコ町長の顔としては「まあ、いいんで内科医」。9月24日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2005-09-23 05:53:10 | Weblog
 プリンスのゴルフ場に勤めるOさんが携帯の写真を見せてくれた。砂地に足跡。そう、ゴルフ場のバンカーに熊の足跡が付いていたのだ。いつも行っている俺の大好きなニセコゴルフコース7番のバンカーで発見されたとのこと。「エェー」と思うし、驚く。早速、ニセコ町のホームページを見れば赤字で注意を喚起していた。「足跡は山の方(昆布岳)へ向かっているようです。」と。昆布岳には熊がいるらしい。そう言えば、家から1.5キロ離れたアスパラ畑に熊の足跡が見つかったのは去年。そこも昆布岳と繋がっている。真面目に熊出没注意だ。
 しかし、山なのに何で「昆布岳」なのだ。不思議でショウがないがアイヌ語を漢字に当てはめたのだろう。昆布の名称は昆布岳の外に、昆布温泉もあれば、昆布川温泉もある。ニセコは山なのに海の昆布、由来を調べて見よう。でも、ネイミングとしてはイマイチだな。せめてカタカナだな。
 カタカナと云えば北海道には名の知れた3文字カタカナの地名、名称が多い。ニセコ、フラノ、トマリ、キロロ、ルスツ、ヒラフ、タテノ等。最後は関係ないが。遊ぶ場所のネイミングを3文字カタカナにすれば結構人気が出るかも知れない。
 今日から3文字じゃなくて3連休。基本的に我が社は休みなしだ。いつでも問い合わせがあれば対応しているので3連休だろうが夏休みだろうが週末だろうが関係ない。でも、最近になってメリハリが大切だなと思うことがある。平日休みを作ろうかなと。または、一日、携帯の電源を切っておくことも考えるかな。今日は熟年ゴルファーの大会。早速携帯の電源を切ろう。9月23日祝日早朝。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

激走後

2005-09-22 06:19:53 | Weblog
 大雪山の紅葉が見頃だとのニュースが入っているが、羊蹄山はどうかと思って眺めてみたら上の方では紅葉が始まっている。その写真が昨日の羊蹄山。紅葉が分かるかな。
 現在、羊蹄山の紅葉は8合目あたりまでだ。これが里にまで広がるのが10月初旬から中旬。その頃には羊蹄山の頂上付近は白いものが降る。11月に入ると葉っぱが落ち、また、別の景色となる。葉っぱが落ちた林の中を歩くのもなかなかのシーンだ。
 激走したニセコマラソンだがその後の後遺症もなければドコモ痛くない。俺の筋肉は結構良い筋肉をしているのではと自画自賛してしまうほど。こういった運動をして筋肉が痛くなるのはほとんど無い。坂道では歩いている人を抜くのに時間がかかった程度の走りだったので激走とは言えないかも知れないが。でも、まあ、いい筋肉なのだろう。
 非常に良い季節だ。朝夕はヒンヤリするが日中は暑くも寒くも無く、車で走っていても非常に気持ちがいい。車に乗るのではなく、こんな季節には歩けば良いのかも知れない。このような天候なので山にも登りたいし、ゴルフもしたい。温泉にもゆっくり浸りたい。こう云ったことが「イージー」なのだ、ニセコでは。すぐそばに、すぐ近くにその施設が揃っているのだ、ニセコには。イージーさんも喜んでしまうのだ。いい飲み屋、いいバーはニセコにはないがイーバーさんも喜ぶだろう。9月22日、良い天気だ。気持ちの良い天気だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臨時公務員

2005-09-21 06:31:30 | Weblog
 「今年は何の年かご存じですか。5年ぶりの国勢調査の年です。国勢調査とは.....」で始まるビデオから説明は始まった。今年行われる国勢調査の調査員を依頼され、昨夜行われた説明会に参加したのだ。
 8月はじめ頃、町長名で国政調査員をお願いしたい旨の連絡があり、断る理由もないので「まあ、やってみるか」と。そのうちに、麻生総務大臣名で任命書が届いた。この間、臨時公務員の身分になり、4万5千円ほど給料というか手当が支給される。
 主な役目は、調査資料を配布し、回収する。その数は前回実績で約25軒。半数以上は部落も違い、全然知らない方、家である。怪しまれないよう、怖がられないようニコニコ顔造りから始めなければならない。まあ、良い経験になるだろう。
 その帰り、町長選に立候補する方が近藤地区対象の説明会というか立候補に当たっての考え方を発表する場があったので途中から参加した。今回立候補を予定されている方は元役場職員2名、そのうちの1名の方の説明会だ。正直、迫力が感じなかったな。もう一方の方の説明会が23日にあるのでそれを聞いての判断だ。
 知り合いの若者と「ニセコの町長選って凄いですね」という立ち話になった。5年半住んでいるが正直、町長選は初めての経験。前回は無投票だったし、選挙戦は11年ぶりとのこと。このようなことから俺も町長戦の実態は知らないのだが、両陣営からこの若者に色々な攻勢・圧力があるらしい。しかも「昨日の選挙の話、あの場だけの話ということでお願いします」とわざわざメールを送ってくるほど。俺が信じられないのか、俺は何も言わないよ。心配するなよ。しかし、この俺に疑心暗鬼になるなんてどうかしているよ。俺は両陣営にニコニコしちゃって楽しもうかなっと。でも、顔に態度に出てしまうんだよな。快晴の9月21日朝。気持ちが良い天気。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

加賀山卓朗

2005-09-20 06:24:03 | Weblog
 3日ほど前、2年ほど同じ職場で仕事をした一回り年下の加賀山卓朗君より「訳者謹呈」と書かれた翻訳本3冊が送られてきた。一緒にサラリーマンをしていたが、俺が会社を辞めるとき、一杯飲んでくれて「将来は翻訳者になりたいんです」と云っていたが本当に翻訳者になってしまった。今では年間3~5冊のペースで翻訳本を出しているのではないか。凄いヤツは何人も見ているが彼の頭の良さはちょっと違ったな。ちなみに奥さんはオペラ歌手だ。
 今回送られてきたのは「樽:(早川文庫860円)」、「無頼の掟(文春文庫771円)」、「一分間セルフリーダーシップ(ダイヤモンド社1429円)」の三冊。秋の夜長に読む本として一冊くらい読んでみて欲しい。最後の「一分間~」は訳者名が加賀山卓朗から依田卓巳と名前が替わっているが名前を替えているようだ。
 昨日、石臼が届いた。今まではそば粉を買ってきて打っていたが、どうも物足りない。無駄も多い。そのようなことから本格的な蕎麦打ちを目指そうと思って買ったのだ。取りあえず、泊まってくれる人に本格的な手打ち蕎麦を食べて貰おうと思っている。これからはいつでも本格的な手打ち蕎麦が出せる。蕎麦、そばがき、蕎麦豆腐。蕎麦料理で一杯、楽しみだ。炉端風居酒屋舘野とこの蕎麦処の名前を付けて2枚看板で行こう。コウ、ご期待だ。
 暖かい日もそろそろおさらばかも知れない。今日の予想最高気温は19度、昨日より数度低いがこれで例年並みとのこと。道ばたのイタドリの葉っぱも落ちてきた。大雪山では紅葉が始まったとのニュースも流れてくる。本格的な秋に入った。写真は今朝の羊蹄山。9月20日早朝。肌寒いかも知れない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完走

2005-09-19 06:22:23 | Weblog
 明け方に降っていた雨が止んでしまった。ニセコマラソンを棄権する理由が、止める言い訳がなくなり、積極的に走る覚悟を決めた。
 先ず、9時半にハーフマラソンがスタート。このハーフマラソンはアップダウンがあり、走るコースも農道だったり、山道だったりで観衆の声援があるわけでもなく、孤独な走りになることから相当ハードなコースだと思う。ニセコの美味しい空気だけを目一杯吸うことの出来るマラソンコースだろう。
 エントリーした10キロコースは10時35分にスタート。ここもアップダウンがあり、かなりハードだ。今年は「ただの完走」を目標に走り、参加者皆さんの順位を上げる役目に徹した。でも、早い人と遅い人は走る格好というか着ているものでおおよそ分かる。格好が様に成っている人はだいたい早い。俺みたいに、最も俺だけだったがクビにタオルをまいて走っている田舎のオッサンタイプ遅い。しかも、参加者のほとんどは痩せていて腹が出ていない。多分、自慢じゃないが俺が一番参加者の中では腹が出ていたのではないか。
 ハーフマラソン、10キロコースはほぼ同じコースを走る。随分早く5キロを通過し今日は快調だと思ったら、また5キロのサインが出て、よく見たらそれが10キロコースの5キロでガックリしたり。その周辺を走りながらニセコ大橋を見れば走っている人がいる。10キロコースの先頭集団だった。この時点で3キロ程はなされている。
 ニセコ大橋の手前、セブンイレブンの後ろ側が急坂で長い。遅い連中の三分の一程度は歩き出す。ここはジッと我慢と思って歩かず走り通す。前の人が歩き出してもなかなか追い抜けない。歩く程度の走りでガックリする。
 結局、想定・去年のタイムより3分遅れ、1時間2分10秒で無事完走。168名中137位。最後に完走証を貰うが、「このタイムは間違っている。もっと早く走っている」と冗談・本気っぽく怒ったが受け付けては貰えず。
 夜は別荘に来ていたSさん夫婦に完走祝いをやってもらう。美味しい酒が、二日ぶりの酒が飲めてホッとした。乾燥した身体に酒がしみ込む。9月19日早朝、ガスっているがそのうち晴れるだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山葡萄

2005-09-18 05:03:04 | Weblog
 昨日から雨が降っている。一雨ごとに寒くなって行っているのだろう。この雨で落葉キノコがドンドン出てきているかも知れない。落葉キノコは落葉松林に生える非常に人気のあるキノコ。みそ汁に入れて食べるのが一般的だ。
 キノコばかりではない。週末になると道路に結構車が停まっている。山葡萄や果実類を取り、ワインにしたり、果実酒にしたりして楽しむ人達の車だ。家の近くにも鎌と大きな竹製の背負い籠を背負ってどっからか出張しに来ている。根こそぎ取るなよ、と云いたいくらいだ。
 山葡萄で非常に美味しいワインを作る人も飲み仲間にいる。先般、テレビに出た方だ。最も当たりはずれがあり、瓶によってはジュースかと思われるモノもあるがご愛敬だ。でも、器用だ。こういった人間の原点の遊び・楽しみは都会では味わえない。ビルの間にビルブドウや果実は成っていないだろうから。
 町長選の動きが活発になってきた。1名の候補が事務所開きを行ったとの新聞報道もある。遊ぶっくというニセコの図書館でも1名の候補が出馬の経緯説明を行ったとの知らせもある。でも、町長選の余計なことを書くと支障が出るので今後は経緯だけをお知らせしたい。ニュートラルな立場から見ていきたい。
 今日はニセコマラソン。雨降り、雨降りの確率60%。雨の中で走るのかい。やだね。秋の雨は冷たいしな。やめるかな。そこまで一生懸命にやらなくてもいいな。この天気じゃ危険だし。でも、去年もこんな感じで棄権して後悔しているし。どうしようか。勇気ある撤退も必要だな。二日間酒を抜いて走る気にもなっているが、、、。2年連続棄権すると今後走れなくなりそう気もするし。さて、どうしよう。9月18日早朝、外は暗く雨降りだ。写真は中犬ハナ公に片思いのドーリ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

査定

2005-09-17 06:33:42 | Weblog
 最近、流行についていっていないなと思うことが多い。一昨日本屋のコーナーで見た「電車男」、何なのだ。ペラペラめくったら携帯のメールやらが載っていたが、何なのかさっぱり解らない。
 正直、DVDというのも解らない、DVDについて行けない。珍しくウィンドーズパソコンもマックのパソコンも最新式なのでそのDVDを見られるようだ。ただ、どうして見られるのか、どう扱って良いものか解らない。パソコンの情報もDVDに取り込めるようだがその方法が解らない。全部を覚えようとはしないがDVDだけでも利用したいな、と思う。
 何日か前、家、土地の査定をして貰いたい、との連絡があった。フィーリングではどの位の値段かは解る。しかし、お金を取るとなると’それなり’の理由付けが必要だ。御世話になっている倶知安の不動産屋さんに教わりながら依頼された3件(軒)を見て回る。基本的には家の中に入って部材やレイアウト等を見て、チェック項目にチェックを入れるが、今回は外からだけ。怖そうな方もいてとてもとても中に入ることは出来そうもない。該当する家の近くに車を停め、コンピュータに入力する項目をチェックする。チェックされたものを入力し、人の「目と感覚」が入り、査定額が決定する。俺も二級建築士の端くれ、何とか勉強して独り立ちしたいのだが。
 そうこうしているうちに土地・建物鑑定士のプロの方が別の土地を鑑定するため、夕方訪ねて来てくれた。ニセコの土地の値段などを知りたいと。ニセコに土地を持っている東京の会社が、東京の鑑定士に頼み、その鑑定士が小樽の鑑定士に依頼し、その方がチェックしに来たのだ。不動産屋でもなく建築士でもない。不動産鑑定が仕事の方。それで仕事になるのだから大都会は凄いな。
 残金支払いで延び延びになっていた契約も無事終了。色々な問題が起こる、日々勉強と経験だな。9月17日曇り。夕方から雨が降るようだ。明日のマラソンは大丈夫かな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空振り

2005-09-16 06:28:05 | Weblog
 急遽、個人売買で安く手に入れた中古車の名義変更をするため札幌に行った。前日、倶知安に行けばその代行をしてくれると云われたところに行ったが個人では受け付けてくれず、業者のみの対応だった。
 最初に行ったところは後で気づいたが代書屋だった。受付嬢がニッコリしたのはラッキーだったが、指摘を受けた。手に入れた車が会社名義で車庫証明は個人だ、との指摘だ。折角ニセコから来たのだ、何とかならないのか、と云ったら「やりたくないのですが」車庫証明の俺の名前の前に会社名と代表取締役の名前を入れて受付して貰った。
 その後、作成して貰った書類をもって運輸局の分局にいった。最初からここに行けば自分で書類は書けたのに、と思ったが、云われるままに提出出来たので楽だった。名前が呼ばれた。車庫証明の項でまた指摘を受けた。担当が倶知安警察に電話を入れ、確認したとのこと。倶知安警察の書類は会社名がない書類で提出されている、会社名を追加したとの指摘だ。さすがと云えばさすがだが、俺が浅はかだった。追加して会社名をボールペンではなく、いかにも追加したと解るような別の種類のサインペンで書いてしまったのだ。同じ住所で問題は無いと思い適当に書いてしまったのだ。申請書が戻された。いわゆる公文書偽造だ。折角、札幌まで行ったのに空振りだ。こんなことばかりやっている、いつも。しかし、同じ俺の名前で申請し、俺の庭に駐車するんだ、会社も住居も同じところなんだ。何とかならんのか。こんなもんで細かいチェックをしないでもっと別のところをチェックする必要なあるだろう。....ったく。
 札幌駅近くに新しくオープンしたビックサイズの本屋紀伊国屋に寄った。こんなに本はあるのか、と驚く。ニセコにいると本屋は無いのでこんな大きな本屋に行くと感激する。秋の夜長に読む本を買う。駅の6階にある目が回る寿司、美味いな。9月16日早朝、昨日に続き快晴だ。朝夕は肌寒いが日中は結構暖かい。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加