ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

ペットロス

2005-04-30 05:55:14 | Weblog
 去年、仲介で土地を買ってくれた留萌の方が釧路に転勤になる、途中寄りたいとのことで奥さんと一緒に挨拶に来られた。3年後、定年を待って、自分で家を建てる計画でいる方で、自転車で何百キロも走られるレーサーでもある。去年土地探しの最中、奥さんは虫嫌いで、虫が飛んでいると『キャー、ヤダー』と言っては車の中に入ってしまう。こんな方が田舎暮らし、大丈夫か、と思ったが今は乗り気。ログメーカーの資料を集め、検討している段階。友達が建てているのを見学し、釧路に。
 午後は暇になったので山際氏と洞爺湖に。ニセコから洞爺湖、遠いようだが30~40分で着いてしまう。湖岸を散歩。結構風が強く、寒かった。ウィンドサーフィンをやっている若者も震え上がっているほど。ゴールデンリトリーバーのボーイはこの中を湖に飛び込み水泳、本能的に水が大好きらしい。
 山際さん、昨日がニセコでの最後の晩、ということで倶知安の寿司屋で一杯。取り締まりがうるさくなってから寿司を食べに行くだけで飲めないことが2~3度続いたが、昨日は妻に運転して貰い、痛飲。焼酎に、ホッキ貝、イカと犬談義をつまみに一杯。この寿司屋の旦那が我々に中犬ハナ公を紹介してくれたのだ。サラリーマン時代の俺を知っている人は、俺が犬談義、信じられないだろう。
 俺の自慢は結構飯が食えること。朝飯も丼だし、みそ汁も大盛り。でも、山際さんは俺よりももっと喰う。俺より食べる人は初めてではないかな。結構一杯飲んでつまみを食った後、スパゲティーを平らげるし、昨日は結構飲んだ後、一人前を注文する等、良く喰うと感心。
 ここ数日間で雪解けが進んだ。あたり一面雪原だったのがウソのようだ。朝、野鳥の声もやかましくなってきた。ウグイスも鳴き出した。今日もヒンヤリとした風の中を散歩。心地良い。でも、年寄りはイャだね。朝4時半から散歩だ。でも、まあ、気持ちいい。外の空気は冷たいが快晴のゴールデンウィーク2日目の4月30日。
コメント

人口増対策

2005-04-29 06:38:23 | Weblog
 昨日、宅建協会小樽支部の総会が小樽であり、日頃お世話になっている倶知安の同業者と参加した。総会に先駆け、小樽市役所の方2名がお見えになり、以下のようなお願いがあった。小樽市では人口減が続いており、これにどう歯止めをかけるかが問題になっている。そこで市は市のホームページを利用し、市民の皆様とか観光客の皆さんへのほか『住みたい皆様へ』のコーナーを作り、少しでも人口増を図りたい。その中に空き家情報とか不動産業者一覧を入れたい、というもの。お互い願ったりかなったりの申し出だ。人口減は小樽市ばかりでは無く、北海道の各市町村もひどく、微増しているのは我が愛する『ニセコ町』だけ、かも知れない。このような取り組みは函館市で行われており、効果を上げているらしい。ニセコ町でもトライし、町にお願いしてみようかな。
 しかし、協会に加盟しているのは90社近く、40%の参加で40%の委任状、20%は何の連絡もなし、という盛り上がりに欠けた通常総会。メンバーを見ても平均年齢は60歳くらいかな、という感じ(他社のことは言えないが)。何の質問も意見も無い、挨拶だけが長い、総会だった。正直、小樽の不動産屋さん中心で、その他の不動産屋は毎回当社と倶知安の一社のみ。研修会も同様。総会後の懇親会も盛り上がらず、二人で小樽の寿司屋で喰う。適当に入った寿司屋さんだったが『当たり』だった。次回からここにしよう。何故か、いい店を見つけるのは巧いのだ。本能かも知れない。
 帰りに倶知安で外人がやっている喫茶店があるので紹介するとのことで喫茶店に。一度新聞に載ったことがあるので知ってはいた。そこは駅通りに面し、なかなか雰囲気が良い。地域にとけ込んだオーナーとのことで夜8時近くに寄ったが年配の5人組が入ってくるなど流行っているらしい。今度は『飲みに来る』と約束し、帰る。
 数日前のコンサートから飲みっぱなしなので酒を抜く。寿司屋に寄って、飲まないのは初めてかも知れない。アル中では無い証拠だ。
 今朝も朝靄の中をおじさん二人と犬二匹で散歩。ゴールデンリトリバーのボーイは水たまりがあると水を浴びる。しかし、浴びても水が冷たいのか直ぐ出てくる。そう雪解け水は超冷たいのだ。4月29日、朝靄があけ、快晴。ゴールデンウィークの初っぱなとしては最高の天気か。
コメント

ビュープラザ

2005-04-28 06:14:10 | Weblog
 雪解けが進んでいる。家の前の砂利道のところが低く、そこに雪解け水が流れ込んでいる。そのため大きな水たまりが二つほど出来、道路をぬらしている、というよりドッと道路を横断流れ込んでいる。歓迎すべきではないが我が家の春の風物詩だ。
 客人は岩内町の美術館巡りや小樽にも行ったとのこと。40キロのワンちゃん連れだから大変だと思うが良く買い主の言うことを聞くワンちゃんなので想像以上に楽かも知れない。でも、美術館か、顔に似合わない。
 一昨日の散歩中、道路際に可憐なピンクの野草『かたくり』の花が咲いていた。一本ではあったが蝦夷エンゴサクという紫の花も咲いていた。これからドッと春の花が咲き出す。非常にいい季節だ。
 でも、このカタクリを摘んで売りに出す人がいるのだ。夕方『おひたしにどうぞ』ということでカタクリがビュープラザで売っていた、とのことだ。毎年思うのだがこんな可憐なカタクリを摘んで、売るなよ、と。
 ニセコには道の駅ビュープラザがあり、各自が1メートル四方の枠で50店ほどの店を出し、そこで農産物を売っている。この季節は農産物はとれず、従って売り物といえば山菜になる。そんじょそこらにあるものなら我慢をする。何で、こんな可憐な花を摘んでまで金儲けを、と思ってしまうのだ。何でもカンでも売ってしまえ、という発想が気に入らないのだ。
 『安いィー』と思ってビュープラザで農産物を買う人もいる。しかし、アスパラなんかを見ているとこんな細い、しかも、固いところがあるアスパラを平気で何のコメントも無く、売っている。『ちょっと固いところがあります』とかのコメントが書いてあれば許す。ホンのちょっと値段を下げ、割安感を出し、売っている。商売のうまい人もいるもんだ。
 これから山菜があふれ出す。でも、制限を加えないと、絶滅する山菜も出てくるだろう。山菜は売るものではなく、自分達で食べられるだけ、あるいは仲間・親戚にあげる分だけ取って、売りに出すのはやめてくれーと、声を大にして言いたい。特に、カタクリだ。カタクリが好きなのだ。おしたしなんかで喰うなよ。ながめるものだよ、カタクリは。4月27日。春らしいほのぼのとした快晴。
コメント

温泉

2005-04-27 06:39:30 | Weblog
 ここ2~3日の間に急激に雪解け進み、南側斜面はほぼ土が見えだした。まだまだ50センチほどのところもあるが平均すると15センチ前後になったろう。もう少しだ。
 遊びに来ている山際氏は昨日温泉三昧。五色温泉、雪秩父ともう一軒の3軒をそれぞれ一時間かけてハシゴしてきたらしい。帰っての第一声は『茹で上がった』とのことだ。いつ入っても満足するニセコの温泉だが雪解けが進み、残雪とちょっとした新芽を見ながらの露天風呂もいい。しかも、夜より昼間、昼間より朝に入るのがいい、好きだ。
 アウトドア関係の仕事をしている若いカップルが住むところを探しにやってきた。彼らも世界中といってはオーバーかも知れぬが結構旅行をしてきている。こういった世界を知っている方々がニセコにやってくる。そこで今日は俺の考えている新しいニセコのキャッチコピーを披露する。決して真似をしないで、何て言わない。今日は5個まで。
◎普通のサラリーマンが居ない町、ニセコ
◎全国・世界を旅行した方が集まる町、ニセコ
◎日本国中旅行してたどり着く町、ニセコ
◎新鮮な空気を供給する町、ニセコ
◎人に優しさと癒しとやる気・勇気を与える町、ニセコ
◎5月連休中にゴルフとスキーが同時に出来る町、ニセコ。
特に、ネクタイをしたサラリーマンはあまりいないな、と感じる。

今朝というよりいつも散歩をしている。今朝は山際さんとゴールデンリトリーバーのボーイ、それとオシャレな言葉で言えば、ミックスのハナ、二人プラス二匹で散歩。結構な写真がとれた。この写真が一番気に入った。ビューテイフルだ。4月27日、快晴、ピリッと冷えて、いいね。
▲アンヌプリスキー場のポスターのキャッチに『アンヌプリーズ』というのがありました。我々ばかりではなく、結構ダジャレを利用したものが多いようです。アンヌプリンを早く商品化させたいね。
▲ニセコで販売された酒が4合で2500円、ワインが300ミリで1500円、栗焼酎が4合で7500円、散々何でこんなに高いのだ、と言ってきた。誰が儲けて居るんじゃ。こんな値段設定して。ニセコのブランドを利用しているとしか思えない。馬鹿たれ。売れるはずないだろう。でも、ニセコの食い物高いね。リーズナブルプライスというものがあるだろう。高いものは飲まなきゃいい、喰わなきゃいい。山際さんも昨日オープンした店で喰ってきたらしい。あの味であの値段では、高いと。こんな話を聞くとガックリだ。ちょっと今日は火事場のXXコだ。やけくそだ。

 
コメント

オープン

2005-04-26 06:27:38 | Weblog
 昨日、知り合いのレストランがオープンし、その無料チケットが送られてきたので遊びに来ている山際さんと3人で昆布温泉の千秋館に行って昼食をともにしました。不動産業を始めて、初めての大きな物件の仲介でした。稚内に近い、浜頓別の方に買っていただき、一昨年12月に必死の思いで雪道を運転して契約に伺い、売り手、買い手とも満足してくれて大宴会になったのが昨日のようです。オホーツクの新鮮な魚をメインにしたレストランです。ホタテの柳川を食べましたが美味しいホタテでした。また、本日は中華料理店もオープンする予定です。この中華料理店は前に住んでいた江東区にある中華料理店の親父さんとニセコに住む息子さんで営業するするとのこと。美味しい餃子が食べられそうです。
 途中、新聞社から取材したいとの連絡がありました。『ニセコ町では人口が増えていくことを計算し、町財政を見積もっているがどう思うか』というようなことを聞きたい、とのこと。3時に記者が来ました。何回か顔を合わせている知り合いです。時々、元都立高校教頭の本当にお粗末な親父ギャグが入るなど終始リラックスムードです。(写真)
 『月何件くらいニセコに住みたい問い合わせがあるか』、『逢坂町長の影響はあるか』、『合併はどう影響するか』等等です。記者は色々なところから取材済みでしたが『いい参考になりました』とのことです。帰り際『今度のうちに飲みに来いよ』と言ったら『是非、是非』とのことなので誘ってやるか。
 今朝、中犬ハナ公、ボーイの散歩でいつもの散歩コースを一周しました。さすが40キロのワンちゃんの散歩は大変です。引きずられています。ハナが小さく感じます。このサイズで良かったと。4月26日、か、か、快晴のニセコです。
コメント (1)

2dogs

2005-04-25 09:11:41 | Weblog
 昨日、冬タイヤから夏タイヤに替えました。メカに弱い舘野君は一人では出来ません。ガソリンスタンドでやって貰うのです。店員さんが夏タイヤを持ってきて、『これじゃ、雨道危ないし、車検とおりません』と言われ、渋々新品のタイヤに。でも、こんなに減っていたなんて信じられないほど減っていましたし、納得のタイヤ交換です。新品は安定しています。ちょっと、違います。
 昨夜、都立高校の教頭を3年残して早期リタイヤした千葉の山際さんが愛犬『ボーイ』を連れてフェリーで遊びに来てくれました。この愛犬、ゴールデンリトリーバーは何と40キロの巨体。ハナの4倍強、でかい。奥さんはこのワンちゃんに引っ張られ、2度ほど怪我をしたとのこと。パワーがある。家に入れればと言ったところ『とんでもない、家中傷だらけになる』とのことでワンボックスでワンちゃんはお泊まり。
 山際さんとは仕事で知り合った。15年ほど前、都立高校の先生方のツアーを企画し、アメリカ、カナダに一緒に行ったのだ。先生方10名を連れて夏の海外研修旅行だ。研修といってもカナダではサーモンを釣ったり、ホームステイをしたり、結構評判の研修だった(と思う)。その後、何回か東京で一杯飲み、年賀状のやり取りくらいだったが早期リタイヤを利用し、来てくれた。昨夜は軽く一杯。夏子の酒で有名な新潟の酒で旧交を温めた。
 今朝、外に出て2匹を雪原に放し、散歩。2匹とも飛び回る(写真)。千葉ではこんな環境で犬を飼えない、とのことで満足されたはずだ。犬嫌いのハナにとっても悪くない。他の犬を見て決して尾っぽを振らないハナ公だが仲良くというか圧倒されて怖がっている。分かる。
コメント

コンサート

2005-04-24 06:34:06 | Weblog
 昨日は非常に寒い一日で雪が一日中チラホラしていた。この4月、5月に近い時期に雪がチラホラだ。凄いね今年のニセコは。
 二日酔いがひどく、最悪のコンディションだったが中犬ハナ公に起こされる。でも、今朝の散歩は快適だった。ピリッと冷えた気温、気温が低いため、残雪が固く絞まり、歩くのに丁度良いのだ。普段、雑草や藪で歩けないところも雪が絞まり歩けてしまう。雪の上の散歩、今がピークだ。
 昨夜、唐火七でコンサートがあった。前々から来て下さい、と言われていて急に思い出し出かけた。6時半頃付いたが、コンサートは7時からで演奏家が練習をしている最中だった。いつものカウンターに座り、飲み始めた。練習を終えた二人が隣に座った。ちょっと話をした。一人はニセコに住んで23年で45歳、もう一人は札幌のサラリーマン。それと話はしなかったが歌い手の千歳に住むという新婚の女性。
 生演奏を聴きながらカウンターで飲む、非常に好きなシーンだ。時々涙を流すことがある。でも、今回はどうってことはなかった。英語の曲で、知らない、意味の分からない曲だったせいもあるだろう。感極まると言った感じではない。タダ、聞き流す感じだ。歌い手と俺の性格が合わなかったせいもあるかも知れない。
 で、いつも思うのだ。何でもいいから楽器が弾けたらと。こと音楽的なセンスはなく、小学生の頃、太鼓をたたいて『元気がある太鼓』とほめられたのが唯一の楽器の演奏だ(笛とかハーモニカもやったかな)。ヤマハのおじさんのための音楽講座とかに行って、何か演奏が出来たらと思ってはいるがヤマハはニセコにはない。札幌まで通うとなるととても出来ない。トランペットとかサックスとか吹けたらいいがその頃には老けているな、たぶん。もう老け始めている。
 このようなことから適量の3杯の焼酎を余分に一杯、4杯飲んだためいい加減酔っぱらってしまった。それで二日酔いなのだ。でも、散歩をしていて思った。中犬ハナ公の有り難さを、こいつに助けられているなと。今晩から40キロのワンちゃんと友人が何泊か泊まりに来る。ハナ公の対応が注目だ。4月24日、か、か、快晴だ。二日酔いだあー。
コメント

パラグライダー

2005-04-23 05:46:17 | Weblog
 二日間もご馳走になりながら何のお礼もしないなんて申し訳ありません。名古屋の皆さんご馳走様でした。ニセコでは食べられない美味しい居酒屋料理を有り難うございました。夏、お待ちしております。
 明日24日からニセコゴルフコースがオープンする。が、今朝、散歩に出ると雪が降っている。寒い。山の方は結構積もっているのでは、新雪で滑れるのではと思うほど。寒波でもきているのかな。夕べ酒を飲んでいたら車の屋根が白くなっていたので昨夜から降っている。4月23日だよ。今年は本当に凄いね。
 昨日、若者が賃貸物件の契約に来てくれた。年齢は30代。爽やかな青年だ。今まではルスツでパラグライダーの先生をしていて、今年から仲間と独立し、ルスツとニセコでパラグライダーのスクールを立ち上げるというもの。実は中年のオッサンが空を飛ぶなんてのもいいかな、チャレンジしたいなと、前々から少しは思っていた。タダで教えます、とのことだが、本格的に飛ぶためには自分で飛行機というか道具というか、それを買わなくてはならない。それが35万前後するらしい。それがネックだが空にもチャレンジしたいな、ここ2~3年のうちに。
 ルスツにある橇負山(そりおいやま)にはパラグライダーファンが集まり、色とりどりの’帆’というか’パラシュート’というのかが舞っている。ニセコアンヌプリからも結構降りてきている。彼らは更に藻岩山からも行うという。陸のアウトドアばかりか空のスポーツも今後ますます流行っていくだろう。若いチャレンジャー達の成功を祈る。
 しかし、4月23日朝5時40分、雪が舞うニセコ。信じられない。写真はサラリーマン時代、良く通った新宿の国際通り。結構昔の飲み屋がつぶれずに頑張っていた。
コメント (1)

万博

2005-04-22 06:29:05 | Weblog
 4月18日より21日まで留守にし愛知万博に行ってきました。スケジュールは以下の通りです。
<18日>14時頃に中部国際空港セントレアに到着。義姉夫婦の出迎えを受ける。ニュースではこの新空港を見学に来る人達で混んでいるようなことが伝えられていたが想像以上に静か。何でセントレアという名前になったのか少し分かったような気がした。中部のセントラル(CENTRAL)と空港のエア(AIR)をミックスさせてCENTRAIR(セントレア)となったようだ。何で知多半島空港とかにしないのかな、と思った。演歌の題材にもなりしない。
 その後、常滑市内の常滑焼き資料館を起点に散歩コース30分があり、散策。軽自動車しか通れないほどの細い道、アップダウンのある通り沿いに結構な数の工場、店がある。焼酎サーバーが気に入る。義兄は焼き物関係の県職員なので色々な面で良く知っている。口をきいて貰い半額でゲット。今後は炉端風居酒屋での焼酎はこのサーバーから提供されます。
 でも、昔、常滑焼きは土管を主に作っていて、色々変遷したが今は斜陽産業らしく廃屋が目立つ。使われていない窯、煙突が寂しい。このような状況から跡取りもいないらしい。でも、なかなかの散歩コース。気に入る。酒好きなのを知っているのか、『ねのひ』で有名な盛田酒造店を案内して貰うが既にしまっていた。夜、仲間と飲むために一人鳴海駅で降ろして貰う。
 名古屋に5年間転勤になり、組合をやっていた。その時お世話になった電通労連の東海地協の副議長二人、事務局長の4人で金山の居酒屋で一杯やる。飲みたかった一人の議長は既に飲めなくなっていた。これらのメンバーで20年前、カナダに労働組合の研修旅行に行った。定年後海外で過ごそうという『シルバーコロンビア計画』という名称のツアーだ。これが俺の人生を大きく左右した。カナダのその生活や自然に圧倒され、その後も十数回仕事と遊びで行くようになった。その影響で北海道になったのかも知れない。
 3名の内、2名とは17年ぶりの再開。当然ながら髪は白くなり、後退して、一次会でサヨナラするようになった。量も飲めなくなった。でも懐かしい。長久手のロクさんとは有名な名古屋の手羽先を喰いに二次会に。分かれた後、昔行きつけのママがいる居酒屋にタクシーで向かったが酔っぱらっていて分からず、どうにか帰る。
<19日>俺を除いて万博に向かう。俺はお客さん2件を回る。ニセコに結構な土地を持っている方が名古屋にいて、その方に挨拶に向かう。瑞穂区に住んでいるが、行って驚いた。ご、ご、豪邸が建ち並んでいる。凄い。別世界だ。田園調布の豪邸はどの程度か知らないが、この周辺は凄いなんてものではない。名古屋は凄い、驚く。
 何故か大須観音に行きたくなった。拝んで来た。散策したら勤務していた場所まで遠くないので歩く。丁度昼飯時、よく食べていたきしめん屋に向かうが取り壊し中。隣の昔よく言っていた居酒屋で昼食。非常に体格の良いママさんは『タテノさん、久しぶりー』等と言うが今回は俺を分からず。少し、ぼけて来たか。それとも俺が年寄りになりすぎていて分からなかったのか。
 会社に寄ったが周りのビルが高くなりすぎていて随分小さなビルになっていた。当時は最新のビルだったのに。時間があったので通りを散策。新緑が生え揃い周辺とマッチし、きれいな町だ名古屋はと、思いながらパチンコ屋に。ガランとしていて期待はしないし時間つぶしになれば、と軽い気持ちで入った。通常3000円やられれば出てしまう。飽きちゃうのだ。でも、もう2000円やるかと追加した。そうしたら出だした。止まらない。『祝1万個』等という大箱が出てきた。途中、飽きてきたが出るのが止まらない。結局2時間ちょっとで何と2万発近く。65200円になる。4500円で。早速大須観音のご利益が。ラッキーと思い、ビックカメラに。
 夜は元の会社の仲間が集まってくれて新栄で一杯。昨日もそうだが、いい仲間と、いい店で、旨いものを喰って、飲む、最高だ。懐かしいメンバーが7名ほど集まってくれた。ほとんど変わっていないが昔を思い飲む。昨夜もいい店だったがこの店もいい。細目のママさんが作る料理が美味しい、いい雰囲気がある。こんな店、ニセコに欲しいな。
 結構飲んだと思ったが電車で帰れる。で、思った。今日は小さな・普通のコップで焼酎をお代わりをした。酔っぱらうパターンは大ジョッキで飲むから酔うのだ。普通のコップでお代わりをすれば酔わない、新発見だ。
<20日>二匹目のドジョウを狙って午前中歩いてパチンコ屋に。直ぐに帰る。昼飯を食って俺だけ東京に。久しぶりの新幹線。早い、快適だ。コックリする。新幹線中でコックリ。これが気分良し。飲み歩いた大好きな神田を散策、再度二匹目のドジョウを狙うが失敗。よく飲んだ三州屋は三軒とも健在、『さかなや』は2軒とも別の飲み屋になっている。懐かしい昔と変わりない飲み屋もあれば新しい飲み屋もある。お茶の水のホテルに戻り、夜、再度神田へ。時々飲んだ片眼の親父さんがやっている寿司屋を探して飲もうとしたが見つからない。看板も無くなり電気もついていなかった。近くの飲み屋で一杯。景気をつけて、新宿へ。やっていないだろうと思っていったがその店は健在。マスターは心臓の病気で1年ほど休んでいたとのこと。じっくり飲むが一応電車で帰れる。
<21日>午前中、新宿に行く。こんな混雑なところに毎日通勤していたかと思うと楽しかったような、大変だったような複雑な心境。でも、賑やかなのもいいし、元気がある、新宿もいい。会社に寄るがほとんど変わっていた。7年のブランクは大きい。疲れていたので早めにバスに乗り、羽田に向かう。バスの中でコックリ、いい気分。無事帰る。
▲ニセコにいれば何処にも行く気にはなれない、と思っていたが、何か年に2~3回は外に出る必要があると感じる。何となく刺激があるのだ。仕事のことが気になったが、たまにはニセコを出るのがいいのかも。4月22日のニセコ、15時から雪の予報。でも、4日前に比べ相当雪が融けている。
コメント (1)

若者夫婦

2005-04-18 05:52:43 | Weblog
 今朝起きてハナの散歩をしようとすると白いものが。4月18日なのに、未だ降っている。粗目状の雪だ。車の屋根、道路、白くなっている。通常家の周り2.8キロコースを散歩するが中犬ハナ公、この状態を見て、機嫌悪く戻ってしまう。でも、今日は快晴だ。
 昨日、オホーツクのある町で働いている若者夫婦が日帰りで物件を見に来てくれた。2週間ほど前にも来てくれたが、新しい物件が出たので急遽見に来てくれたのだ。ひどい労働条件で働かされていると聞いて是非ニセコで職を見つけて欲しいし、物件を気に入ってくれればと。ニセコには仕事も無いかも知れないがそれ以上に住むところがない。それで二人で住める中古物件を見に来てくれたのです。この状態、不動産屋何とかしろ。でも、ほぼ北海道を横断、片道7~8時間かかるところを日帰りです。休めないとのこと、若いと言っても大変です。ソーセージのお土産ありがとう。
 久しぶりに馬券、桜花賞が当たりました。本命なんて買わないのですが最近全然当たっていないことから本命から総流しで買ったのです。そうしたら意外に高配当が。でも、他も買っているのでたいした儲けはありませんが、久しぶりの的中です。やった、やったです。
 でも、こんな田舎でも即馬券が買えるのです。正にインターネットの世界だし、田舎暮らしにインターネットは必要最低条件になってきました。土地や家を探す場合、景色の良いところ、羊蹄山が見える等の他、最近はインターネット環境が整っているところ、との要望があります。随分様変わりしました。
 ▲さくらちゃん、当分優勝は無理だ、と言ったら優勝してしまいました。ゴルフ評論家にはなれません。ごめんなさい。▲本日より4日間不在です。一応パソコンは持っていきますが更新できるかどうか分かりません。▲写真は散歩道です。この風景が月ごとに変わっていきますので今後注目して下さい。4月18日、快晴。暑い名古屋には行きたくないな。
コメント (1)

黄砂

2005-04-17 08:02:07 | Weblog
 昨日、一日中ボャーとしていて、まるで霞がかかっているかのようだった。だが、ひょっとしたら霞ではなく、黄砂ではないかと。それは羊蹄山の頂上付近も何となく融けたように黒く見えるのだ。まだまだ頂上付近は融けない。霞だと思っていたが中国から来る黄砂だ。中国、なんとかしろ。
 昨日は土曜日。午後にレッツ碁。昨日は3戦2勝1敗。やっと勝ち越す。もうちょっと慎重に打てば、打つ前にちょっと考えてうてば初段くらいにはなりそうだ。外の遊びも碁、将棋、麻雀等の内の遊びも何でも出来なけりゃ。
 明日から名古屋に行きます。一応、万博見学となっていますがほとんど興味はありません。多分、見学はしないでしょう。テレビなどで報道しているので見てきた感じになっているのも一因です。元々今時発展途上国でもあるまいし、万博なんか、やるなよーの考え方を持っているし、混んでいる、並ぶなんて嫌いだからです。
 でも、ニセコに来て外で3泊もするなんて初めてです。ニセコにいると全然何処にも行きたくなくなるのです。道東とかオホーツクの海岸線をドライブしたいとは思っていますが、ニセコにいれば満足なんです。温泉は多種多様にある。山はある、登れる。ゴルフ場は近い、安い。自然はある。空気・水・農産物は美味しい。今後は山菜が出る。何処に行かなくてもニセコにいれば満足なんです。愛ラブニセコです。
 昨日、電話でお客様からゴールデンウェークは休みではないのか、との問い合わせがありました。そう言えば、まもなくゴールデンウェークか。サラリーマン時代は待ちに待っていたが、今はゴールデンウェークも土日も関係ないな、超小企業の我が社は。でも、メリハリは必要だな。毎日ダラダラと過ごしているし、仕事、遊びの区別をつける必要はあるかな。仕事の中に遊びがあって、遊びの中に仕事があるような、ないような、変な感じだな。でも、まあ、いいか、このままで。流れに任せよう。4月17日、今日も黄砂か、黄砂んはしないぞ、中国。
コメント (1)

2005-04-16 08:08:55 | Weblog
 今朝も放射冷却現象か結構気温が下がって氷が張っている。今朝も雪の上をあるく。普段見られない景色が見えるのでなかなかのもの。写真は今朝の羊蹄山と蛇行している真狩川。結構いい写真だと自画自賛。そう言えば、札幌の積雪がゼロになったとのニュースが流れたが、ここニセコは50センチ以上の積雪はあるだろう、今朝現在で。でも今は全体に霞がかかり晴れているので一気に雪解けが進むだろう。雪解けが進むと我が家の前の道路が水浸しになる。小さな池が出来てしまう。昨日は水たまりの水を流すため道路に溝を作り流れ易くした。これらの雪解け水がドッと川に流れるだから川の水かさが増すのは当たり前だ。
 同じ頃から隣の真狩村で田舎暮らしを始めたk君夫妻がいる。k君は名古屋生まれだが和歌山で炭焼きをやっていて、山や木々には詳しい。昨日も立ち寄ってくれたが一週間ほど前に来たときには自家製の『メイプルシロップ』を作って持ってきてくれた。イタヤ楓の木から取ったという貴重なもの。その樹液10リットルを煮詰め、200ccほどとれたらしい。何も入れない、何もたさなくてもこんなに甘いの、という感じ。凄い。木というか樹液の臭いもいい感じで出ていたらしい(鼻が悪く臭わない)。貴重すぎて食べられないほどのメイプルシロップだ。
 このk夫妻、家も手作りで建ててしまった。基礎から初めて、柱や梁も自分で加工して、ほとんど二人で建ててしまったのだ。大工の、家づくりの経験なしでだ。特に、奥さんが凄い。旦那が設計し、奥さんがそれに沿ってノコギリ等の道具を使ってコツコツ作り上げてしまったのだ。家づくりを始めるときに何故か相談に来てくれたが、出来上がった基礎を見たときに、俺より凄いと思い、アドバイスなんか出来っこない、と。さりげない、凄い人だ。俺より10歳くらい若いのかな。
 今日は霞がかかっている。周り全体がボヤッとしている。いい雰囲気だ。晴れの予想の4月16日、でも明日雪降るかも。
コメント

若造達

2005-04-15 06:29:33 | Weblog
 朝、散歩に行くが実に気持ちよい。ヒンヤリとした空気が心地いい。野鳥の鳴き声もやかましくなってきている。それよりも近くの真狩川の水かさが増して、その流れのごう音が結構遠くまで聞こえる。道ばたには蕗のとうがどんどん顔を出し、花を開き、10センチほどのびている。(写真は道ばたの蕗のとう。)この蕗のとうのテンプラが美味しいという人もいるが余り好きでない。テンプラの揚げ方にもよるがちょっと苦いのだ。地元の人はほとんど食べない。
 午前中、お世話になっている倶知安の不動産屋さんと物件を見に行ったときに定年後こちらに来てニセコ暮らしをしているご夫婦にお会いした。二人とも札幌出身で、旦那さんは東京の建築会社に勤めていたとのこと。テレビも無し、新聞も取らない生活、でも光ケーブルを引き、インターネットだけはやっているという。インターネットがあればテレビも新聞もいらないとのこと。そうかも知れない。ダラダラとテレビを見る。これが実につまらなくなって来ている。
 午後は若造二人がやってきた。30歳と31歳の若造で、二人とも家族持ち。コメントを頂くアンヌプリンさんの知り合いだ。相談に来たのは、エコ住宅を建てたい、その為に安い土地を紹介して欲しい、ということだ。『未だ、計画の段階でどうなるか分かりません』というがおおよそ見当がついた。目的を持って何かをしたいという若造には何とかしてあげたいな。
 この二人も色々なことを体験しているようだ。だいたい、ニセコにくる若造は皆枠からはみ出ている人間が多い。俺みたいに30年近く枠にはまったサラリーマン生活送ったなどいうのは貴重だ。ある有名なアウトドア関係者と話をしたことがあるが、規則を作ってもことごとく破っていく、絶対守らない、それが我が社のスタッフです、と。その
 ▲ニセコアドベンチャーセンター(nac)では地元還元ディを行います。4月16日から29日まで、通常5250円のところ特別価格3650円でラフティングが楽しめます。去年参加した秋田の渡部さん、京極さん、今年もどうぞ。
コメント

またか

2005-04-14 05:49:02 | Weblog
 最近はどうも心、身体、行動などがちぐはぐだ。何かを変えねばと、ムードを変えるため札幌のホームセンターに行く。出発して2時間半で着く。小樽ルートだと遠い。そのホームセンター『ジョイフルAK』はビックサイズだ。こんなビックサイズのホームセンターが日本にあるのか、何でも揃っている。近くにあるホームセンター、ホーマックの3~4個分ある。こんなもんが近くにあればいい、便利だと思うが遠くにあるのもまたいい。大したものは買わなかったが少しは気分転換になる。
 近くには大きなショッピングセンターもあり、そこの2階で昼飯を食う。うどんやさんに入った。大好きなかき揚げうどんを注文。見たこともないような大きな丼に、デカィというか隙間だらけのかき揚げ。外した。うどんは余り外すことはないのだがスープがイマイチ。札幌に来る目的の一つは昼飯。ちょっとガックリ。
 帰りは中山峠ルート。こちらはスムーズ。結構飛ばせる。中犬ハナ公を知り合いの方に預けてあったので急ぐ。ほぼ予定通りニセコに着いた。66号から5号線を左折して蘭越方面に向かった。パトカーがいた。突然、赤い旗を持った警官が飛び出た。なんだなんだ、シートベルトはしているし、と思ったらスピード違反。またか。『50キロ制限のところ67キロ出ていました。確認して下さい』。交通違反でパトカーに乗り、住所は、とか何点か質問があるが余り気分の良いものではないし、何とも言えない心境。『罰金12000円、一週間以内に払って下さい』。
 普通、福井方面に行く場合、この道は通らず、裏道の農道を行く。3時から4時に引き取りに行きますと連絡してあったのでちょっと急いでいた。ここでやっているとは知らなかったし、初めてだった。色々タイミングの悪い状況はあったが、悪いの自分。気分を変えに行ったのまた気分が悪くなった。中犬ハナ公が喜んで迎えてくれたことが慰めだ。ちぐはぐが続くがそのうち何とかなるだろう。ちょっと我慢だ。前を向いて、上を向いて歩こう。4月14日、青空だ。
コメント (2)

総会

2005-04-13 06:03:33 | Weblog
 昨日、余りにも気持ちいい、いい朝なのでハナとの散歩も長くなる。普通の靴でも朝のうちは雪の上を歩ける。普段では笹藪や崖で入れないところでも雪の上を歩いて入っていける。でも、今日は一転寒そうだ。今朝は未だ、外には出ていないのだ。その理由は来週3泊で外出するため、ハナを知り合いの方宅に一泊させて貰っているのだ。トライアルをさせているのだ。いないとちょと寂しい感じもする。
 昨日、法人用クレジットカードを申し込んで拒否されたため、地元の信用金庫に理由を聞きにいった。が、地元信金は受付するだけで詳しいことは分からない、とのこと。帰って東京の連絡先にその理由を聞いた。『総合的に判断し、当社の内部規定により今回は見送らせて頂いた』とのこと。総合的に判断され、法人クレジットカードも作れないなんて、何て情けない会社なのだ。総合的に判断?、どっから総合的に判断したんだ、と、怒りが込み上げてしまった。怒鳴ってしまった。むなしさだけが残った。馬鹿なことをしたと。
 昨夜、近藤小学校ptaの総会、歓迎会が近藤地域コミュニティセンターで開催された。総会をして、その後、学校に転勤になった事務の方の歓迎会だ。総会も順調に進み、役員人事になった。pta会長が一年で辞任したい、とのこと。意見を求められても誰も何も言わないので『一年くらいじゃダメだ、人気もあるし、うまく行っているのだし、続ければ』などと考えをストレートに言ってしまう。『いゃ、辞任したいならその意向をくむべきだ』との意見も。どうも、私の意見は外したらしく、話し合いで決まっていたようだ。決まっていたら早く提案を出せよ、恥かいてしまったじゃないか。どうも、昨日一日は何か外しっぱなしの一日だった。
 歓迎会はたった一人の歓迎会だったが途中ビールが無くなるほどの盛会だった。何人くらい集まったのだろう。50人ほど集まっていただろうか。この盛り上がりがいいのだ。4月13日、一転寒い日の予報。ちょっと小雨が降っている。しかし、中国のあの態度は何とかならんのか。右翼舘野。
コメント (2)