ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

うな重

2018-03-01 05:33:33 | Weblog

 野暮用で札幌まで走った。定山渓を過ぎたあたりから道路はアスファルトが見えたが中山峠を中心に雪道だった。それでも帰りに通れば札幌からニセコまでアスファルト道路、道路の雪は溶けていた。

 札幌市内を走って「春だな」と感じた。晴れた青空もそうだったが道路際の堆積された雪が泥で汚れている。これが春の兆し。ピーク時は真っ白、こんなに泥はつかない。まだニセコは真っ白だ。

 野暮用を済ませた後、昼飯に誘われた。何が食べたいものはと聞かれたので「ラーメンか蕎麦」と答えたら「ウナギはどうか」と。もちろんokと答えたがウナギの発想はなかった。昼はラーメンか蕎麦かうどんだ。ウナギなんて。

 札幌宮ノ森周辺の店だったがちょうど着いた頃がオープン時、あっという間に爺さん連中で一杯になった。入った瞬間、店員さんの行動も含め、それなりのうなぎ屋さんなのだ、と分かった。「予約ですか」と聞かれたり、一人で来られた客には新聞や雑誌2,3誌持ってきて「如何ですか」と女将さんらしき人が回っている。なんとなく店に品を感じたし、ひ、ひ、非常においしく頂きました。

 うな重と言えば名古屋に勤務していた頃がよく喰った。「ひつまぶし」とかウナギが2段になっていた。納屋橋にあった会社近くに老舗のうなぎ屋さんが2店あってそれはそれは美味しかった。今では一店舗はなくなったようだが、それに比べれば、、、。彼が携帯電話で話をしているときに値段表を見たら4000円だった。だめだ昔の話をするようでは。

ニセコ界隈でウナギを食べさてくれるところはスーパーしかない。ウナギ店は小樽まで行かないと食べられない。店でウナギを食べるためには小樽まで、映画を見るのと一緒だ。ニセコに来てウナギを食ったのは18年間で数回だろう。

そろそろ雪も少しは落ち着いてきたのか。道路の排雪も進み始めたようだ。もうすぐ春だな。

 

3月1日朝。3月だぞ。気持ちを新鮮にだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 影響 | トップ | 復帰 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-03-01 06:36:19
昨年開店したうなぎの浪花亭は?

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事