ニセコ生活

2000年4月にニセコに移住、その生活を紹介します。

パンパン

2017-12-28 04:58:06 | Weblog

 昨日のニセコ町の温度予報は最高がマイナス8度、最低がマイナス9度、実際は最高がマイナス7度、昼間はそのくらいの温度だった。昼に買い物、昼飯がてら俱知安に行ったが、途中、行くのを止めるかというほどいわゆるホワイト・アウト、一瞬見えなくなる道路に嫌気がさした。何しろラッセル車が脱線したとか、灯台が倒れたとか雪、風、共に激しかった。ホワイト・アウトの中、帰り道には反対車線の雪山に突っ込み、かろうじて脱出、無事だった。それにしても俱知安よりニセコの方が雪が多いのではないのかと思った。昨日の俱知安の降雪量は33センチ、ニセコは間違いなくそれよりも降っている。街中も圧倒しているように感じる。それにしても凄い雪だわ。参る。

 俱知安にマンションを持っているマレーシア人夫婦に呼ばれた。旦那は52歳、セミリタイヤ、9000万円でマンションを買ったという。床面積85㎡くらいのサイズなので小さい、土地を買ってより大きい家を買いたいとのことだった。驚いたことにニセコのスキー場、環境、文化に満足し、日本人大好きの夫婦だった。昨朝も荒れていたが朝6時半から滑ってきたと。旦那に酒を呑むかと聞いたら「No」だった。付き合いは出来ないと思っていたらゴルフをするという。俺もマレーシアには福ちゃんが居る頃2度ほど行ったと話したら何処のゴルフ場でプレイしたのかと聞いてきた。思い出せなかったのでクアラルンプールだと行ったら「TPC」とかいくつかのメンバーだった。ゴルフで縁が出来ればいい。

 某ホテルに勤務する方がアパートを借りるためにやってきてくれた。帰りに「ホテルは満員ですか」と聞けば「パンパンです。」と。大きなホテルが人でパンパンだそうだ。貧乏人根性で「一泊いくらですか」と聞けば「一部屋一泊7万円」。4,5人で泊まれるようで割れば先ず先ずの値段なのか。ニセコ界隈というかスキー場関係者はこの雪でホカホカしている。いいことだ。

 お寿司屋さんの件を昨日書いたらコメントを頂いた。このくらいのコメントを発するような人になりたいね。以下の通りだ。「ミシュラン三つ星のお寿司屋さんですね。さすがミシュランというぐらい、食べたことがないお寿司体験をしました。サービス料込みで3万円。皆さん、ぜひ食べてご感想をお聞かせください。食材を納めている倶知安の業者の方に聞きましたが、ほかの店とは格段に違う品質のものばかりとおっしゃってました。ニセコにこんなレベルのお店ができたことを誇りにしては如何でしょうか?誤解しないで欲しいのですが、高ければ良いというわけでなく素材そのままてんこ盛りの回転寿しも愛しています。」

 

12月28日朝。大きな音を立てて屋根から落雪する音に目を覚ました。道路に除雪車が来てくれている。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ビックリ | トップ | 連絡 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Fukuchan)
2017-12-28 16:10:32
舘野さんがクアラルンプールでプレーしたゴルフ場は、ロイヤルセランゴール、グレンマリー、テンプラパークあたりでした。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事