直ぐに歯が入る腫れない痛まないインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者が患者さんの為に情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入るインプラント治療のパイオニア日本口腔インプラント学会専門医が患者さんの為に情報提供

1年前の泥棒事件の顛末、そして思うこと

2018年05月18日 | 日々のインプラント臨床の話
丸1年経ったので、当院で起きた泥棒事件のことを明らかにして置きます。

犯人はT.U、背の高いやせ形の40代半ばの女性です。

犯人が当院に就職したのが、警察に捕まる1年位前。

犯人が入ってから、お金が何か足りなくない?とか私のお財布の中身が減ってない?と言うことが時々起きていました。

そして、後で知ったことですが、休みの日に私とか上司とかに無断で、合い鍵使って侵入して、金目のモノを盗んでいたようです。

これは明らかにおかしい、と気が付くのが遅過ぎて、私が馬鹿過ぎだったんです。

で、私の宝物だったパワーストーンとか、家族用にと思っていた旅行の金券が紛失して、決定的にこれは絶対におかしい、と思って警察に相談しました。

そうしたら、直ぐにUが警察からの情報で怪しい、と分かったんです。

それで、刑事の方に来て貰って、同席の上問い詰めました。

犯人は沈黙してて、どうなの?と何度も問い詰め、刑事の方が、Uに直接ちゃんと言いなさい、と促したら、漸く観念したのか、私がやりました、と自白しました。

そして、その場で警察署に連行されて行きました。

新潟で起きてる事件でもそうですが、前科とかそう言うのは、一般市民が知ることができないんです。

お蔭で、私とかえらく嫌な思いをさせられるし、ケチが付いた感じで、厄がべったり張り付いて、なかなか落ちてくれない、と感じられて仕方がないんです。

その直後には、私たちには関係ないし、と問題発言したチーフDHとその発言は大問題だろうと問い詰めて、チーフDHは逆切れして、その場で職場放棄して退職してしまいました。

当然、現場はとんでもなく大変になりました。

全く持って、泥棒事件以来ケチが付いて、泥沼に足突っ込んでる感じ、で苦しんでます。

現スタッフは、大変な時期を結束して良く頑張って、何とか立て直して今に到ってるので、大変感謝しています。

しかし、何と言うか、天運が味方してくれない、と言うような感じで、信頼していた人物に裏切られるし、難題が色々と持ち上がって困っています。

そう言う時期なんだ、そう言う流れなら耐え忍んで、と思って頑張ってはいますが、今齢58歳になる年で、これから還暦の厄年迎えるのか、ととても気が重く感じられて仕方がないんです。

できるだけ明るい気持ちで、と助言いただくのですが、それも虚しく。

劇症肝炎で倒れて、死線さ迷った時以来と言える苦難の時期にある、と感じて仕方がないんです。

せめて、仕事が良い結果がどんどん出て、嬉しい感じになれれば良いのですが、本日もかつて経験したこともない出来事があり、こんな筈じゃない、と困惑してしまってます。

 
泥棒事件が節目と感じられて、どう乗り切れば良いのか、いつまで苦しめば良いのか、もう生きることすら嫌になって来ます。

生意気ですが、私ほどの実力がありながら、何故こんな仕打ちが降りかかって来るのか?と悩んで苦しんでます。

やはり悪運持った者とかを入れた罰なんだろうな、と思ってしまうんです。

かえすがえすも、前科者とか悪質な窃盗犯とか、犯罪者の情報は明らかにすべきではないか、と私は思います。

今の世の中、ハッキリ言って、犯罪者が守られ過ぎです。

犯罪者にも人権がある、と更生の可能性を、と言いますが、こうして自分が被害者になると、それっておかしくないと心底思うんです。

取り返しが付かないことがおきてしまうんですから。

私だって被害あった弁済とか、殆どして貰ってなくてほぼ泣き寝入りですから。

それがこの国の現状なんです。

おかしいですよね、絶対。

真っ当な正直者が報われない社会、犯罪者優遇社会なんです、この国は。

そう言う不条理なことも、私の気分を嫌にさせ、腹立たしい限り、です。

皆様も、新しい人入れる場合には、身元保証取れるのか前歴がないのか、前の職場とかに確認した方が良いですよ、と助言いたします。

悪人ほど、愛想良く誰とでも仲良くなれる、と言うのも本当のことですからね。

だから、犯人が捕まった後、まさかあの人が、って報道されるじゃないですか。

あれって、本当なんです。

こんなことあると、本当に人間不信になりますよね。

悪人は、人間不信の悪い種を蒔く、とんでもない奴です。

パラノイア、をどう見抜くか、ですね。

因みに、犯人Uは又もどこかの歯科医院で平気な顔で働いてるそうです。

城南地区、川崎、横浜近隣の方、お気を付け下さい。

警察も言ってましたが、こう言うのはそう言う性質で生まれているので直らない、又やるでしょうね、と言ってました。

悪は憎まなければなりません。

そして、いつも思うんですが、そう言う奴だけ集めて、離れ小島とかで、収容してしまえば良いのに、と本当に思います。

被害者になった気分なんて最低ですから。

被害者にならない為にはどうしたら良いのか、を真面目に考えるのを強くお勧めします。

性善説では駄目です。

性悪説でないと。

残念ですけど、それは真実だと明言します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 5月17日(木)のつぶやき | トップ | 病気への対し方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々のインプラント臨床の話」カテゴリの最新記事