傷の見えない腫れ痛みのない怖くない手術、直ぐに歯が入るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医

傷の見えない腫れ痛みのない怖くない、直ぐに歯が入るワンランク上のインプラントパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医

歯を守るのは力との闘い、インプラントにしても終わらない

2014年02月22日 | 日々のインプラント臨床の話

患者さんはインプラントにすれば全て解決する、と信じておられるようですが、実はそれは間違いです。

 

インプラントになった、ということは、歯を失う理由があった、ということで、その根本的問題、歯周病とか過剰な力,自傷咬合癖がある場合その問題はそのまま引き継がれます。

 

 

この患者さんも正に典型的な例です。

 

年を取ると筋力は落ちる、というのは咬む力には当てはまりません。

高齢者になっても咬む力はかなりあるのです。

 

歯の方は長年の使用で疲弊しているのに、力は加減されないんです。

必然的にこういう壊れ方をします。

 

この方がインプラント折った方です。

力は怖い。

 

力との闘いは常に続くんです。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 2月21日(金)のつぶやき | トップ | 2月22日(土)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。