直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

歯があってしっかり噛めることで、寝たきり、認知症予防を!

2019年03月24日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
寝たきりの怖さは、私は良く知ってます。

もう30年近く前の死にかけた劇症肝炎を患った時、3ヶ月近く私は寝たきりでした。

隔離された個室の中で、ただただひたすら横になっていました。

そして、やっと起き上がれるようになったのが、確か1ヶ月以上過ぎたくらい、ようやく命が助かったかなと言う頃で、それで立ち上がろうとしてもできなかったんです。

足元がフラフラして、筋力が落ちたのがとても良く分かりました。

寝たきりでいると、みるみる足の筋力が落ちるんです。

やっと身体は病気を克服しつつある頃、筋力は根こそぎ奪われてました。

退院できた3ヶ月の時でも、たった100m歩くのもやっと。

それでも、なんとか気力で家に帰りました。

ところが、退院できても、家でも寝たきりの時間が多く、これで社会復帰できるんだろうか?ととても不安になったことを思い出します。

まだ30になる前でそんなでしたから、高齢者の方が転倒骨折されたりして入院され、寝たきりになってしまったら。

なんとか早く回復させる、そして寝たきりを短くする。

それってとても大切なことだ、と思います。

寝たきりは怖い。

筋力奪われ、認知症になり、介護状態になってしまう。

そうならない為の予防をしっかりしましょう。

私のできることは、歯をしっかり噛めるようにして、肉魚、野菜をしっかり噛めて取れるようにすることです。

寝たきりにしない、ならない、筋力落とさない、認知症にならない。

それに私ができることで貢献したい、と思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« インプラントの相談は実際に... | トップ | 3月24日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

患者さんの知らないンプラント業界の話」カテゴリの最新記事