傷の見えない腫れ痛みのない怖くない手術、直ぐに歯が入るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医

傷の見えない腫れ痛みのない怖くない、直ぐに歯が入るワンランク上のインプラントパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医

上顎大臼歯部抜歯即時植立即時荷重インプラント

2016年07月26日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

上顎大臼歯部は、抜歯即時植立即時荷重インプラント治療するのが最も難しい、とされている部位です。


そう言う症例を、私はfacebookに次々と上げ続けています。


どうやってやるの?と言うご批判と言うかご質問がとても多いので、今日の手術でした方法を写真で紹介します。


この大臼歯は明らかに歯周病でもう駄目、な状態です。


で、抜歯して病巣の除去をして、インプラントを植立しました。


ピンポイントでこの部位なら骨がある、と言う所を狙って植立しています。


そして、植立トルク35N超えることが出来ましたので、無事即時荷重して仮歯の装着をしました。


SLActiveインプラントなので、初期固定がこれだけ良ければ、3~4週間で骨統合してくれることでしょう。


顎堤再建、骨造成と歯茎再生もしておりますので、長期的にも安心出来る状態に治しています。


ピンポイントで狙う。


それが抜歯即時植立即時荷重インプラントの成功の鍵、です。


その他にも色々とありますが、真似されると危ないので意図的に書きません、ゴメンナサイ。


知りたい方は、是非寺子屋へお越し下さい。


8月は18日木曜日15時からです。


抜歯即時植立のお話を本編でたっぷりさせていただいます。


コメント   この記事についてブログを書く
« 抜歯即時植立即時荷重インプ... | トップ | 7月26日(火)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。